ウェールズ聖公会

ウェールズ聖公会(ウェールズせいこうかい、英語:Church in Wales, ウェールズ語:Yr Eglwys yng Nghymru)は、キリスト教の一派のアングリカン・コミュニオンのひとつ。イギリスウェールズを中心に活動する。

1920年までイングランド国教会の一部であり、ウェールズの国教はイングランド国教会だった。19世紀末から非国教会系の教派がウェールズに広まり、ほとんどのウェールズの教会は非国教会的になったが、イングランド国教会の教会しかウェールズにはなかった。20世紀初め、デイヴィッド・ロイド=ジョージなどの非国教徒の政治家の影響があり、イギリス議会はイングランド国教会から分離独立したウェールズ聖公会を置くウェールズ聖公会法英語版を可決した[1][2]。1920年に同法の施行以降、ウェールズではウェールズ聖公会は国教の扱いを受けなくなった。

ウェールズ聖公会はイングランド国教会からも政府からも独立している。イングランド国教会最高位の聖職者であるカンタベリー大主教を全世界のアングリカン・コミュニオンの霊的指導者と認めているが、カンタベリー大主教は公式にはいかなる権限もウェールズ聖公会に対して持たない。

ウェールズ聖公会が創設される以前は、ウェールズ全体がカンタベリー大主教の監督下にあり、4つの主教区に分割されていた。

  • バンゴール
  • セント・アサフ
  • セント・デイヴィッズ
  • ランダフ

1920年、新たに2つの主教区が創設された。

ウェールズ聖公会の主教は、新たに主教を選出する主教区の代表、他の主教区の代表、他のすべての主教によって選挙で選ばれる。ウェールズ大主教は6人の主教の中から選出され、選出後はウェールズ大主教と自分の以前の任地の主教を兼職する。現在ウェールズ聖公会は、女性主教を按手していない。

キリスト教としての信仰の確立の歴史

イエスの復活信仰の確立・ナザレのイエスの死を通しての贖罪信仰の確立・主イエス・キリスト信仰の確立・終末信仰の確立については、プロテスタント#キリスト教としての信仰の確立の歴史を参照

聖書は神の言葉という信仰の確立

聖書は神の言葉という信仰の確立については、旧約聖書#神の言葉として成立した聖書の歴史を参照

教義編集

おとめマリアより生まれたイエス編集

  • ナザレのイエスは、処女マリアから生まれた、と信じる。聖書に書いてある通りである。

ナザレのイエスは死んだけれども、よみがえった編集

  • 罪がないナザレのイエスは死刑になったが、死んでから三日たってからまた生き返った、と信じる。聖書に書いてある通りである。

ナザレのイエスは天に昇って行ってから、神の右に座った編集

  • ナザレのイエスはみんなの見ている前で、天に昇って行った、と信じる。聖書に書いてある通りである。
  • ナザレのイエスは再び天から降りてきて、最後の審判の時に、今現在生きている者と、すでに死んだ者とをさばくと信じる。
  • すでに死んだ人でも生き返ると信じる。イエスを救い主と信じる人は、神の国が到来したら、新しい命がもらえると信じる。

聖書は神の言葉だと信じる編集

指導者が聖霊に満たされて語る言葉は、神の言葉とされているので、聖霊に満たされて書かれた聖書は、神の言葉である。[3]

脚注編集

  1. ^ 田中, 嘉彦. “英国ブレア政権下の貴族院改革 : 第二院の構成と機能”. 一橋大学機関リポジトリ. 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ Parliamentary Standard Note on the Parliament Acts”. 2020年3月5日閲覧。 (235 KB) (SN/PC/00675) (last updated 24 February 2014, in PDF format, 29 pages)
  3. ^ なお、聖書が神の言葉として成立した経緯については旧約聖書#神の言葉として成立した聖書の歴史を参照