ウィリー・ディクソン

ウィリー・ディクソン[注 1]Willie Dixon、本名:William James Dixon、1915年7月1日 - 1992年1月29日)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州ヴィックスバーグ生まれのソングライター音楽プロデューサーベーシスト歌手ブルースの有名曲を多数作曲した。

ウィリー・ディクソン
Willie Dixon
Willie Dixon 1979.jpg
ウィリー・ディクソン(1979年)
基本情報
出生名 William James Dixon
生誕 (1915-07-01) 1915年7月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州ヴィックスバーグ
死没 (1992-01-29) 1992年1月29日(76歳没)
ジャンル ブルースシカゴ・ブルースリズム・アンド・ブルースゴスペル
職業 ミュージシャン、ソングライター、編曲家、音楽プロデューサー、ボクサー
担当楽器 ボーカルダブルベース
活動期間 1939年 - 1992年
レーベル チェス・レコード、Cobra、コロムビア、Bluesville、Yambo
共同作業者 ザ・ビッグ・スリー・トリオ
公式サイト www.willie-dixon.com

略歴編集

プロ・ボクサーとして、1937年にイリノイ州のゴールデン・グローブズ・ヘビー級チャンピオンになった。[1]。その後、シカゴに移住。音楽活動を本格化させる。

1940年代後半、ザ・ビッグ・スリー・トリオのベーシストとして活動。1951年にザ・ビッグ・スリー・トリオが解散した後、チェス・レコードのスタジオ・ワークに関わる。

1954年、ウィリーが作詞・作曲した「フーチー・クーチー・マン」が、マディ・ウォーターズの歌で大ヒット。以後、ソングライター音楽プロデューサーベーシストとして手腕を振るう。ジョニー・ウィンターのメジャー・デビュー作『ジョニー・ウィンター』にも、ベーシストとしてゲスト参加した。

1980年代の初頭にシカゴから南カリフォルニアへ移住。1984年にブルースの振興とブルース・アーティストの支援を目的にブルース・ヘヴン・ファウンデーションを設立。ディクソンの死後の1993年、彼の遺族が旧チェス・レコードの建物を買い取り、ファウンデーションの本部とした。

1989年には、自伝『I Am The Blues: The Willie Dixon Story』を出版した。

1992年1月29日、心不全のためカリフォルニア州バーバンクのセントジョセフ医療センターにて死去した。76歳没。

裏方の印象が強いが、自己名義のアルバムも複数発表している。特に1981年にレコーディングされた「It Don't Make Sense (You Can't Make Peace)」(アルバム『Mighty Earthquake And Hurricane』収録)は、名作と名高い。

ディクソンは、第二次大戦後のシカゴ・ブルースに、もっとも影響を与えた作曲家、ミュージシャンの一人だと考えられている。

ローリング・ストーン誌が選んだ「史上最高のベーシスト50選」で第12位に選ばれている[2]

主な作曲作品編集

彼の曲は多くのブルースマンが取り上げ、ロック・ミュージシャンにもカバーされた。ローリング・ストーンズドアーズクリームジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンオールマン・ブラザーズジェフ・ベックなどもカバーしている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Willie's Blues (1959年、Bluesville) ※with メンフィス・スリム
  • Blues Every Which Way (1960年、Verve) ※with メンフィス・スリム
  • Songs of Memphis Slim and "Wee Willie" Dixon (1960年、Folkways)
  • Memphis Slim and Willie Dixon at the Village Gate (1962年、Folkways) ※ライブ with ピート・シーガー
  • In Paris: Baby Please Come Home! (1963年、Battle) ※with メンフィス・スリム
  • 『アイ・アム・ザ・ブルース』 - I Am the Blues (1970年、Columbia) ※with シカゴ・オール・スターズ。2003年にDVDで再発
  • Willie Dixon's Peace? (1971年、Yambo) ※with シカゴ・オール・スターズ
  • Catalyst (1973年、Ovation) ※クアドロフォニック
  • What Happened to My Blues (1976年、Ovation)
  • Mighty Earthquake and Hurricane (1983年、Pausa)
  • Willie Dixon: Live (Backstage Access) (1985年、Pausa) ※with シュガー・ブルー、クリフトン・ジェームス
  • Hidden Charms (1988年、Bug) ※グラミー賞受賞アルバム
  • 『ウィリー・ディクソン〜ザ・チェス・ボックス』 - Willie Dixon: The Chess Box (1988年、Chess) ※チェス・レコードの有名アーティストによる録音のなかでもディクソン自身が手掛けたミックスを収録
  • Ginger Ale Afternoon (1989年、Varèse Sarabande) ※同名映画のサウンドトラック
  • 『ビッグ・スリー・トリオ』 - The Big Three Trio (1990年、Legacy) ※1947年–1952年録音
  • Willie Dixon's Blues Dixonary (1993年、Roots)
  • 『オリジナル・ワン・ダン・ドゥードル』 - The Original Wang Dang Doodle: The Chess Recordings (1995年、MCA) ※1954年–1990年録音 (一部未発表曲)
  • Crying the Blues: Live in Concert (1996年、Thunderbolt) ※1971年ライブ録音 with ジョニー・ウィンター、シカゴ・オール・スターズ
  • Good Advice (1998年、Wolf) ※1991年ライブ録音 with シカゴ・オール・スターズ
  • I Think I Got the Blues (1998年、Prevue)
  • Big Boss Men: Blues Legends of the Sixties (2001年、Indigo (UK)) ※1971年–1972年ライブ録音 (6曲)
  • Giant of the Blues (2008年、Blues Boulevard)
  • 『ライヴ・イン・シカゴ 1974』 - Live In Chicago, 1974 (2018年、Floating World)

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ウィリー・ディクスン」の表記もある。

出典編集

  1. ^ Snowden, Don (1997).
  2. ^ The 50 Greatest Bassists of All Time” (英語). rollingstone.com (2020年7月1日). 2021年12月27日閲覧。

外部リンク編集

  • 公式ウェブサイト
  • ウィリー・ディクソン - Discogs
  • ウィリー・ディクソン - オールミュージック
  • ウィリー・ディクソン - IMDb(英語)
  • "ウィリー・ディクソン". ロックの殿堂.  
  • Willie Dixon, Mississippi blues musician. Mississippi Writers and Musicians Project of Starkville High School
  • Willie Dixon's Blues Heaven Foundation