ウィルフリッド・ガブリエル・ド・グレーン

ウィルフリッド・ガブリエル・ド・グレーン(Wilfrid Gabriel de Glehn、以下「ウィルフリッド」、1870年 - 1951年5月11日)は、1932年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの正会員に選ばれた印象派のイギリス人画家である。

ウィルフリッド・デ・グレーン
Wilfrid de Glehn
Sargent - The Fountain, Villa Torlonia, Frascati, Italy, 1907, 1914.57.jpg
ジョン・シンガー・サージェントによるウィルフリッド・デ・グレーンと妻のジェーン・デ・グレーンの肖像画
生誕1870年10月9日
イギリスの旗 イギリス,シデンハム
死没1951年5月11日
イギリスの旗 イギリス,ウィルトシャー

略歴編集

デ・グレンの父はロンドンのシデナムに住むアレクサンダー・デ・グレンで、エストニアのタリン付近に領地を持ちスコットランド人女性との結婚によりイギリスに帰化したバルト男爵のロバート・フォン・グレンの息子であった[1]。 ウィルフリッドの母はフランス人である[2]。父方の叔母に女性権利活動家で作家のルイーズ・クライトン(Louise Creighton:1850-1936)、叔父にフランスで活躍した蒸気機関車設計者のアルフレッド・デ・グレン(Alfred de Glehn:1848-1936)がいる。

ヴィルフリート・フォン・グレイン(1917年5月に改名[3])は、ロンドン南東部のシデンハムに生まれた。兄のルイとともにブライトン・カレッジで学んだ後、サウス・ケンジントンのロイヤル・アカデミー・スクールズで短期間美術を学び、パリのエコール・デ・ボザールに進み、一時期、フランス人の従兄弟で画家のルシアン・モノ(1867-1957)と生活を共にする。1891年にエドウィン・オースティン・アビージョン・シンガー・サージェントに雇われ、モーガン・ホールのボストン公立図書館壁画プロジェクトで彼らの手伝いをした[4]

1904年に画家のジェーン・デ・グレーンと結婚した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Glehn, Wilfrid Gabriel de, Oxford University Press, (2011-10-31), https://doi.org/10.1093/benz/9780199773787.article.b00075566 2022年6月25日閲覧。 
  2. ^ Wilfrid Gabriel De Glehn, R.A. (1870-1951), Boats in a harbour, St Tropez” (英語). Christie's. 2020年2月23日閲覧。
  3. ^ London Gazette Issue 30138 published on the 19 June 1917. Page 48 of 68
  4. ^ Hamilton (2008), pp. 12-14.

参考文献編集

  • Wortley, Laura : Wilfrid Gabriel de Glehn : (1870–1951) : John Singer Sargent's painting companion, New York : Spanierman Gallery, 1997. ISBN 978-0-945936-14-5