ウィーン国立歌劇場名誉団員

ウィキメディアの一覧記事

ウィーン国立歌劇場名誉団員ウィーン国立歌劇場に功績のあった芸術家を表彰する制度。1869年、前身のウィーン宮廷歌劇場時代に設けられ、現在まで実施されている。

表彰編集

ウィーン国立歌劇場名誉団員は、歌劇場総支配人の提案を受け、運営委員会の承認を経て決定される。長年に渡り歌劇場の活動に従事した芸術家、並びに、歌劇場に貢献のあった者が対象となる。

2004年以前は書状のみの贈呈だったが、2004年以降は記念指輪も合わせて贈呈されている。指輪の製造者はウィーン市内のワーグナー宝飾店(ヘルマン・グマイナー・ワーグナー氏)で、表彰者の氏名が刻印される。表面は国立歌劇場の外観を表した彫像が彫られ、裏面は観客席を表現している[1]

2004年以前の表彰者には追贈の形で指輪も贈呈されている。例えば、1995年表彰のヨアン・ホレンダーには、指輪の贈呈が始まった2004年に贈呈された他、1988年表彰のプラシド・ドミンゴとホセ・カレーラスにはそれぞれ2012年と2013年に贈呈されている。2003年表彰のニール・シコフのときは翌年の2004年に贈呈されている。

2016年に表彰を受けたヨハン・ボータのケースでは、病気を理由に公式の贈呈式が延期されたが、その開催前に死去したため、本人の手で書状を受け取ることができなかった[2][3][4]


