ウェスタン・フォース

オーストラリア、パースのラグビーユニオンチーム

ウェスタン・フォース: Western Force)は、スーパーラグビーに参加するオーストラリアラグビーチーム。本拠地はパースNibスタジアム

概要編集

2006年創立。西オーストラリア州ラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜され、編成されるチーム。オーストラリアの4チーム目の参加をかけて、2004年12月、ビクトリア州と対戦し勝利、2006年に南アフリカから新たに1チームが参加し、スーパー12からスーパー14となる。

ヘッドコーチに、元オールブラックスのジョン・ミッチェルが就任。1年目は1勝のみの最下位に終わる。2007年、マット・ギタウと3年450万AUSドル(ユニオン史上最高額)で契約、さらにドリュー・ミッチェルとも契約。2010年シーズン終了後、ミッチェルが解任、2011年に元オーストラリアセブンス代表キャプテンのリチャード・グラハムが就任。2015年度は日本代表山田章仁がスコッド入りした。

2017年シーズン終了をもってスーパーラグビーから撤退[1]

スーパーラグビーから撤退後は、2018年からアンドリュー・フォレストが発案したグローバルラピッドラグビー(2018年度はワールド シリーズラグビー)[2]とナショナルラグビーチャンピオンシップに参加[3]

2020年からスーパーラグビーの代替大会であるスーパーラグビーAUに参加[4]

チームカラーは、黒、ゴールド。

スーパーラグビーでの成績編集

年度 試合数 順位 プレイオフ
2006 13 1 2 10 14
2007 13 6 1 6 7
2008 13 7 0 6 8
2009 13 6 1 6 8
2010 13 4 0 9 13
2011 16 5 2 9 12
2012 16 3 0 13 14
2013 16 4 1 11 13
2014 16 9 0 7 8
2015 16 3 0 13 15
2016 15 2 0 13 16
2017 15 6 0 9 12
2020 8 0 0 8 5

:2006年シーズンから2010年シーズンまではスーパー14での成績、2011年シーズン以降はスーパーラグビー、2020年シーズンはスーパーラグビーAUでの成績となる。(2015年までは15チーム、2016年以降は18チームに拡大、2020年シーズンのみ全5チーム)

グローバルラピッドラグビーでの成績編集

年度 試合数 順位 プレイオフ
2019 10 10 0 0 1

2021年スコッド編集

2021年のスコッドは次の通り。(2021年2月現在)

フォース スーパーラグビーAU スコッド

プロップ

フッカー

ロック

フランカー/No.8

スクラムハーフ

フライハーフ

センター

ウイング

フルバック

太字 はキャップを持っている選手。(c)はキャプテン。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ウエスタンフォースが撤退=スーパーラグビー 時事通信、2017年8月12日閲覧
  2. ^ サンウルブズに興味? 過去に除外のフォースを中心とする国際大会が開幕 ラグビー共和国、2020年5月21日閲覧
  3. ^ NRC 2018 Fixtures Confirmed Ultimate、2020年5月21日閲覧
  4. ^ 3年ぶりにスーパーラグビー舞台に戻ったフォース 復帰初戦は逆転負け ラグビー共和国、2020年7月11日閲覧

外部リンク編集