メインメニューを開く

ウィリアム・フィッシャー・ハンター・カーソン OBEWilliam Fisher Hunter Carson OBE 、1942年11月16日 - )は、サラブレッド競馬の元騎手である。スコットランドスターリング生まれ。

“ウィリー”(Willie)として有名なカーソンは、1957年ノースヨークシャーのタプギルのジェラルド・アームストロング(Gerald Armstrong)大佐の厩舎で見習い騎手となった。イギリスでの初勝利は1962年7月19日、キャタリッジブリッジ競馬場の7ハロンの見習い騎手ハンデキャップ競走で騎乗したピンカーポンド(Pinker's Pond)で迎えた。

その後5回イギリスのチャンピオンジョッキーとなり(19721973197819801983年)、イギリスのクラシックレースに17勝、23シーズンで100勝以上を挙げ、通算3,828勝は英国で第4位だった。

騎手としてのウィリー・カーソンの最高のシーズンは1990年で、6月のニューカッスル競馬場での一日6勝を含む187の勝鞍を挙げた。20世紀にこの1日6勝という離れ技を達成した騎手は4人だけ。

カーソンは自身の4回のダービーステークス制覇のうち、頭の3頭の調教師であったディック・ハーン(Dick Hern)少佐と長く提携した。カーソンの身長は5フィート(約152cm)。そして騎乗のため7ストーン10ポンド(約49kg)に体重を調整、維持をするのは容易だったようだ。1996年に54歳で引退するまで騎手として引っ張りだこだった。

1980年に、彼はサイレンセスター近郊アンプニークルシスのミンスターハウス・スタッド(Minster House Stud)を買収し、彼と妻エレイン(Elaine)でそれを最新設備の牧畜施設へと発展させた。彼と妻には、アンソニー(Anthony)、ニール(Neil)、ロス(Ross)という三人の息子がいる。

1983年、ウィリー・カーソンは競馬に対する働きにより大英帝国勲章叙勲者となった。

1982~83年、カーソンは "A Question of Sport" のチームキャプテンの一人としてビル・ボーモント(Bill Beaumont)と共演した。カーソンは現在 BBC 競馬中継にクレア・ボールディング Clare Balding と共に出演している。

彼は2001年から、ベストホールディングス SGPS S.A によるクラブ買収後ジム・リトル(Jim Little)に替わる2007年8月まで、スウィンドン・タウンFCの会長だった。

大レースの勝鞍編集

イギリス編集

アイルランド編集

フランス編集

ドイツ編集

イタリア編集

外部リンク編集