ウィレム・バイテウェッヘ

ウィレム・バイテウェッヘ(Willem Pieterszoon Buytewech、 1591年か1592年生まれ、1624年9月23日没)はオランダの黄金時代の画家、版画家である。明るい雰囲気の風俗画を描き、同時代人から「陽気なウィレム(Gheestige Willem)」と呼ばれた。

ウィレム・バイテウェッヘ
Willem Buytewech
Willem Buytenwech - Merry Company in a Garden.jpg
バイテウェッヘ作「庭の陽気な仲間たち」
生誕1591年か1592年
オランダ、ロッテルダム
死没1624年9月23日
オランダ、ロッテルダム

略歴編集

ロッテルダムの靴職人、ロウソク職人の息子に生まれた、ハールレムで商人の見習いをしたが、画家になり1612年に聖ルカ組合に加入が認められた。ハールレムの組合にはその2年前にフランス・ハルスが加入しており、バイテウェッヘとともにヘラクレス・セーヘルスエサイアス・ファン・デ・フェルデも同じころに組合に加盟した[1]。バイテウェッヘはフランス・ハルスの作品をもとに版画の下絵などを多く描いていて、ハルスの影響を受けていたとされる。1613年11月に、名門の娘と結婚して、ロッテルダムに戻った。ロッテルダムではヘンドリック・マルテンスゾーン・ソルフ(Hendrik Martenszoon Sorgh: c.1610-1670)や ヘルマン・ファン・スワーネフェルト(Herman van Swanevelt: 1603-1655)が弟子であったとされる。

版画の下絵の風景画、風俗画を多く描いた。8点しか現代に伝わっていない油絵はすべて風俗画で、集まって談笑する陽気な仲間を題材にしている。

32歳か33歳でロッテルダムで死去した。没後生まれた息子(Willem Willemsz Buytewech :1625–1670)も画家になった。

作品編集

油絵編集

版画・素描編集

参考文献編集

外部リンク編集