ウィンユー・パラドーンジム

ウィンユー・パラドーンジム(Winyu Paradorn Gym、1983年8月28日 - )は、タイ王国の女子プロボクサーである。ムアンピッサヌローク郡出身。WBC女子アトム級初代王者。

ウィンユー・パラドーンジム
基本情報
本名 Chirawadee Sisuk
階級 アトム級
身長 165cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1983-08-28) 1983年8月28日(36歳)
出身地 タイ王国の旗 タイムアンピッサヌローク郡
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 11
勝ち 7
KO勝ち 1
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

来歴編集

2006年8月31日、ノンマイ・ソー・シリポン戦でデビューし勝利。

2006年11月22日、後のライトフライ級王者サムソン・ソー・シリポンに判定負け。

2007年8月31日、アユタヤにて小関桃とWBC女子アトム級初代王座決定戦に挑み、3-0判定で勝利。王座獲得。

2008年8月11日、初防衛戦として小関との再戦を今度はアウェーの後楽園ホールにて行った。一度は2RKO負けを宣告されたが、バッティングの疑いもありビデオ判定に持ち込まれた。最終的な判断はWBCに委ねられるものの、ヒッティングも認められ結局は王座を失った。

2度目の防衛戦までに再戦を義務付けられ、それに向けて2009年1月2日にノンタイトルを戦った。しかし、その試合で格下ティラポーン・パンニミットにまさかの0-3判定負けを喫してしまったため、再戦が消滅。そのティラポーンは11月29日に小関に挑戦し、その試合は敗れたものの、2010年にWBO王座を獲得した。

ティラポーン戦以降は1年以上試合を行っておらず、引退した可能性もある。

戦績編集

  • 11戦7勝(1KO)3敗1分け

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
WBC女子は2007年6月7日に創設
初代WBC女子世界アトム級王者

2007年8月31日 - 2008年8月11日

次王者
小関桃