メインメニューを開く

ウエストサイド・エクストリーム・レスリング

ウエストサイド・エクストリーム・レスリングWestside Xtreme Wrestling)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ルール地方を拠点としているプロレス団体[1]。略称はwXw。ルール地方の工業都市オーバーハウゼンを本拠地としている[1]

概要編集

2000年12月24日、ヘイトことペーター・ヴィーヒャーズが設立[2]

2001年、旗揚げ戦を開催。

2006年に至るまでヘイトが主宰を務めて、それから数度にわたる主宰の変遷を経てきている[1]

ドイツを舞台に活動する数多の選手に加えてクリス・ヒーローブライアン・ダニエルソンマイク・カッケンブッシュなどといったアメリカインディー界で活動している選手の参戦もあり更には三沢光晴小橋建太ジェイク・ロバーツなどをレジェンドとして招聘してきた[1]

プロレスリング・ノアDRAGON GATEPWGCHIKARAなどといった国外のプロレス団体との関係を築いている[1]。いつしかアメリカと日本から選手の参戦が見られるようになった[3]

2011年大日本プロレスCZWと業務提携を結んだことを発表。相互参戦や合同興行を開催している。

2014年GFWと業務提携を結んだことを発表[4]

タイトル編集

2010年に創設。日本人選手で最初の獲得者は関本大介
2001年に創設。ヘビー級王座の閉鎖に伴いライト級王座に統合されて統一世界王座になると共に2010年に消滅[5]
2001年に創設[6]
2001年に創設。ヘビー級王座との統合に伴い統一世界王座になるとともに2010年に消滅[7]
2003年に創設。クレオパトラが初代王者となったが、それきりで廃止。
2001年に創設。エイジ・クチナワと名乗るマスクマンが同年8月に初代王者となり、その後は地元ドイツの数多の選手らに加えてマッドマン・ポンドサンドマンイアン・ロッテンネクロ・ブッチャーなどといった国外出身の選手らの手にも渡った。ハードコア部門の閉鎖に伴い2006年をもって廃止。ネクロ・ブッチャーがその最終保持者となった[8]

出典編集

外部リンク編集