メインメニューを開く

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ・フットボール・クラブ(Western Sydney Wanderers Football Club)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニー郊外のパラマタをホームタウンとする、オーストラリアプロサッカーリーグ(Aリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC
原語表記 Western Sydney Wanderers Football Club
愛称 ワンダラーズ, Red and Black, WSW
クラブカラー     赤(レッド)
    黒(ブラック)
創設年 2012年
所属リーグ Aリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 西シドニー地区英語版
ホームスタジアム Parramatta Stadium New Scoreboard.jpgパラマタ・スタジアム
(2012-2016, 2019- )
Australia Stadium..jpgスタジアム・オーストラリア
(2016-2019)
Sydney Showground Stadium 2015-8-9.jpgシドニー・ショーグラウンド・スタジアム
(2016-2019)
収容人数 パラマタ・スタジアム:21,487
スタジアム・オーストラリア:83,500
シドニー・ショーグラウンド・スタジアム:24,000
代表者 オーストラリアの旗 ポール・レデラー [1]
監督 ドイツの旗 マルクス・バッベル
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

2012/13年(Aリーグ)クラブ創設とリーグ優勝編集

 
ユニフォームを着た選手たち
2012-13

Aリーグを脱退したゴールドコースト・ユナイテッドFCに代わる新しいクラブとして、オーストラリアサッカー連盟 (FFA) により2012年4月4日に創設が告知され、6月25日に正式に創設された[2]。Aリーグ参加を計画して2009年にパラマタをホームタウンとするシドニー・ローヴァーズFC英語版が創設されたが、資金繰りの問題により参入は見送られチームは解散された。シドニー・ローヴァーズFCに代わるクラブとして、2012年4月4日にFFA CEOのベン・バックリーがシドニー西部に新しくクラブを作ると発言し[3][4][5][6]スコット・チッパーフィールドルーカス・ニールが支援を表明した。5月17日にライアル・ゴーマンが代表に就任、クリスタル・パレスFCのコーチを務めていたトニー・ポポヴィッチが監督に就任することも発表された[7]

クラブ初シーズンとなったAリーグ2012-2013シーズンは、出だしで0勝1分2敗と低調な滑り出しとなったがその後は順調に勝ちを重ねRound 23(第23節)で首位となり、最終節Round 27でニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFCを3-0で破ってリーグ参入初年度でのレギュラーシーズン優勝が決定した[8]。それに伴いAFCチャンピオンズリーグ2014の出場権を獲得した。

2013/14年(Aリーグ)編集

2013-14

AFCチャンピオンズリーグ2014ACL初出場すると予選で川崎蔚山貴州のグループHを4勝2敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。

ブリスベン・ロアーと優勝争いをしたが、Aリーグは2位で終えた。AFCチャンピオンズリーグ2015の出場権を獲得した。

小野伸二コンサドーレ札幌に移籍。

2014/15年-(Aリーグ)アジア制覇編集

2014-15

ACL2014の決勝トーナメントでは日本王者・サンフレッチェ広島に第1戦を1-3で落としながらホームで2点ビハインドを逆転すると、前回王者で中国スーパーリーグ3連覇中の広州恒大を準々決勝で、その広州恒大を最後まで苦しめた韓国FCソウルを準決勝で破って、オーストラリア勢として2008年アデレード・ユナイテッド以来6年ぶりの決勝に進む。そして2014年11月1日サウジアラビアアル・ヒラルを下して、AFCチャンピオンズリーグを創設3年目で初優勝。オーストラリア勢としては初優勝の快挙を果たした[9]

FIFAクラブワールドカップ2014にAFC代表として出場し、準々決勝でクルス・アスル(メキシコ)、5位決定戦でESセティフ(アルジェリア)に敗れ6位に終わった。

2015年1月に入り、ニューカッスルのユースチームからサム・ギャラウェイアクヒサル・ベレディイエスポルからケレム・ブルトを獲得。さらにAFCチャンピオンズリーグ2015対策として、Jリーグから川崎の田中裕介[10]、広島の髙萩洋次郎[11] らを相次いで獲得した。ヴィトール・サバは退団した。

2年連続の2回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015の予選で広州恒大鹿島ソウルのグループHを2勝2分2敗の3位で終えて連覇を逃した。前回王者がグループステージで敗退した。また2014-15シーズンのリーグ戦は序盤から苦戦が続き4勝6分17敗 9位で終えてACL2016の出場権を逃した。

2014-15シーズンをもって守護神でもあったアンテ・コヴィッチとACL2014の決勝点を決めたトミ・ユーリッチアントニー・ゴレッチニキータ・ルカヴィツヤケレム・ブルトヤコポ・ラ・ロッカニック・ウォードジェイソン・トリフィーロニック・カルマルエイドリアン・マダスッチが退団した。イアンニ・ペルカティスはブラックタウン・シティFCへ移籍した。また2015年6月6日には田中裕介髙萩洋次郎の日本人2選手が退団した[12]

2015-16

パース・グローリーFCからスコット・ジェイミーソンを獲得した。

ダービー編集

同じシドニーに本拠地を置くシドニーFCとの対戦はシドニーダービーとなる。

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

過去の成績編集

シーズン Aリーグ FFAカップ 最多得点者
順位 プレーオフ 選手 得点数
2012–13 27 18 3 6 41 21 +20 57 1位 2位 マーク・ブリッジ 11
2013–14 27 11 9 7 34 29 +5 42 2位 2位 トミ・ユーリッチ 12
2014–15 27 4 6 17 29 44 –15 18 9位 ベスト32 ケレム・ブルト 6
2015–16 27 14 6 7 44 33 +11 48 2位 2位 準々決勝敗退 ブレンドン・サンタラブ 11
2016–17 27 8 12 7 35 35 0 36 6位 EF 準々決勝敗退 ブレンドン・サンタラブ 16
2017–18 27 8 9 10 38 47 –9 33 7位 準決勝敗退 オリオール・リエラ 19
2018-19

現所属メンバー編集

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集