メインメニューを開く

ウェイン・マーシャル(Wayne Marshall、1986年1月7日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。ポジションはセンター

ウェイン・マーシャル
Wayne Marshall
信州ブレイブウォリアーズ  No.50
ポジション C
背番号 50
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 130kg (287 lb)
基本情報
ラテン文字 Wayne Marshall
英語 Wayne Marshall
誕生日 (1986-01-07) 1986年1月7日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州
ドラフト  
選手経歴
2010-2012
2012-2013
2013-2015
2015-2017
2017-
大阪エヴェッサ
信州ブレイブウォリアーズ
横浜ビー・コルセアーズ
島根スサノオマジック
金沢武士団

来歴編集

ペンシルベニア州出身。テンプル大学を卒業し、2009-10シーズンはロートンフォート-シルキャバリー(アメリカ・PBL)に所属。その後、2010年夏にバンクーバータイアンズ(IBL)でプレーをした後、同年秋に日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の大阪エヴェッサに加入した。背番号は50番[1]。大阪には2シーズン所属し、2010-11シーズンはファイナル4に進出してのシーズン3位、2011-12シーズンもプレイオフ・カンファレンスセミファイナル進出に貢献。1試合平均ブロックショット1.6本でリーグ6位。

2012年オフ、信州ブレイブウォリアーズに移籍。2013年1月5日の千葉ジェッツ戦にて左膝蓋腱断裂の大怪我を負ったため、選手契約は解除されたが、コーチとしてチームに残留した[2]。2012-13シーズンは怪我をするまで24試合に出場し、FG成功率53.3パーセントで1試合平均14.6得点、7.3リバウンド、2ブロック(リーグ4位)。

2013年オフ、横浜ビー・コルセアーズに移籍。背番号は44番[3]。故障からの復帰となった2013-14シーズンは48試合に出場。ブロックショットでリーグ1.35本で8位に入った。2014-15シーズンも横浜と契約したが、10月19日の青森ワッツ戦で再び左膝を負傷。しばらくは治療をしつつ試合出場を続けたが、回復が思わしくないため手術をし、11月15日よりベンチ登録を外れた[4]。2015年1月17日の信州戦より復帰。同シーズンをもって契約満了。

2015-16シーズンは島根スサノオマジックと契約。Bリーグ発足初年度の2016-17シーズンも島根に所属。

記録編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2010-11 大阪
2011-12 大阪 48 29.3 .456 .429 .626 6.9 1.6 0.7 1.6 2.0 11.2
2012-13 信州 24 25.9 .533 .500 .769 7.3 1.1 0.8 2.0 1.5 14.6
2013-14 横浜 48 22.8 .485 .000 .566 5.1 1.2 0.5 1.4 1.9 11.0
2014-15 横浜 38 24.8 .467 .000 .637 5.9 2.1 1.0 1.0 2.0 11.3

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウェイン・マーシャル選手2010-2011シーズン選手契約”. 大阪エヴェッサ. 2013年10月12日閲覧。
  2. ^ bjリーグ 2012-2013シーズン 選手契約解除のお知らせ”. 信州ブレイブウォリアーズ. 2013年10月12日閲覧。
  3. ^ 選手契約基本合意のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2013年8月28日). 2013年10月12日閲覧。
  4. ^ ウェイン・マーシャル選手 負傷のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2014年11月15日). 2014年11月15日閲覧。