ウィリアム (プリンス・オブ・ウェールズ)

イギリスの王位継承者

ウェールズ公ウィリアム(William, the Prince of Wales. KG, KT, ADC1982年6月21日 - )は、イギリス王族。王位法定推定相続人プリンス・オブ・ウェールズ)。全名はウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイWilliam Arthur Philip Louis英語発音: [ˈwiljəm ˈɑːrθər ˈfilip ˈluːi])。

ウィリアム
William
プリンス・オブ・ウェールズ
William Sumbarines Crop.png
2021年6月29日撮影
在位 2022年9月9日 - 在位中
続柄 チャールズ3世第1王子

全名 William Arthur Philip Louis
ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ
称号 ウェールズ公
コーンウォール公爵
ケンブリッジ公爵
ロスシー公爵
チェスター伯爵
ストラサーン伯爵
キャリック伯爵
キャリクファーガス男爵
レンフルー男爵
身位 Crown Prince(王太子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 (1982-06-21) 1982年6月21日(40歳)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドパディントン、聖メアリ病院
配偶者 キャサリンプリンセス・オブ・ウェールズ
子女 ジョージ
シャーロット
ルイ
家名 マウントバッテン=ウィンザー家
父親 チャールズ3世
母親 ダイアナ・フランセス
役職 イングランドサッカー協会会長
テンプレートを表示
イギリス王室
(英連邦王国)
Badge of the House of Windsor.svg


国王チャールズ3世の長男。兄弟に2歳年下の弟サセックス公爵ヘンリー(ハリー)がおり、両者の生母は第8代スペンサー伯爵エドワード・スペンサーの娘ダイアナである。

マウントバッテン=ウィンザー(Mountbatten-Windsor)とされるが、法的にはウィンザー(Windsor)であるともされる[1]。いずれにせよ、王族であるため通常は姓を称することはない。

公式の称号は His Royal Highness Prince of Walesプリンス・オブ・ウェールズ殿下)。日本においては「皇太子」と呼ばれ、「王太子」とするのは極めて稀である[2]

公式には、自らが爵位を得る前は(他の有爵者の子と同様に)父の当時の称号(プリンス・オブ・ウェールズ)から、オブ・ウェールズクリスチャン・ネームに後置して使用していた(HRH Prince William of Wales)。結婚とともにケンブリッジ公位を得たため、新たに自身がプリンス・オブ・ウェールズの位を得るまで、公式には(オブ・ウェールズではなく)ケンブリッジ公爵と称することとなった(HRH Prince William, Duke of Cambridge)。

なお、大学在籍時ではウィリアム・ウェールズ(William Wales)という名前を使用していた[3][4]

来歴編集

 
日本皇居において当時の明仁天皇美智子皇后と会見するケンブリッジ公(2015年2月27日の訪日時)
 
2018年1月30日、スウェーデン訪問時。

1982年6月21日に西ロンドンパディントンの聖メアリ病院で、ウェールズ公チャールズ皇太子と同妃ダイアナ(いずれも当時)の長男(第1子)として誕生。

ロンドン西部にある保育所や幼稚園に通い、小学校はバークシャーのルドグローブ小学校に通った。ウィリアムは小学校に通学した最初のイギリス王子である。その後、名門パブリックスクールであるイートン校に学び、地理生物歴史ではAの成績を取った。卒業後1年間のギャップ・イヤーにはチリでのボランティアを経験している。

大学は、スコットランドセント・アンドルーズ大学に入学し、最初は美術史の専攻を選択したが、途中から地理学に変更した。大学では「ウィリアム・ウェールズ」と名乗っていたほか、セント・アンドルーズの町では目立たない集合住宅に暮らすなどの生活を心がけ、近くのエディンバラの町でもよく見かけられた。また大学在学中は、イギリス王室とマスメディアの協定により、取材攻勢から保護された。

2005年6月に大学を卒業した。卒業論文のテーマは「モーリシャスロドリゲス島珊瑚礁」であり、大学院の入学資格もあるとみなされる“Upper Second”ランクの成績をとった。父の国王(当時は皇太子)は“Lower Second”という1つ下のランクの成績での卒業であり、皇太子(当時は王子)の成績はこれまでのイギリス王室の中では最高だった。卒業後短期間であるが、デヴォンシャー公爵領における事務およびロンドンのHSBC銀行の慈善事業部門において研修を行っている。

