メインメニューを開く

ウィニング・パスは2004年日本で公開された映画作品。松山ケンイチの映画初主演作品。

あらすじ編集

高校生の健太はある晩、バイクを走らせていて事故を起こしてしまう。一命はとりとめたものの、脊髄損傷のため半身不随になってしまう。自分の状況が受け入れられず、親友や恋人も拒絶。死まで考える健太。しかし家族の愛情や友人に支えられ、やがて健太は退院し社会復帰を果たすが、そこにも問題がヤマ積みだった。そんな中、入院中に出会った男性に車椅子バスケットボールのチームに誘われる。健太は次第にその魅力に取りつかれ猛練習を始めるのだった。

実在のモデル編集

主人公の小林健太のモデルとなったのは、車椅子バスケットボール選手の神村浩平氏。神村氏は主人公の健太と同様に、高校生の時にバイク事故で脊髄損傷により車椅子生活となった。その後東京都内の車椅子バスケットボールチーム「ノーエクスキューズ」に所属、アメリカへの車椅子バスケ留学を経て、現在は社会起業家として活動している。

キャスト編集

主なスタッフ編集

ロケ地編集

  • 九州労災病院
  • 社会福祉法人 太陽の家
  • 福岡県立戸畑高等学校
  • 医療法人社団 豊和会 豊前病院

関連項目編集

外部リンク編集