ウェイン・テイラー・レーシング

ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)は、元レーシングドライバーの、ウェイン・テイラーによって2004年に設立されたレーシングチームである。2023年、チームはアンドレッティ・オートスポーツとのパートナーシップを開始し、ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティ・オートスポーツWTR Andretti)と名称も変更された[1][2]

アメリカ合衆国の旗 ウェイン・テイラー・レーシング
2023年デイトナ24時間レース
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チーム代表 ウェイン・テイラー
関係者 トラビス・フージ (副社長、ゼネラルマネージャー)
ブライアン・ピラー (テクニカルディレクター)
活動期間 2004年-
カテゴリ IMSA スポーツカー選手権
ドライバーズ
タイトル
3 ('05, '13グランダム・シリーズ, '17 IMSA)
公式サイト waynetaylorracing.com
テンプレートを表示
2005年、ライリー・ポンティアックデイトナ・プロトタイプ
2011年、ダラーラシボレー

歴史

編集

チームは2004年に、銀行の持株会社であるサントラストからのタイトルスポンサーを得て、ライリー・テクノロジーズワークスチームとしてレーシングドライバーの、ウェイン・テイラーによって設立された。その年のロレックス・スポーツカー・シリーズに参戦。ウェイン・テイラーとマックス・アンジェレッリのラインナップは、デイトナ・プロトタイプ(DP)クラスで2位となった。

2005年、DPクラスのチーム、ドライバーのダブルタイトルを獲得した。

2007年ライリーとウェイン・テイラーは別れ、新たにウェイン・テイラー・レーシングは、#10 サントラスト・レーシングとして参戦を開始した[3]

2008年、ウェイン・テイラーは同年限りでドライバーを引退し、マイケル・ヴァリアンテとセカンドドライバーとして契約した。またチームはマシンを、ダラーラに切り替えた。

2009年フォードエンジンが採用され、ブライアン・フリッセルがセカンドドライバーとなった。ランキング3位となった。

2010年、チームはアンジェレッリとウェイン・テイラーの息子である、リッキー・テイラーが加わった。1回の優勝と7回の表彰台を獲得し、ランキング2位になった。

2011年、エンジンをシボレーに変更。3レースで優勝し、8回の表彰台を獲得、ランキング2位になった。

2012年コルベット・デイトナ・プロトタイプを採用し、シーズン3勝を挙げ、ドライバーズランキングで6位になった。

2013年、チームはサントラストのスポンサーシップを失った。リッキー・テイラーがチームを去り、弟であるジョーダン・テイラーが加入した。アンジェレッリとジョーダン・テイラーは、グランダムとアメリカン・ル・マン・シリーズが合併する最後のシーズンで、3連勝を含む5回のレースで優勝。DPクラスでシリーズチャンピオン獲得した。

2014年、ユナイテッド・スポーツカー選手権となった初年度、アンジェレッリは長距離の耐久レースのみ参加となった。リッキー・テイラーがチームに復帰し、弟のジョーダンと共にフルタイムでドライブし、ランキング2位になった。

2017年コニカミノルタのスポンサーで、最高峰クラスがデイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)に変更となったこの年、チームはマシンを、キャデラック・DPi-V.Rに変更。開幕5連勝を達成、ドライバーズ、チームのダブルタイトルを獲得した。

2019年、デイトナ24時間レースでは、小林可夢偉フェルナンド・アロンソが参戦し、総合優勝した。小林可夢偉は翌年もデイトナ24時間に同チームから参戦し、2連覇を達成した。

2021年、チームはマシンをキャデラックから、アキュラに乗り換え、アキュラ・ARX-05で参戦[4]デイトナ24時間で総合優勝、デイトナ3連覇を果たした。

2023年、ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティ・オートスポーツとして[5]、新たに始まったGTPクラスに、LMDh規定のアキュラ・ARX-06で参戦。

