メインメニューを開く

ウィリー・ショーン・ラモント・カルフーンWillie Shawn Lamont Calhoun, 1994年11月4日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ソラノ郡ヴァレーホ出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBテキサス・レンジャーズ所属。

ウィリー・カルフーン
Willie Calhoun
テキサス・レンジャーズ #5
Willie Calhoun (48104021636) (cropped).jpg
テキサス・レンジャーズ時代
(2019年6月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ソラノ郡ヴァレーホ
生年月日 (1994-11-04) 1994年11月4日(24歳)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
187 lb =約84.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 MLBドラフト4巡目(全体132位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2017年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2013年MLBドラフト17巡目(全体518位)でタンパベイ・レイズから指名されたが、契約せずにヤバパイ短期大学英語版へ進学した。

プロ入りとドジャース傘下時代編集

 
AA級タルサ時代
(2016年6月17日)

アリゾナ大学在学時の2015年MLBドラフト4巡目(全体132位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され、プロ入り。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版でプロデビュー。A級グレートレイクス・ルーンズとA+級ランチョクカモンガ・クエークスでもプレーし、3球団合計で73試合に出場して打率.316・11本塁打・48打点・2盗塁の成績を残した。

2016年はAA級タルサ・ドリラーズでプレーし、132試合に出場して打率.254・27本塁打・88打点の成績を残した。また、7月にはオールスター・フューチャーズゲームに選出された。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、グレンデール・デザートドッグス英語版に所属した。

2017年はAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーした。

レンジャーズ時代編集

2017年7月31日にダルビッシュ有とのトレードで、A.J.アレクシーブレンドン・デービスと共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[1]。移籍後は傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスでプレーし、移籍前を含めて3球団合計で128試合に出場して打率.300・31本塁打・93打点・4盗塁の成績を残した。9月12日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[2]、同日のシアトル・マリナーズ戦にて「7番・左翼手」で先発出場してメジャーデビュー(結果は4打数無安打)。この年メジャーでは13試合に出場して打率.265・1本塁打・4打点の成績を残した。

プレースタイル編集

小柄だが、マイナーで2016年には27本塁打、2017年には31本塁打を放ったパワーが魅力[3]。本来は二塁手だったが、2017年のレンジャーズ移籍後より外野手がメインとなった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2017 TEX 13 37 34 3 9 0 0 1 12 4 0 0 0 0 2 0 1 7 0 .265 .324 .353 .677
2018 35 108 99 8 22 5 0 2 33 11 0 0 0 2 6 0 1 24 2 .222 .269 .333 .602
MLB:2年 48 145 133 11 31 5 0 3 45 15 0 0 0 2 8 0 2 31 2 .233 .283 .338 .621
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

MiLB

背番号編集

  • 55 (2017年)
  • 5 (2018年 - )

脚注編集

  1. ^ Ken Gurnick (2017年7月31日). “Dodgers acquire Darvish, upgrade 'pen” (英語). MLB.com. 2017年10月5日閲覧。
  2. ^ J.J. Cooper (2017年9月12日). “WHAT TO EXPECT: WILLIE CALHOUN” (英語). Baseball America. 2017年10月5日閲覧。
  3. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 ロサンゼルス・ドジャース」『月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 66頁

関連項目編集

外部リンク編集