名誉団員の年代順リスト編集

  • 1881年: ヨハン・ネポムック・ベック、グスタフ・ワルター
  • 1882年: ヨーゼフ・フォン・メステルハージー、ペーター・ゾウチェク(ともに合唱団員)
  • 1883年: ルイ・フォン・ビニオ、マリア・ヴィルト(1834–1891、歌手)[5]
  • 1884年: ベルタ・フォン・ディルナー
  • 1886年: マティルデ・ヴェセリー(合唱団員)
  • 1895年: ルイ・フラパール(ルイ・リュオー・フラパール、ルイ・リュオーとも、1832–1921、舞踏家)[6]、カール・マイヤーホーファー
  • 1897年: ゲオルク・ミュラー(1840–1909、テノール歌手)[7]
  • 1903年: ヘルマン・ヴィンケルマン
  • 1907年: トーマス・コシャット
  • 1910年: フリッツ・シュレーター、アウグスト・シュトル(1853–1918、歌手・演出家・作曲家)[8]
  • 1915年: ヨーゼフ・ハスライター
  • 1920年: ラウラ・ヒルガーマン
  • 1923年: マリア・イェリッツァ、エリック・シュメーデス
  • 1925年: マリー・グートハイル・ショーダー
  • 1926年: リヒャルト・マイヤー、アルフレート・ピカヴェル、レオ・スレツァック
  • 1927年: ルシー・ヴァイト(1876–1940、ソプラノ歌手)[9]
  • 1928年: アンナ・バール・ミルデンブルク、ロッテ・レーマン
  • 1929年: ゼルマ・クルツ
  • 1931年: アルノルト・ロゼー
  • 1932年: ヘレーネ・ヴィルトブルン
  • 1934年: フェリックス・ワインガルトナー
  • 1935年: グスティ・ピヒラー(グスティ・ショート・ピヒラーとも、1893–1978、舞踏家)[10]
  • 1937年: エミール・シッパー、エリーザベト・シューマン
  • 1941年: ゲオルク・マイクル
  • 1945年: ブルーノ・ワルター
  • 1949年: ハンス・プフィッツナー、リヒャルト・シュトラウス
  • 1955年: ハンス・ドゥハン、アニー・コネツニ、ヒルデ・コネツニ, マリア・ネーメト[11]
  • 1959年: マリア・ライニング
  • 1960年: アルフレート・イェルガー
  • 1961年: ロゼッテ・アンダイ
  • 1962年: マックス・ローレンツ、リューバ・ヴェリッチュ
  • 1963年: フランツ・ザルムホーファー
  • 1966年: ルートヴィヒ・ウェーバー、カール・マディン
  • 1967年: クリステル・ゴルツ、パウル・シェフラー
  • 1968年: カール・ベーム、ヨーゼフ・クリップス、ビルギット・ニルソン
  • 1969年: アントン・デルモータ、エリーザベト・ヘンゲン、エーリッヒ・クンツ、イルムガルト・ゼーフリート、エルンスト・アウグスト・シュナイダー(1902–1976、ウィーン国立歌劇場総支配人)[12]
  • 1970年: マリー・ゲルハルト、ハンス・ホッター、ハインリヒ・ライフ・ギントル、ヨーゼフ・ヴィット
  • 1971年: セーナ・ユリナッチ、ヴィルヘルム・ロープナー(1909–1971、コレペティトル、カペルマイスター、没後追贈)[13][14]
  • 1972年: ヒルデ・ギューデン
  • 1973年: カール・フリードリヒ
  • 1974年: レオニー・リザネック
  • 1975年: ヘルベルト・アルゼン、カール・デンヒ、ヴィリー・フレンツル、エステル・レーティ、ユリア・ドラパル(1917–1988、舞踊家)[15]
  • 1976年: ルドルフ・ガムスイェーガー
  • 1977年: ハンス・ブラウン、ヒルデ・ツァデック
  • 1979年: レナード・バーンスタインヘルベルト・フォン・カラヤン、ゲルダ・シャイラー
  • 1980年: エーデルトラウト・ブレクスナー、オットー・シェンク、ジュゼッペ・タッデイ
  • 1981年: ハンス・バイラ―、ワルター・ベリー、グンドゥラ・ヤノヴィッツ、クリスタ・ルートヴィヒ、エゴン・ゼーフェールナー、マルツェル・プラヴィー、エーバーハルト・ヴェヒター、オットー・ヴィーナー
  • 1982年: オスカー・チェルヴェンカ、オットー・エーデルマン、ペーター・クライン、ワルデマール・クメント、ウィルマ・リップ、エミー・ローゼ、フリーデリカ・メースコリッチュ
  • 1983年: エリーザベト・シュヴァルツコップ
  • 1984年: カール・テルカル
  • 1987年: リーザ・デッラ・カーザ、ロベルト・ユングブルート、ロッテ・リザネック
  • 1988年: アグネス・バルツァ、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴエディタ・グルベローヴァルドルフ・ヌレーエフ
  • 1989年: ニコライ・ギャウロフ、ギネス・ジョーンズ、ルチア・ポップ
  • 1991年: ピエロ・カプッチッリ、イレアナ・コトルバシュ、クラウス・ヘルムート・ドレーゼ、ハインリヒ・ホルライザー、ジェームズ・キング、アルフレード・クラウス、エヴァ・マルトン
  • 1992年: ベリスラフ・クロブチャール、ヴィリー・ディルトル
  • 1993年: ゲルハルト・ヘッツェル(1940–1992、没後追贈、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン国立歌劇場管弦楽団の第一コンサートマスター)[16]
  • 1994年: ホルスト・シュタイン、ハインツ・ツェドニク
  • 1995年: ヨアン・ホレンダー
  • 1996年: レナート・ブルゾン
  • 1997年: マーラ・ザンピエーリ、ズビン・メータ
  • 1998年: ベルント・ヴァイクル
  • 1999年: エルンスト・メルツェンドルファー
  • 2001年: ライナー・キュッヒル、ヴェルナー・レーゼル
  • 2002年: リッカルド・ムーティ、ロベルト・シュタングル
  • 2003年: ニール・シコフ

指輪の贈呈者編集

(2004年以前の表彰者への指輪追贈を含む)