レース結果

編集

注目すべきレースでの勝利

編集

ロレックス・スポーツカー・シリーズ

編集
車体 ドライバー 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
2011   DAY HOM BAR VIR LIM WGI ROA LAG NJMP WGI CGV MDO  
ダラーラDP   マックス・アンジェレッリ
  リッキー・テイラー
10 5 3 11 4 1 1 3 3 2 1 2 11 2位 353
2012   DAY BAR HOM NJMP DET MDO ROA WGI IMS WGI CGV LAG LIM  
ダラーラコルベット DP   マックス・アンジェレッリ
  リッキー・テイラー
10 14 5 1 1 10 9 7 11 3 4 5 7 1 6位 343
2013   DAY COTA BAR ATL DET MDO WGI IMS ROA KAN LAG LIM  
ダラーラコルベット DP   マックス・アンジェレッリ
  リッキー・テイラー
10 2 10 1 6 1 6 10 15 7 1 1 1 1位 339

IMSA スポーツカー選手権

編集
車体 ドライバー 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
2014   DAY SEB LBH LAG DET WGI MOS IMS ROA COTA ATL  
ダラーラコルベット DP   リッキー・テイラー
  ジョーダン・テイラー
10 2 7 2 2 1 5 3 4 10 7 1 2位 330
2015   DAY SEB LBH LAG DET WGI MOS ROA COTA ATL  
ダラーラコルベット DP   リッキー・テイラー
  ジョーダン・テイラー
10 16 2 1 2 6 6 1 8 2 4 5位 292
2016   DAY SEB LBH LAG DET WGI MOS ROA COTA ATL  
ダラーラコルベット DP   リッキー・テイラー
  ジョーダン・テイラー
10 2 12 1 6 1 4 3 3 1 3 3位 309
2017   DAY SEB LBH COTA DET WGI MOS ROA LAG ATL  
キャデラック・DPi-V.R   リッキー・テイラー
  ジョーダン・テイラー
10 1 1 1 1 1 6 7 2 3 9 1位 310
2018   DAY SEB LBH MDO DET WGI MOS ROA LAG ATL  
キャデラック・DPi-V.R   ジョーダン・テイラー
  レンガー・ヴァン・デル・ザンデ
10 15 2 3 5 5 5 2 4 12 1 3位 270
2019   DAY SEB LBH MDO DET WGI MOS ROA LAG ATL  
キャデラック・DPi-V.R   ジョーダン・テイラー
  レンガー・ヴァン・デル・ザンデ
10 1 2 10 6 9 4 6 5 4 2 4位 274
2020   DAY DAY SEB ROA ATL MDO ATL LAG SEB  
キャデラック・DPi-V.R   レンガー・ヴァン・デル・ザンデ
  ライアン・ブリスコー
10 1 6 2 2 5 3 1 6 7 2位 264
2021   DAY SEB MDO DET WGI WGI ROA LAG LBH ATL  
アキュラ・ARX-05   フェリペ・アルブケルケ

  リッキー・テイラ

10 1 4 1 3 3 3 4 1 4 3 2位 3396
2022   DAY SEB LBH LGA MDO DET WGL MOS ROA PET  
アキュラ・ARX-05   フェリペ・アルブケルケ

  リッキー・テイラ

10 2 4 6 1 1 4 1 6 1 6 2位 3346
2023 DAY SEB LBH LGA WGL MOS ROA IMS PET
アキュラ・ARX-06   フェリペ・アルブケルケ

  リッキー・テイラー

10 2 4 7 4 Ret 2 3位* 1843*

脚注

編集
  1. ^ Dagys, John. “WTR, Andretti Autosport Join Forces in New Partnership – Sportscar365” (英語). sportscar365.com. 2023年3月28日閲覧。
  2. ^ 2023 GTP ROLEX 24 AT DAYTONA PRE RACE REPORT”. waynetaylorracing.com. 2023年3月28日閲覧。
  3. ^ SunTrust Team Reorganizes - Motor Racing Network, 26 May 2006
  4. ^ 小林可夢偉とともにデイトナ2連覇中のWTR、2021年はアキュラDPiにスイッチ/IMSA”. autosport web. 2020年9月24日閲覧。
  5. ^ Wayne Taylor Racing partners with Andretti Autosport in IMSA” (英語). us.motorsport.com (2022年12月28日). 2023年7月21日閲覧。

外部リンク

編集