2014年、ケンブリッジ大学に入学。10週間にわたり、農業経営を学ぶ[5]

2015年春より、民間の航空救急会社「East Anglian Air Ambulance」に救急ヘリコプターの副操縦士として就職することが発表された、なお給与は全て慈善団体に寄付される[6]

2015年2月26日、初めて日本を公式訪問した。東京都渋谷区代官山蔦屋書店神奈川県横浜市英連邦戦死者墓地などを訪問し、福島県宮城県東日本大震災の被災者たちと交流している。

2022年9月9日、祖母エリザベス2世の崩御に伴い、父チャールズ3世からウェールズ公の称号を得た[7]

軍歴編集

王室の伝統に従いイギリス軍に入隊するにあたり、2006年1月サンドハースト王立陸軍士官学校に入学した。同校卒業後、陸軍少尉に任官し、近衛騎兵連隊のブルーズ・アンド・ロイヤルズに配属された。2008年には海軍兵学校及び空軍士官学校でも教育を受け[8]海軍中尉及び空軍中尉の階級も保有することとなった。

2008年6月末、ヘリコプターで西インド諸島バルバドスの北東数百キロメートルの海上を巡視中、高速で移動する不審な小型船を発見。遠洋には適さず、麻薬密輸に多く利用されるタイプだったので、母艦に連絡し、母艦に同乗していた米沿岸警備隊員が小型船に乗り込んだところ、900キロのコカインが発見された。

2008年11月、「イギリス空軍の戦闘ヘリで訓練を行っているウィリアムが、私的な目的で5回にも及ぶ隊規違反を起こした」とスクープされた。問題の訓練飛行の費用は、8万6434ポンド(約1300万円)に上るという[9]

2009年1月、陸海空軍の大尉に昇進した。2011年からは、名誉職としてアイリッシュガーズの連隊長を務めている。キャサリン妃との結婚式の際は、同連隊の制服に連隊長(大佐)の階級章を付けて着用していた。

2013年9月、7年に及ぶ軍隊生活からの退役を発表した[10]

  • 2006年1月 - 2006年12月16日:  陸軍士官候補生
  • 2006年12月16日 - 2006年12月16日:  陸軍少尉[11]
  • 2006年12月16日 - 2009年1月1日:  陸軍中尉[11]
  • 2008年1月1日 - 2009年1月1日:  空軍中尉[12]  海軍中尉[注釈 1][13]
  • 2009年1月1日 - 2016年1月1日:  海軍大尉[14]  陸軍大尉[15]  空軍大尉[16]
  • 2016年1月1日 - 現在:  海軍少佐[17]  陸軍少佐[18]  空軍少佐[19]

その他編集

将来のイギリス国王としてイギリス王室内での人気は高く、「Skip Charles and Go Straight to William[20](チャールズをスキップし、ウィリアムへ)」とイギリス国民の多くに唱えられ、皇太子であった父で現国王のチャールズ3世を差し置き、次期イギリス国王に推す声も存在したほどであった[21]。子供の頃より「容貌は母親似」と言われてきたが、近年は父親に似て頭髪がかなり薄毛となっており、自身もジョークのネタにしている[22]

2013年に、DNA検査により、「インド人女性の直系子孫である」ということが判明した。母親であるダイアナ元妃の6代前の先祖(母方の祖母ルース・ロッシュの母方の祖母の母方の祖母)はグジャラート州スーラトで東インド会社スコットランド人貿易商と結婚しており、その両親はアルメニア人商人とインド人の妻であった[23]

結婚編集

 
新婚のケンブリッジ公爵および公爵夫人。バッキンガム宮殿のバルコニーにて(2011年4月29日)。
 
2016年4月22日、アメリカ大統領バラク・オバマ訪英時。左からケンブリッジ公爵、オバマ大統領、息子ジョージ

学生時代に知り合ったキャサリン・ミドルトンと交際を開始、食事会に誘うなどして交流を深め、2011年4月に結婚した(後述)。交際期間においては、2007年1月彼女をパパラッチが執拗に追い掛け回しているのに激怒していると報道がされ、パパラッチに追い掛け回された母の二の舞にならないかと心配するなどしていた。これを受けて英最大発行部数の大衆紙『ザ・サン』などを発行する「ニューズ・インターナショナル社」は、個人のプライバシーを守るという理由でパパラッチからの写真は掲載しない方針を決めた。

