メインメニューを開く

ウエスト神姫

株式会社ウエスト神姫(ウエストしんき)は、神姫バス子会社である。乗合バス貸切バス、定期観光バスの運行、及び旅行代理業を営む。本社は兵庫県相生市竜泉町394-1。

株式会社ウエスト神姫
West shinki 2651.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
678-0072
兵庫県相生市竜泉町394番地1
本店所在地 670-0913
兵庫県姫路市西駅前町1番地[1]
設立 1996年10月1日
業種 陸運業
法人番号 8140001057877
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業他
代表者 代表取締役社長 須和憲和
資本金 3,000万円
売上高 8億4,300万円(2011年度
主要株主 神姫バス(100%)
テンプレートを表示

目次

概要編集

神姫バスの路線網から兵庫県赤穂市及び赤穂郡上郡町佐用郡佐用町地区の事業を分離し、1996年10月1日に設立された。その後は宍粟(しそう)市たつの市地域の神姫バス姫路営業所山崎出張所の路線の管理を受託していたが、2011年10月1日より路線の移管を受けて自社路線に切り替わった。また、神姫バスから姫路営業所山崎出張所の管理の受託も行っている。

各営業所所在地編集

カッコ内は営業所・出張所の略号。所属全車が姫路ナンバーである。

  • 相生営業所(相)
  • 赤穂営業所(赤)
  • 相生営業所上郡車庫(相)・赤穂営業所上郡車庫(赤)(共用)
  • 相生営業所テクノ車庫(相)
  • 山崎営業所(山:神姫バス姫路営業所山崎出張所の路線も管理受託)
  • 山崎営業所千種車庫(山)
  • 山崎営業所横山車庫(山)
  • 山崎営業所皆木車庫(山)
  • 山崎営業所龍野車庫(山)
  • 山崎営業所大浦車庫(山)

路線編集

2017年3月15日より、これまでICカード乗車券が使用できなかった赤穂営業所管内でも神姫バス発行のICカード乗車券NicoPaをはじめとする全国交通系ICカード乗車券が使用できるようになった。一方、2015年12月2日の宍粟市の公共交通再編に伴い(後述)、山崎営業所が管理する自社路線ではICカード乗車券は使用できなくなっている。

高速路線編集

一般路線編集

 
一般路線用のバス(上郡、2008年6月23日)

相生地区編集

  • 11 (特急)相生駅 - 西播磨総合庁舎西 - 粒子線医療センター - SPring-8正門前 - SPring-8[2](平日のみの運転)
  • 12 (急行)相生駅 - 県立大附属高校前 - テクノ中央 - 芝生広場(播磨科学公園都市)(平日のみの運転)
  • 50・15・10/15・10 (相生港 - 相生市役所前 - 旭橋 - 相生税務署前 -) 相生駅 - 車庫前 - 西後明 - 下頃 - 瓜生東 - 県立大附属高校前 - テクノ中央 - 芝生広場(播磨科学公園都市) - (播磨高原東中学校) - 西播磨総合庁舎西 - 粒子線医療センター - SPring-8正門前 - SPring-8[2]
  • 50・16/16 (相生港 ← 相生市役所前 ← 旭橋 ← 相生税務署前 ←) 相生駅 - 車庫前 - 若狭野農協前 - 下田 - 下頃 - 瓜生 - 県立大附属高校前 - テクノ中央 - 芝生広場(播磨科学公園都市) - 播磨高原東中学校 - 西播磨総合庁舎西 - 粒子線医療センター - SPring-8正門前 - SPring-8[2]
  • 60 車庫前 - 山手二丁目 - 相生駅 - 相生税務署前 - 旭橋 - 相生市役所前 - 白龍城 - 緑ヶ丘南 - 若狭野農協前 - 下田 - 下頃 - 瓜生 - 榊
  • 61 車庫前 - 山手二丁目 - 相生駅 - 相生税務署前 - 旭橋 - 相生市役所前 - 白龍城 - 緑ヶ丘南 - 若狭野農協前 - 小河 - 下頃 - 瓜生 - 榊
  • 65 車庫前 - 緑ヶ丘南 - 那波港 - 相生税務署前 - 相生駅
  • 65 車庫前 - 緑ヶ丘南 - 白龍城 - 相生市役所前 - 旭橋 - 相生税務署前 - 相生駅 - 山手二丁目 - 車庫前
  • 50 万葉の岬 - 相生港 - 相生市役所前 - 旭橋 - 相生税務署前 - 相生駅
  • 56・55 万葉の岬 - 相生港 - 相生市役所前 - 旭橋 - 那波野郵便局前 - 相生駅
  • 52 相生港 - 相生市役所前 - 旭橋 - 相生税務署前 - 相生駅 - 山手二丁目 - 池ノ内北
  • 30 上郡駅 → 上郡橋 → 金出地 → テクノ中央 → 芝生広場(播磨科学公園都市) → 西播磨総合庁舎西 → 粒子線医療センター(平日のみの運転)
  • 31 上郡駅 - 上郡橋 - 金出地 - テクノ中央 - 県立大附属高校前 (← テクノ中央 ← 芝生広場(播磨科学公園都市) ← 西播磨総合庁舎西 ← 粒子線医療センター)(平日のみの運転)
  • 20 新宮駅 - (ふれあいしんぐう) - 千本 - テクノ中央 - 芝生広場(播磨科学公園都市) - 西播磨総合庁舎西 - 粒子線医療センター - SPring-8正門前 - SPring-8[2]
  • 21 新宮駅 - (ふれあいしんぐう) - 千本 - テクノ中央 - 県立大附属高校前 - テクノ中央 - 芝生広場(播磨科学公園都市) - 西播磨総合庁舎西 - 粒子線医療センター - SPring-8正門前 - SPring-8[2]

