メインメニューを開く

ウェスリー・ポーク・チェンバレンWesley Polk "Wes" Chamberlain , 1966年4月13日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の元プロ野球選手外野手)。

ウェス・チェンバレン
Wes Chamberlain
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 (1966-04-13) 1966年4月13日(53歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1987年 MLBドラフト4巡目
初出場 MLB / 1990年8月31日
NPB / 1996年6月15日
最終出場 MLB / 1995年6月7日
NPB / 1996年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

シメオン高等学校から1984年MLBドラフト5巡目でピッツバーグ・パイレーツに指名されるが契約せず、ジャクソン州立大学に進学。その後、1987年のMLBドラフト4巡目でパイレーツに指名され契約。

1990年8月30日にフィラデルフィア・フィリーズにトレード移籍し、翌31日にメジャーデビュー。1994年シーズン途中にボストン・レッドソックスに移籍。

トロント・ブルージェイズ傘下(当時)のAAA級シラキュースを経て、1996年6月にダレル・ウィットモアとともに千葉ロッテマリーンズに入団し、来日。前年2位と躍進したロッテは、退団したフリオ・フランコピート・インカビリアに代えてジャック・ドウティースパイクの両外国人野手を獲得した。ところが両者ともまったくの不振で、6月に揃って解雇されてしまう。そこで入団したのがチェンバレンとウィットモアだった。

6月15日の対オリックス・ブルーウェーブ戦でウィットモアより一足早くデビューすると、5打数2安打2打点を記録し勝利に貢献した。シーズン終了まで主に4番を務め、ジャックとスパイクよりは成績を残したが、ウィットモア同様首脳陣の期待に応えるほどの成績は残せず、このシーズン限りで自由契約となり退団。

明るい性格でカメラに向かってポーズしたり、ホームランを放ちホームインする際に後方宙返りを披露していた。またこれらのシーンは珍プレー番組で取り上げられていた。

登録は外野手だったが外野を守ることはなく、一塁手指名打者での出場に終わった。

帰国後は、主にアメリカ独立リーグでプレー。2004年にアメリカ独立リーグのノーザンリーグに加盟するウィニペグ・ゴールドアイズでプレーしたのを最後に現役引退。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1990 PHI 18 47 46 9 13 3 0 2 22 4 4 0 0 0 1 0 0 9 0 .283 .298 .478 .776
1991 101 417 383 51 92 16 3 13 153 50 9 4 1 0 31 0 2 73 8 .240 .300 .399 .700
1992 76 289 275 26 71 18 0 9 116 41 4 0 1 2 10 2 1 55 7 .258 .285 .422 .707
1993 96 306 284 34 80 20 2 12 140 45 2 1 0 4 17 3 1 51 8 .282 .320 .493 .813
1994 24 72 69 7 19 5 0 2 30 6 0 0 0 0 3 0 0 12 3 .275 .306 .435 .740
BOS 51 176 164 13 42 9 1 4 65 20 0 2 0 0 12 2 0 38 6 .256 .307 .396 .703
'94計 75 248 233 20 61 14 1 6 80 26 0 2 0 0 15 2 0 50 9 .262 .306 .408 .714
1995 19 45 42 4 5 1 0 1 9 1 1 0 0 0 3 0 0 11 2 .119 .178 .214 .392
1996 ロッテ 68 290 261 26 66 11 0 11 110 38 7 2 0 0 26 0 3 52 8 .253 .328 .421 .749
MLB:6年 385 1352 1263 144 322 72 6 43 535 167 20 7 2 6 77 7 4 249 34 .255 .299 .424 .722
NPB:1年 68 290 261 26 66 11 0 11 110 38 7 2 0 0 26 0 3 52 8 .253 .328 .421 .749

背番号編集

  • 31 (1990年 - 1991年途中)
  • 44 (1991年途中 - 1994年途中)
  • 26 (1994年途中 - 1995年)
  • 11 (1996年)

関連項目編集

外部リンク編集