ウェディング・ベル・ブルース

ウェディング・ベル・ブルース」(Wedding Bell Blues)は、ローラ・ニーロ1966年に発表したデビュー・シングル。1969年にフィフス・ディメンションがカバーして全米チャート1位を記録した。

ウェディング・ベル・ブルース
ローラ・ニーロシングル
初出アルバム『More Than a New Discovery
B面 ストーニィ・エンド
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップロック
時間
レーベル ヴァーヴ・フォークウェイズ
作詞・作曲 ローラ・ニーロ
プロデュース ミルト・オクン[2]
ローラ・ニーロ シングル 年表
ウェディング・ベル・ブルース
(1966年)
グッドバイ・ジョー
(1967年)
テンプレートを表示
ウェディング・ベル・ブルース
フィフス・ディメンションシングル
初出アルバム『The Age of Aquarius
B面 Lovin' Stew
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 リバティ・スタジオ
ジャンル ポップロック
時間
レーベル ソウル・シティ・レコード
作詞・作曲 ローラ・ニーロ
プロデュース ボーンズ・ハウ
ゴールドディスク
プラチナディスク
チャート最高順位
フィフス・ディメンション シングル 年表
Workin' On a Groovy Thing
(1969年)
ウェディング・ベル・ブルース
(1969年)
Blowing Away
(1969年)
テンプレートを表示

概要編集

1966年9月17日、ニーロのシングルA面曲として発表された。B面は「ストーニィ・エンド」。ハーブ・バーンスタインが編曲を行った[1][2]。翌1967年1月発売のファースト・アルバム『More Than a New Discovery』に収録される。なお、同アルバムは1973年に再発された際に『ファースト・ソングス』とタイトルが変わり、アルバム・ジャケットも別のものになった[3]

ローラ・ニーロが1967年6月に開催されたモントレー・ポップ・フェスティバル出演した際、「ウェディング・ベル・ブルース」を歌う映像が残っている。

1969年5月フィフス・ディメンションの4枚目のアルバム『The Age of Aquarius』に収録される。9月にシングルカットされ、11月8日から11月22日にかけてビルボード・Hot 100で3週連続1位を記録した[4]。ビルボード・イージーリスニング・チャートで2週にわたって1位、同ソウル・チャートで23位を記録。1969年の年間チャートの40位を記録し、プラチナディスクに輝いた。また、カナダのチャートで1位を記録した。

その他のバージョン編集

  • サンドラ・アレキサンドラ - 1968年のアルバム『Warm & Wild』に収録[5]
  • ボビー・ジェントリー - 1970年のアルバム『Fancy』に収録。
  • ザ・ローチェス - 1997年に発売されたローラ・ニーロのトリビュート・アルバム『Time and Love: The Music of Laura Nyro』に収録。
  • リズ・キャラウェイ - 2001年のアルバム『The Beat Goes On』に収録。
  • レスリー・ゴーア - 2011年のコンピレーション・アルバム『Magic Colors - The Lost Album (with Bonus Tracks 1967-1969) 』に収録。

脚注編集

関連項目編集

先代:
エルヴィス・プレスリー
サスピシャス・マインド
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
(フィフス・ディメンション・バージョン)

1969年11月8日 - 11月22日(3週)
次代:
ビートルズ
サムシング / カム・トゥゲザー
先代:
ペギー・リー
「それだけのこと?」
Easy Listening ナンバーワン・シングル
(同上)

1969年11月1日 - 11月8日(2週)
次代:
グレン・キャンベル
「トライ・ア・リトル・カインドネス」