ウィングス (雑誌)

ウィングス』は、新書館から発行されている隔月刊漫画雑誌

歴史編集

1982年に創刊される。創刊当時は作家の多くが作画グループのメンバーであり、商業ベースの同人誌的な色合いが濃かった。その後、大橋姉妹(楠桂大橋薫)や片山愁といった『ふぁんろーど』投稿陣の作品を掲載するようになってから徐々に路線が変わっていき、現在は少女向けの雑誌になっている。

なお、通刊10号より2009年9月号までは月刊であり、誌名は『月刊ウィングス』だった。以降は隔月刊に戻り、偶数月28日に発刊されている。○月号の表記は翌々月付け。

創刊当時、マイクル・ムアコックの「エルリック・シリーズ」を井辻朱美の翻訳で連載していた。

『ファントムクラブ』を始めとした多くの増刊(#姉妹誌の節も参照)があったが、紙雑誌は現在『小説Wings』以外廃刊となり、その『小説Wings』も2009年に独立していった。他に、ウェブ増刊の『ウェブマガジン ウィングス』[1]がある。

連載中の作品編集

2020年7月号時点での連載作品は以下の通り。

過去の掲載作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

姉妹誌編集

続刊がなく単発となったタイトルは除き、複数回発行された物のみ記す。

サウス
『ウィングス』別冊として1988に創刊され、2002年に廃刊。年3回刊。漫画雑誌。詳細は記事を参照。
小説ウィングス
『ウィングス』別冊として1988年に創刊。第11号までは年1回刊、第12号(1997年)から季刊となる。2009年(創刊20周年)に独立新創刊(リニューアル)した。2018年夏号で第100号を迎える。ライトノベル誌。当誌より津守時生(多戸雅之名義)、麻城ゆうが商業デビューし、第一回ウィングス小説大賞から樹川さとみの作品も掲載された[1]
ディアプラス
1997年に創刊。季刊→隔月刊→月刊。新書館初のボーイズラブ誌で漫画雑誌[1]。詳細は記事を参照。
小説ディアプラス
『ディアプラス』の増刊として1998年に創刊、『小説Wings』の増刊として2009年から2019年まで刊行、以降は独立新創刊した。季刊。ボーイズラブ小説誌。詳細は『ディアプラス』の記事の当誌の節を参照。
ハックルベリー
『ウィングス』の増刊として2003年に創刊され、2005年に廃刊。年2回刊。『サウス』休刊後、ファンタジー長篇を読み切りスタイルで一気に読めることをコンセプトにスタート[1]。漫画雑誌。
ウンポコ
アンソロジーコミックとして2005年に創刊され、2009年に廃刊。季刊。ギャグ&エッセイコミック専門誌。詳細は記事を参照。
カグヤ
『ディアプラス』の増刊として2009年に創刊、『ウィングス』の増刊として2011年に『カグヤSPADE』に誌名変更するも同年休刊。『ウィングス』のオトナ女子向けリニューアルに伴い、ティーン向け、より少女漫画的テイストを意識してスタート[1]。漫画雑誌。詳細は記事を参照。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 【保存版】創刊35周年記念!新書館のまんが雑誌「ウィングス」特集”. ebookjapan (2017年8月4日). 2020年4月3日閲覧。

外部リンク編集