メインメニューを開く

ウイルスフリーとは、生物ウイルスに感染していない状態のことを言う。感染してもウイルスの影響が出現しないウイルス抵抗性とは異なる[1]

一般的にウイルスフリーの植物では個体の成育が旺盛になる。植物は動物と異なり、ウイルスを免疫系によって排除することができない。つまり、一度ウイルスに感染した植物は一生そのウイルスから逃れられない。しかし、希にウイルスに対する抵抗性を有した突然変異株[1]が生じる事があり、その変異株は選抜育種される[2]。また、ウイルス抵抗性を有していない優良特性を有した品種とを交配し、ウイルス抵抗性を有した新品種の作出(品種改良)が行われる事もある[3][4]

ウイルスフリーにする方法編集

植物体の茎の先端部にある分裂組織(茎頂)や雄蕊(おしべ)の葯壁細胞はウイルスに感染していないことが知られており、この細胞を増殖させる[5]ことでウイルスフリー化した苗を大量生産することができる。

代表的な方法は[6]

  1. ウイルスが存在していない組織(茎頂)を取り出し培養する茎頂培養法、
    • ラン(蘭)・ブドウ・サツマイモ・トマト・イチゴ[7]など多くの作物で行われる。
  2. 比較的高い温度で生育させ、ウイルス増殖よりも早い速度で伸びてくる新梢(新芽)を繁殖に用いる方法、
  3. 上記手法を併用する方法[8]

がある。

更にウイルスフリー化した植物の種類(トマト[9])によっては、ウイルスが無い圃場で育成し種子を得ることで大量生産することが出来る。

ウイルス感染による植物への影響編集

ウイルス感染は植物の生長に影響を与える。感染の結果、植物体の枯死・樹勢劣化・葉の萎縮[10]・早期落葉・成長阻害[11]などを生じる。その結果、農作物は「収量減少」「果実の糖度低下」[12]「品質低下」などを引き起こす。

抵抗性低下編集

サツマイモの品種「ベニアズマ」ではウイルスフリー化した事で立枯病に対する抵抗性が低下するとの報告がある[13]

伝染編集

植物の親から子への世代間や種間の伝染(感染拡大)は、種子、土[14]、動物、虫(特に、アブラムシ[15])、感染植物との接触した人・農機具・刃物によっておきる[16]

例えば、ササゲアズキなどの豆類に感染するモザイク・ウイルスでは、低い頻度ではあるが種子の胚を経由して世代間の伝播がおきる[17][18]

「トマトに感染するタバコモザイクウイルスの場合、タバコとして市販されている葉に触れた喫煙者を通した接触感染が起こる」とされていたが、ウイルスの種類が異なり起こりにくいとの指摘がある[14]

注釈・出典編集

  1. ^ a b 藤井潔、早野由里子、杉浦直樹 ほか、「イネ縞葉枯病抵抗性品種が有する穂いもち抵抗性の遺伝子分析」 育種学研究 1999年 1巻 4号 p.203-210, doi:10.1270/jsbbr.1.203
  2. ^ 香村敏郎、「イネ縞葉枯病抵抗性の新品種「月の花」の育成」 愛知県農業総合試験場研究報告 17号, p.1-16(1985-10), NAID 40004363371
  3. ^ 高橋浩司、坂元秀彦、関功介 ほか、「ダイズ新品種「シュウレイ」の育成」 北陸作物学会報 2012年 47巻 p.58-60, doi:10.19016/hokurikucs.47.0_58
  4. ^ 高田吉丈、「早熟でモザイク病に強い納豆用極小粒大豆新品種「すずほのか」の育成」. 東北農業研究センター研究報告 No.109 2008年 p.31-40
  5. ^ 古澤巖、「プロトプラスト培養を用いた耐病性植物の作出」 植物組織培養 1984年 1巻 2号 p.37-42, doi:10.5511/plantbiotechnology1984.1.37
  6. ^ 【茎頂培養】 信州大学
  7. ^ a b 鹿野弘 ほか、「組織培養によるイチゴ大量増殖苗の利用技術」 宮城県農業・園芸総合研究所研究報告 (69), p.50-57, 2002-03, NAID 40005406474
  8. ^ 我妻尚広、海野芳太郎、「イチゴの茎頂培養由来の幼植物の生長におよぼすランナー採取日の影響」 植物組織培養 1996 年 13 巻 3 号 p. 273-277, doi:10.5511/plantbiotechnology1984.13.273
  9. ^ 植物とウィルス・微生物の相互作用」 植物組織培養 1993年 10巻 Supplement号 p.154-162, doi:10.5511/plantbiotechnology1984.10.Supplement_154
  10. ^ 飯塚典男、柚木利文、「ダイズ萎縮ウイルスの1新系統」 北日本病害虫研究会報 1974年 1974巻 25号 p.29, doi:10.11455/kitanihon1966.1974.29
  11. ^ 竹澤利和、千葉賢一、岩舘康哉、阿部潤、「リンドウこぶ症の接木伝染性および茎頂培養による無症状化」 北日本病害虫研究会報 2006年 2006巻 57号 p.68-71,doi:10.11455/kitanihon1966.2006.68
  12. ^ 上野雄靖、木下研二、戸川英夫、井理正彦、「ブドウリーフ・ロールウイルスフリー化によるワインの品質改善」 日本釀造協會雜誌 1985年 80巻 7号 p.490-495, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.80.490
  13. ^ 高野幸成、雨宮昭彦、猪野誠、「ウイルスフリー化処理によるサツマイモ立枯病の品種抵抗性の低下 (PDF) 植物防疫 2007年 第61巻第9号 平成19年9月号, 関東東山病害虫研究会報 2006年 2006巻 53号 p.29-33, doi:10.11337/ktpps1999.2006.29, ISSN 1884-2879
  14. ^ a b トマト モザイク病(TMV、ToMV) 高知県農業振興部 こうち農業ネット
  15. ^ 吉川信幸、「イチゴのウイルスに関する研究」 日本植物病理学会報 1989年 55巻 4号 p.390, doi:10.3186/jjphytopath.55.390
  16. ^ モザイク病(野菜/トマト) 長野県農業関係試験場
  17. ^ 土崎常男、 與良清、明日山秀文、「ササゲおよびアズキにおけるウイルスの種子伝染 1. 種子伝染に関与する要因」 日本植物病理学会報 1970年 36巻 2号 p.121-126, doi:10.3186/jjphytopath.36.121
  18. ^ 土崎常男、 與良清、明日山秀文、「ササゲおよびアズキにおけるウイルスの種子伝染 III. 胚感染と種子伝染との関係」 日本植物病理学会報 1971年 37巻 1号 p.11-16, doi:10.3186/jjphytopath.37.11

関連項目編集

外部リンク編集