ウェリン・ガーデン・シティ

ウェリン・ガーデン・シティ(Welwyn Garden City)は、イギリスの首都ロンドンに近いハートフォードシャーの中央に位置する田園都市

ウェリン・ガーデン・シティ
The Parkway Fountain.jpg
View to the northwest from the Parkway Fountain
ウェリン・ガーデン・シティの位置(ハートフォードシャー内)
ウェリン・ガーデン・シティ
ウェリン・ガーデン・シティ
ハートフォードシャーにおけるウェリン・ガーデン・シティの位置
人口43,252人 [1]
英式座標
TL245135
ロンドン20 mi (32 km)
非都市ディストリクト
シャイア・カウンティ
リージョン
構成国イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域WELWYN GARDEN CITY
郵便番号AL7, AL8
市外局番01707
警察ハートフォードシャー
消防ハートフォードシャー
救急医療イースト・オブ・イングランド
欧州議会イースト・オブ・イングランド
英国議会
場所一覧
イギリス
イングランド
ハートフォードシャー
北緯51度48分22秒 西経0度11分36秒 / 北緯51.8062度 西経0.1932度 / 51.8062; -0.1932座標: 北緯51度48分22秒 西経0度11分36秒 / 北緯51.8062度 西経0.1932度 / 51.8062; -0.1932

「Welwyn」は「ウェリン」と読み、「ウェルウィン」[2][3][4][5]とするのは誤りである[6][7][8]

歴史編集

エベネザー・ハワードが提唱した田園都市運動の中で、レッチワースに続く第二の田園都市として、第一次大戦後の1920年からロンドンの北に建設された都市である。資金の不足で建設が遅れていたため、第二次大戦後に制定されたニュータウン法によってニュータウンとして指定され、建設が継続された。

出身人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Office for National Statistics, 2001 Census, Key statitistics for HCC settlements Usual resident populations
  2. ^ 例えば、吉田 恭 , 越澤 明『レッチワース,ウェルウィン・ガーデンシティの居住環境維持におけるマネジメントスキームの役割(都市計画) 』日本建築学会技術報告集 9(18), 297-302, 2003年。吉田 恭「海外報告 ウェルウィン・レッチワース・ハムステッドの今日」(『新都市』 56(9), 71-84,巻頭2p, 2002年9月号
  3. ^ 例えば、堀江 興「イギリスの田園都市レッチワースとウェルウィンを訪ねて」(『アメニティ研究』 4, 14-17, 2002年)、森 毅彦『ウェルウィン・ガーデン・シティの今日-ウェルウィン・ガーデン・シティ協会の活動を通して』 (特集 田園都市への再訪)『新都市』 55(12), 80-88, 2001年12月号
  4. ^ 例えば、ウェルウィン』 - コトバンク
  5. ^ 例えば、 近代イギリス田園都市運動の展開 - 広島大学「第二の田園都市ウェルウィン・ガーデンシティ(Welwyn. Garden. City. )が建設される。ウェルウィンはロンドンから…」。田園都市論の現代的意義「1920年には、第二田園都市ウェルウィンの 現代的意義…」
  6. ^ 木原研三編 『大きな活字のコンサイス英和辞典』(第13版) 三省堂、2002年、p.1616.
  7. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典第二版編集委員会 『小学館ランダムハウス英和大辞典』(第2版) 小学館、1994年、p.3088.
  8. ^ 竹林滋(編者代表) 『研究社新英和大辞典』(第6版) 研究社、2002年、p.2799.

関連項目編集

外部リンク編集