 
ウィーン国立歌劇場名誉団員の名誉指環
  • 2004年: ニール・シコフ、レオ・ヌッチ、ペーター・シュライヤー、ヨアン・ホレンダー
  • 2006年: トーマス・モーザー、ノルベルト・バラッチュ
  • 2007年: 小澤征爾、フェルッチョ・フルラネット
  • 2008年: ゲオルク・シュプリンガー
  • 2010年: マルコ・アルトゥーロ・マレッリ、フランツ・グルントヘーバー
  • 2012年: プラシド・ドミンゴ、ウィーン国立歌劇場管弦楽団、フランツ・バルトロメイ[17]
  • 2013年: ホセ・カレーラス、ロリン・マゼール
  • 2014年: アルフレート・シュラメック
  • 2016年: ヨハン・ボータ[2][3][4]
  • 2017年: アダム・フィッシャー[18]、ヴァルトラウト・マイヤー[19]
  • 2018年: マニュエル・ルグリ[20]

脚注編集

  1. ^ Wiener Zeitung: Ehrenmitglieder sind jetzt Ringträger. Staatsoper vergibt künftig von Juwelier Wagner gestaltete Ringe zusätzlich zur Urkunde. Artikel vom 3. März 2004, abgerufen am 12. Jänner 2016.
  2. ^ a b Wiener Staatsoper: Die Wiener Staatsoper trauert um Kammersänger und Ehrenmitglied Johan Botha (Memento vom 19. 9月 2016 im Internet Archive)
  3. ^ a b Kurier: Startenor Johan Botha verstorben. Artikel vom 8. September 2016, abgerufen am 10. September 2016.
  4. ^ a b Die Welt: Am Ende konnte Johan Botha dann doch nicht siegen. Artikel vom 8. September 2016, abgerufen am 10. September 2016.
  5. ^ Marie Wilt im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  6. ^ Louis Frappart im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  7. ^ Georg Müller im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  8. ^ H. Reitterer: Stoll, August. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 13, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2007–2010, ISBN 978-3-7001-6963-5, S. 311 f. (Direktlinks auf S. 311, S. 312).
  9. ^ Lucie Weidt im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  10. ^ Gusti Pichler im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  11. ^ Alexander Rausch: Németh, Maria. In: Oesterreichisches Musiklexikon. Online-Ausgabe, Wien 2002 ff., ISBN 3-7001-3077-5; Druckausgabe: Band 3, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2004, ISBN 3-7001-3045-7.
  12. ^ Barbara Boisits: Schneider, Ernst August. In: Oesterreichisches Musiklexikon. Online-Ausgabe, Wien 2002 ff., ISBN 3-7001-3077-5; Druckausgabe: Band 4, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2005, ISBN 3-7001-3046-5.
  13. ^ Wilhelm Loibner im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  14. ^ Alexander Rausch: Loibner, Wilhelm. In: Oesterreichisches Musiklexikon. Online-Ausgabe, Wien 2002 ff., ISBN 3-7001-3077-5; Druckausgabe: Band 3, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2004, ISBN 3-7001-3045-7.
  15. ^ Julia_Drapal im Wien Geschichte Wiki der Stadt Wien
  16. ^ Wiener Philharmoniker: Zum 10. Todestag von Gerhart Hetzel. Artikel vom 2. November 2002, abgerufen am 11. Jänner 2016.
  17. ^ diepresse.com: Franz Bartolomey – 120 Jahre Oper in Wien!. Artikel vom 1. Juli 2012, abgerufen am 8. Oktober 2016.
  18. ^ Ádám Fischer wird Ehrenmitglied der Wiener Staatsoper. Artikel vom 20. Jänner 2017, abgerufen am 20. Jänner 2017
  19. ^ Waltraud Meier wird Ehrenmitglied der Wiener Staatsoper. Artikel vom 14. Juni 2017, abgerufen am 16. Juni 2017.
  20. ^ Nurejew-Gala geriet zur Feierstunde für Legris. Artikel vom 30. Juni 2018, abgerufen am 30. Juni 2018.

外部リンク編集