2010年11月16日、クラレンス・ハウス(父チャールズの公邸)はウィリアムとキャサリンが2011年に結婚すると発表した[24]4月29日に挙式を行い、同日ケンブリッジ公爵、ストラザーン伯爵とキャリクファーガス男爵の称号を授与された[25]

2013年7月22日、午後4時24分(日本時間:7月23日、午前0時24分)に第1王子(第1子)ジョージが誕生。

2015年5月2日、午前8時34分(日本時間:5月2日午後4時34分)に第1王女(第2子)シャーロットが誕生。

2018年4月23日、第2王子(第3子)ルイが誕生[26][27]

逸話・人物編集

  • ローティーンの頃憧れていたのは、アメリカ人スーパーモデルシンディ・クロフォードであった。ウィリアムは母ダイアナに頼んで、シンディをケンジントン宮殿での茶会に招待してもらった。3人でお茶の時間をともにしたが、「憧れの女性を前にして恥ずかしさで真っ赤になり、話したくとも話せない状態になってしまった」という。
  • 母ダイアナが離婚後、皇太子妃時代に王室で誂えた衣装を着なくなったのを見て「ママが着ないなら、チャリティーオークションに出品したら」とウィリアムは提案。ダイアナは息子の提案を「妙案だ」とすぐに実行に移した。
  • 弟のヘンリー王子が起こしたナチス・ドイツ時代仮装パーティー参加事件では、「服を選ぶ場所に一緒にいたのに、なぜ止めなかったのか」と父親のチャールズ皇太子から叱責を受けた。
  • 大のサッカー好きで、現在プレミアリーグに所属するアストン・ヴィラFCの大ファン[28]イングランド・サッカー協会の会長も務めている。
  • オフロードバイクを乗りこなすことができる。2008年には、南アフリカ共和国で開催されたチャリティー・エンデューロレースにヘンリー王子とともに出場したことがある[29]
  • 2021年5月、エリザベス女王をトップとした英国王室の公式YouTubeチャンネルとは別に、ウィリアムとキャサリン妃で別途のチャンネルを開設したことを発表した[30]
  • ホームレス支援団体のパトロンをしており、路上生活体験をしたり[31]ビッグイシューの売り子をしたりもしている[32]

称号・敬称・勲章・紋章編集

 
ウィリアム王子の紋章

称号編集

  • 1982年6月21日 - 2011年4月29日: His Royal Highness Prince William of Wales(ウィリアム・オブ・ウェールズ王子殿下)
  • 2011年4月29日 - 2022年9月8日: His Royal Highness Prince William, Duke of Cambridge(ケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下)
    • 正式称号・敬称:His Royal Highness Prince William Arthur Philip Louis, Duke of Cambridge, Earl of Strathearn, Baron Carrickfergus, Royal Knight Companion of the Most Noble Order of the Garter(ケンブリッジ公爵、ストラザーン伯爵、キャリクファーガス男爵、ガーター勲章ロイヤル・ナイト・コンパニオン、ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ王子殿下)
  • 2022年9月8日 - 2022年9月9日:His Royal Highness Prince William, Duke of Cornwall and Cambridge(コーンウォールおよびケンブリッジ公爵ウィリアム王子殿下)
  • 2022年9月9日 - 現在: His Royal Highness Prince of Wales(プリンス・オブ・ウェールズ殿下)

勲章編集

系譜編集

ウィリアム (プリンス・オブ・ウェールズ) 父:
チャールズ3世 (イギリス王)
祖父:
フィリップ (エディンバラ公)
曾祖父:
アンドレアス (ギリシャ王子)
曾祖母:
アリス・オブ・バッテンバーグ
祖母:
エリザベス2世 (イギリス女王)
曾祖父:
ジョージ6世 (イギリス王)
曾祖母:
エリザベス・ボーズ=ライアン
母:
ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)
祖父:
エドワード・スペンサー (第8代スペンサー伯爵)
曾祖父:
アルバート・スペンサー (第7代スペンサー伯爵)
曾祖母:
シンティア・ハミルトン
祖母:
フランセス・シャンド・キッド
曾祖父:
モーリス・バーク・ロッシュ (第4代ファーモイ男爵)
曾祖母:
ルース・ロッシュ

