メインメニューを開く

ウィーン地下鉄(U-Bahn Wien)は、オーストリアの首都・ウィーン地下鉄。ウィーン当局が出資する、ウィーン路線網有限合資会社(Wiener linien GmbH & Co KG)による運営である。

ウィーン地下鉄
ロゴマーク
レンゲンフェルトガッセ駅。左は大型車規格のU4号線、右は路面電車規格のU6号線。
レンゲンフェルトガッセ駅。左は大型車規格のU4号線、右は路面電車規格のU6号線。
基本情報
 オーストリア
所在地 ウィーン
種類 地下鉄
開業 1976年5月8日
(43年前) (1976-05-08(試験運用開始)
1978年2月25日
(41年前) (1978-02-25(公式営業開始)
運営者 Wiener linien GmbH & Co KG
詳細情報
総延長距離 78.5 km
路線数 5路線
駅数 98
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流750V第三軌条方式(U1/U2/U3/U4)
直流750V架空電車線方式(U6)
最高速度 85 km/h
路線図
路線図
2019年時点のウィーン地下鉄路線図。
テンプレートを表示

概要編集

新規に開業したのは1978年のU1号線であるが、その2年前の1976年に高架と掘割を走る都市鉄道(シュタットバーン)の一部を地下鉄に改築したU4号線が開業している。シュタットバーンは、開業が1898年という歴史ある都市鉄道で、カールスプラッツ駅をはじめとするU4号線U6号線の駅舎は、オットー・ワーグナーの建築によるものである。

U6号線はシュタットバーンを地下鉄に扱い変更したもので、路線の大部分が高架である。またU2号線は、先に路面電車の地下線として開業したものを一部転用して開業した。 5路線(U1、U2、U3、U4、U6)が営業中である。U1のReumannplatzーOberlaa間が2017年に延伸開業[1]。U5の建設が決定し、現在準備に着手している。

路線の総延長は現在74.2kmである。軌間はいずれも1435mmであるが、U1〜U4号線が、第三軌条集電方式で大型の車両を用いるのに対し、U6号線は、架空電車線集電方式で路面電車と同サイズの車両を用い9輌程度の編成を組んでいる。

路線編集

路線 路線区間 建設期間 路線距離 駅数
U1 オーバーラー(Oberlaa) - レオポルダウ (Leopoldau) 1978年 - 2017年 19.2 km 24
U2 ゼーシュタット (Seestadt) - カールスプラッツ (Karlsplatz) 1980年 - 2013年 16.8 km 20
U3 オッタクリンク (Ottakring) - ジンメリンク (Simmering) 1991年 - 2000年 13.5 km 21
U4 ヒュッテルドルフ (Hütteldorf) - ハイリゲンシュタット (Heiligenstadt) 1976年 - 1981年 16.4 km 20
U6 ジーベンヒルテン (Siebenhirten) - フロリズドルフ (Floridsdorf) 1989年 - 1996年 17.5 km 24

写真編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Erwin Reidinger (2017年9月4日). “Metros Vienna opens Line U1 extension”. International Rail Journal. 2019年10月15日閲覧。(英語)

外部リンク編集