ウェストバリー駅 (LIRR)

アメリカの鉄道駅

ウェストバリー駅: Westbury)とはロングアイランド鉄道本線である。ポートジェファーソン支線英語版およびロンコンコマ支線の全列車がこの駅を通るが、ポートジェファーソン支線の数本の列車が停車する(またロンコンコマ支線の数本の列車もそうである)。ニューヨーク州ウェストバリー英語版にあるユニオン・アベニューとポスト・アベニューとの交差点に位置する。ペンステーションから23.4マイル (37.7 km) である。この駅は完全に車椅子利用可である。相対式ホーム2面と2線を有する。

Westbury
ユニオン・アベニューにあるウェストバリー駅
所在地 ニューヨーク州ウェストバリー英語版
Union Avenue & Post Avenue
座標 北緯40度45分12秒 西経73度35分11秒 / 北緯40.753404度 西経73.586273度 / 40.753404; -73.586273座標: 北緯40度45分12秒 西経73度35分11秒 / 北緯40.753404度 西経73.586273度 / 40.753404; -73.586273
所有者 MTA
路線
ホーム数 相対式ホーム2面
線路数 2
接続 現地の交通機関 ナッソー・インターカウンティ・エクスプレス英語版: n22, n35
(n22/Lは4ブロック北のメイプル・アベニューに停車する)
建築物
駐車場 あり
アクセシビリティ 対応
その他
運賃区画 ゾーン7
歴史
開業 1837年
改築 1883年、1914年、1972年、およそ2001年-2005年
電化 1970年
750V (DC) 第三軌条方式
利用状況
乗客数 (2006)3,903[1]
サービス
前の駅   ロングアイランド鉄道   次の駅
本線
ポートジェファーソン支線
(および ロンコンコマ支線
テンプレートを表示

歴史

編集

ウェストバリー駅はLIRRがヒックスヴィル駅へ延伸したことにともない、1837年のいつかに建設された。2番目の駅は1883年の4月から6月の間に建設された。3番目の駅は1914年に建設され、1972年ごろに大規模な改築が実施され、また2001年から2005年の間のいつかにもう一度改築が実施された[2]。2000年には、女性が線路下のアンダーパスで刺殺された[3]

駅構造

編集
1 本線 ニューヨーク方面 カール・プレイス
モントーク支線英語版 通過
2 本線 ポートジェファーソン英語版方面 ヒックスヴィル
モントーク支線 通過

この駅は高床の相対式ホームを2面有し、どちらも有効長は12両である。1番線と隣接する北側のプラットホームは通常西行きまたはニューヨーク行き列車が使用する。2番線と隣接する南側のプラットホームは通常東行き列車が使用する。

この場所では本線の線路が2本通っている。

脚注

編集

外部リンク

編集

  ウィキメディア・コモンズには、ウェストバリー駅 (LIRR)に関するカテゴリがあります。