系図編集

  • 赤枠の人物は、存命中。
  • 黒枠の人物は、故人。
  • 太枠の人物は、イギリス君主の子女。
注釈
  1. ^ イギリス海軍の尉官は2階級なので、海軍少尉と訳されることもある。
  2. ^ 国王エドワード8世1936年の退位後、ウィンザー公爵となった。


その他編集

  • 2014年5月10日、40年にわたって英国発祥のスキューバダイビングクラブBSACThe British Sub Aqua Club)の総裁を務めたチャールズ皇太子(HRH The Prince of Wales KG KT)が退任し、長男であるウィリアム王子(HRH The Duke of Cambridge Prince William)が新たなBSACの総裁に就任した。
  • 誕生を記念してドイツのコルデス社から「ロイヤル・ウィリアム」というバラを贈呈されている。

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ alt.talk.royalty FAQ: British royalty and nobility:”. Heraldica.org. 2011年4月15日閲覧。
  2. ^ 国民的人気のウィリアム英王子、王位継承順位1位の皇太子に”. AFP通信 (2022年9月12日). 2022年9月13日閲覧。
  3. ^ Summerskil, Ben (2001年9月23日). “Welcome to Will's new world”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/2001/sep/23/education.students 2011年4月15日閲覧。 
  4. ^ Howie, Micheal (2005年6月4日). “William Wales M.A. collects his degree”. The Scotsman. http://news.scotsman.com/latestnews/William-Wales-MA-collects-his.2637753.jp 2011年4月15日閲覧。 
  5. ^ “ウィリアム英王子が学生に、ケンブリッジで農業経営学ぶ”. AFPBB News (株式会社クリエイティヴ・リンク). (2013年12月31日). http://www.afpbb.com/articles/-/3005841 2018年4月23日閲覧。 
  6. ^ “Stop pestering Prince William at work” begs East Anglian Air Ambulance Chief Executive”. Royal Central (2015年9月19日). 2018年4月23日閲覧。
  7. ^ “William and Kate named Prince and Princess of Wales by the King” (English). BBC. (2022年9月9日). https://www.bbc.com/news/uk-wales-62856181 2022年9月10日閲覧。 
  8. ^ AFP (2008年9月17日). “大空に魅せられたウイリアム英王子、救助パイロットを志望”. 2011年4月15日閲覧。
  9. ^ AFP (2008年11月10日). “英ウィリアム王子、訓練ヘリの問題使用は5回 上官は関知せず”. 2011年4月15日閲覧。
  10. ^ “ウィリアム英王子が空軍を退役、公務に専念”. AFPBB News (株式会社クリエイティヴ・リンク). (2013年9月13日). http://www.afpbb.com/articles/-/2967955?pid=11340900 2018年4月23日閲覧。 
  11. ^ a b "No. 58245". The London Gazette (Supplement) (英語). 13 February 2007. p. 2075. 2008年6月15日閲覧
  12. ^ "No. 58580". The London Gazette (Supplement) (英語). 15 January 2008. p. 493. 2008年6月15日閲覧
  13. ^ "No. 58580". The London Gazette (Supplement) (英語). 15 January 2008. p. 496. 2008年6月15日閲覧
  14. ^ "No. 58941". The London Gazette (Supplement) (英語). 6 January 2009. p. 117. 2009年1月18日閲覧
  15. ^ "No. 58941". The London Gazette (Supplement) (英語). 6 January 2009. p. 119. 2009年1月18日閲覧
  16. ^ "No. 58941". The London Gazette (Supplement) (英語). 6 January 2009. p. 123. 2009年1月18日閲覧
  17. ^ "No. 61462". The London Gazette (Supplement) (英語). 4 January 2016. p. 106. 2016年4月1日閲覧
  18. ^ "No. 61462". The London Gazette (Supplement) (英語). 4 January 2016. p. 107. 2016年4月1日閲覧
  19. ^ "No. 61462". The London Gazette (Supplement) (英語). 4 January 2016. p. 108. 2016年1月22日閲覧
  20. ^ Perry Carpenter (2020年7月6日). “Queen Elizabeth Rejects the Public’s Plea to ‘Skip Charles and Go Straight to William’ When She Dies”. ShowbizCheatSheet. https://www.cheatsheet.com/entertainment/queen-elizabeth-rejects-the-publics-plea-to-skip-charles-and-go-straight-to-william-when-she-dies.html/ 2020年12月30日閲覧。 
