メインメニューを開く

ウェイン・ワン(Wayne Wang、1949年1月12日 - )は香港生まれの映画監督

ウェイン・ワン
Wayne Wang
生年月日 (1949-01-12) 1949年1月12日(70歳)
出生地 香港
テンプレートを表示
ワン・ウェイン
繁体字 王穎
簡体字 王颖

略歴編集

香港に生まれ、アイルランド系のイエズス会宣教師の学校で基礎教育を受ける。カリフォルニア大学で学ぶために渡米し、卒業後に香港のテレビ局に就職するが、香港のシステムが肌にあわず再び渡米しサンフランシスコに移住。初期の低予算で作られた"Chan Is Missing"や"Dim Sum: a little bit of heart"が高い評価を得た。

1995年の『スモーク』でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)、2007年の『千年の祈り』でサン・セバスティアン国際映画祭金貝賞(最高賞グランプリ)を受賞している。

作家のポール・オースターと親交が深く、『スモーク』と『赤い部屋の恋人』では共同で脚本を書き、『ブルー・イン・ザ・フェイス』は共同で監督している。

妻は1976年度ミス・香港に選出されたこともある、香港の女優で1991年に芸能界を引退したコラ・ミャオ。現在は夫婦で米国ニューヨークもしくはサンフランシスコ在住。

主な監督作品編集

脚注編集

  1. ^ [1] 2011日本・中国映画週間 上映作品
  2. ^ ビートたけし&西島秀俊共演「女が眠る時」ビジュアル、のぞき見たのは狂気か愛か”. 映画ナタリー (2015年10月24日). 2016年2月25日閲覧。

外部リンク編集