メインメニューを開く

ウィレイアWyleyia)は古代の鳥類の属であり、唯一の種Wyleyia valdensis白亜紀前期に現在のイングランドに生息していた。損傷した右側の上腕骨のみが知られている。属名はイングランド、サセックス州ヘンフィールドen )にあるウィールドクレイ(en)の堆積物からこの化石を発見したJ. F. Wyleyに献名されたものである。種小名valdensis は「ウィールド(Weald)からの」という意味である。

ウィレイア
生息年代: 138 Ma
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
階級なし : 真鳥類 Euornithes
: ウィレイア属
Wyleyia
学名
Wyleyia
Harrison & Walker1973

化石はヘイスティング層(en)のバランジュ期[1]、1億4000万年前から1億3600万年前[2]の堆積物に含まれていた。

非鳥恐竜コエルロサウルス類と考えられることもあるが、正確な系統上の位置づけはについては解決されていないものの、一般的には初期の鳥類と考えられている。エナンティオルニス類新鳥類古顎類だとする説もあった。C.J.O. HarrisonおよびC.A. Walkerは「類縁関係を決めるのに十分な新たな証拠が見つかるまでこの新属はincertae sedisとしておくことをお勧めする[3]」としている。

参照編集

  1. ^ Vickaryous, M.K., Maryańska, T., and Weishampel, D.B., (2004). Weishampel, D. B., Dodson, P., and Osmólska, H. (eds.). ed. The Dinosauria (Second Edition). University of California Press. ISBN 0-520-24209-2. 
  2. ^ Gradstein, F.M.; Ogg, J.G. & Smith, A.G.; (2004): A Geologic Time Scale 2004, Cambridge University Press.
  3. ^ Harrison, C.J.O. and Walker, C.A. (1973): Wyleyia: a new bird humerus from the Lower Cretaceous of England. Palaeontology 16(4): 721-728. PDF fulltext