  21. ^ 木村正人 (2007年12月18日). “英国人の半数「次期国王はウィリアム王子に」”. 産経新聞. オリジナルの2009年2月21日時点におけるアーカイブ。. http://replay.waybackmachine.org/20090221042254/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071228/erp0712280959002-n1.htm 
  22. ^ “ロイヤルベビーお披露目!ウィリアム王子「僕より髪が多い」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年7月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0055012 2018年4月23日閲覧。 
  23. ^ “英王子の祖先にインド人 DNA鑑定で判明”. CNN.co.jp (タイムワーナー社). (2013年6月15日). http://www.cnn.co.jp/fringe/35033456.html 2018年4月23日閲覧。 
  24. ^ “Royal wedding: Prince William to marry Kate Middleton”. BBC. (2010年11月16日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-1176542 2011年4月15日閲覧。 
  25. ^ “ウィリアム王子はケンブリッジ公爵、ケイトさんはケンブリッジ公爵夫人に”. AFPBB NEWS. (2011年4月29日). https://www.afpbb.com/articles/-/2797682?pid=7147728 2011年5月2日閲覧。 
  26. ^ “英王室:キャサリン妃、第3子となる男児出産”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年4月23日). https://mainichi.jp/articles/20180424/k00/00m/030/107000c 2018年4月23日閲覧。 
  27. ^ “ウィリアム王子夫妻の第3子は「ルイ・アーサー・チャールズ」”. NHKニュース (NHK). (2018年4月27日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180427/k10011421061000.html 2018年4月27日閲覧。 
  28. ^ “Prince George to support Aston Villa, says William”. BBC News. (2013年10月26日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-24682512 2013年12月24日閲覧。 
  29. ^ 英国の両王子、アフリカでチャリティーバイクレースに出場”. AFP (2008年10月9日). 2021年2月13日閲覧。
  30. ^ ウィリアム王子とキャサリン妃がユーチューバーに!”. ELLE (2021年5月5日). 2021年5月6日閲覧。
  31. ^ 英ウィリアム王子、自ら「ホームレス」を体験AFP 2009年12月23日
  32. ^ 英ウィリアム王子、路上でホームレス支援誌を手売り 観光客らと記念撮影もBBC 2022年6月10日
  33. ^ Prince William is appointed to the Order of the Garter”. Prince of Wales (2008年4月23日). 2008年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月15日閲覧。
  34. ^ Media Centre > Buckingham Palace press releases > Appointment of a new Garter Knight”. Royal. 2008年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月15日閲覧。
  35. ^ "No. 60195". The London Gazette (英語). 29 June 2012. p. 12473.
  36. ^ New appointments to the Order of the Thistle”. Royal (2012年5月25日). 2012年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月28日閲覧。
  37. ^ Palmer, Richard. “William and Kate to receive highest Tuvalu award... for just VISITING the nation”. Express. 2017年3月30日閲覧。
  38. ^ 故エリザベス女王の側近、黒人慈善活動家への言動で王室の職を辞任 - BBCニュース

外部リンク編集

ウィリアム (プリンス・オブ・ウェールズ)

1982年6月21日 - 存命中

爵位・家督
先代
チャールズ3世
  ウェールズ公
2022年 -
次代
受爵中
先代
チャールズ3世
  コーンウォール公爵
2022年 -
次代
受爵中
先代
チャールズ3世
  ロスシー公爵
2022年 -
次代
受爵中
先代
新設
  初代ケンブリッジ公爵
2011年 -
次代
受爵中
上位
-
本項人物が最上位
イギリス王位継承順位
継承順位第1
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位
ジョージ・オブ・ウェールズ王子
ケンブリッジ公爵