メインメニューを開く

ウェスタン航空2605便事故(ウェスタンこうくう2605びんじこ)は、1979年10月31日の早朝にロサンゼルスメキシコシティ行きの国際旅客定期便、ウェスタン航空 (en) 2605便(機材:DC-10)が霧の中メキシコシティのベニート・フアレス国際空港に着陸する際、メンテナンスのため閉鎖されていた滑走路に着陸し大破した事故である。搭乗していた88人のうち72人と地上の1人が死亡した。 この事故はメキシコではメキシカーナ航空704便墜落事故およびメキシカーナ航空940便墜落事故に次いで死者数が多い航空事故となり、DC-10による航空事故では7番目に死者数が多い事故となった[1]

ウェスタン航空2605便事故
Western Airlines DC-10 1 Tilt Corrected.jpg
同型機のマクドネル・ダグラス DC-10
事故の概要
日付 1979年10月31日
概要 パイロットエラー、滑走路取り違え
現場 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
ベニート・フアレス国際空港
北緯19度26分11秒 西経99度04分20秒 / 北緯19.43639度 西経99.07222度 / 19.43639; -99.07222座標: 北緯19度26分11秒 西経99度04分20秒 / 北緯19.43639度 西経99.07222度 / 19.43639; -99.07222
乗客数 77
乗員数 11
負傷者数
(死者除く)
14
死者数 73(地上の1人含む)
生存者数 16
機種 マクドネル・ダグラス DC-10-10
運用者 アメリカ合衆国の旗 ウェスタン航空英語版
機体記号 N903WA
出発地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス国際空港
目的地 メキシコの旗 ベニート・フアレス国際空港
テンプレートを表示

1979年はDC-10による大事故が多発しており、5か月前にはオヘア国際空港アメリカン航空191便墜落事故が、1か月後にはエレバス山ニュージーランド航空901便墜落事故が発生している。

目次

事故概要編集

同便は滑走路23Rへの着陸を指示されたが、あやまって路面の補修工事のため閉鎖中の23Lに接地した。その後エンジン出力を上げ着陸復行が試みられたが、右主脚が駐車していたトラックに激突し引きちぎられ、それが右水平尾翼と昇降舵を直撃した。その後機体が右に傾き左翼が滑走路端から1,500mの地点にあった油圧ショベルの運転席に激突した後、建物に衝突し出火した。この事故で搭乗者のうち72人と地上の1人が死亡した[1][2][3]

関連項目編集

関連ポータルのリンク

脚注編集

  1. ^ a b ASN Aircraft Accident McDonnell Douglas DC-10 N903WA Mexico City-Juarez International Airport (MEX)”. Aviation Safety Network. 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ Kebabjian, Richard (2012年). “Accident Report: Western Airlines Flight 2605”. planecrashinfo.com. 2012年6月29日閲覧。
  3. ^ NTSB summary

参考文献編集

  • デビッド・ゲロー 『航空事故』 清水保俊訳、イカロス出版、1994年、154-155頁。

外部リンク編集