赤穂地区編集

  • 3/4 播州赤穂駅 - 居村 - 関西福祉大学前(平日のみの運転)
  • 41・3/5 赤穂市民病院 - 大石神社前 - 赤穂営業所 - 加里屋 - 播州赤穂駅 - 居村 - (関西福祉大学前) - 清水 - 湯の内団地
  • 41・3/4・6・7 赤穂市民病院 - 大石神社前 - 赤穂営業所 - 加里屋 - 播州赤穂駅 - 居村 - (関西福祉大学前) - (清水 - 湯の内団地 - 清水) - 槙
  • 3/43 赤穂営業所 - 加里屋 - 播州赤穂駅 - 城西小学校 - 大石神社前 - 赤穂市民病院 - 千鳥南口
  • 2 播州赤穂駅 ← イオン赤穂店前 ← 大石神社前 ← 赤穂市民病院 ← 千鳥南口
  • 3/43 城西小学校 - 赤穂市民病院 - 千鳥南口(スクールバス)(平日のみの運転)
  • 11・13/21・23・24・27 播州赤穂駅 - 加里屋 - 赤穂営業所 - (南宮町) - 御崎 - かんぽの宿赤穂
  • 1/31・33・40 播州赤穂駅 - 加里屋 - 赤穂営業所 - 赤穂市民病院 - 赤穂高校 - (南宮町) - 御崎 - かんぽの宿赤穂
  • 2/32 播州赤穂駅 - イオン赤穂店前 - 赤穂営業所 - 赤穂市民病院 - 赤穂高校 - 御崎 - かんぽの宿赤穂
  • 1 播州赤穂駅 - 加里屋 - 赤穂営業所 - 大石神社前 - 赤穂市民病院 - 赤穂海浜公園 - 御崎 - かんぽの宿赤穂(土日祝日のみの運転)
  • 2 播州赤穂駅 - イオン赤穂店前 - 赤穂営業所 - 大石神社前 - 赤穂市民病院 - さつき町 - 尾崎小学校 - 坂越駅 - 小島
  • 41/9 (赤穂高校 ←) 赤穂市民病院 - 大石神社前 - 赤穂営業所 - 加里屋 - 播州赤穂駅 - 桜木 - 根木 - 東有年 - 有年駅(平日1往復のみの運転)
  • 41/8 赤穂市民病院 - 大石神社前 - 赤穂営業所 - 加里屋 - 播州赤穂駅 - 桜木 - 千種集会所前 - 東有年 - 高田台 - 上郡橋 - 上郡駅(1日1往復のみの運転)
  • 上郡駅 - ハイツあゆみ前 - 高田台 - 上郡ネオポリス

宍粟市発着路線編集

宍粟市と市外を結ぶ一般路線と、宍粟市内だけで完結する路線(市外連絡路線・市内完結路線)に大別される。

2015年11月2日から宍粟市の公共交通が大規模に再編され、交通空白地域の解消を目的として市内完結路線の運行が開始された一方、それまで宍粟市内のみを運行していた路線バスと従前から運行していたコミュニティバスが統合され、市外連絡路線と位置付けられた。市内完結路線と市外連絡路線は総称して「しーたんバス」と名付けられ、原則として1乗車200円均一となった[3]。これに伴いそれまで市外連絡路線で利用可能だったICカード乗車券は利用できなくなったが、市外連絡路線で運行する車両は一般路線と共用のため、ICカード対応機器を使用停止扱いとして運行している。

指定されたバス停で他のしーたんバス路線へ乗継ぐ時は、降りる時に運転者に申し出て乗継券を受け取り[4]、2時間以内に乗継ぐ必要がある。

以下の路線は宍粟市と市外を結ぶ路線で、一般路線として運行される。

宍粟市 - たつの市 - 太子町 - 姫路市
  • 山崎 - 香島橋 - 北龍野 - 龍野 - 川原町(スクールバス。平日のみ運行)
  • 50 (加生山崎高校前 - )山崎 - 香島橋 - 新宮東口 - 新宮駅 - 新宮東口 - 北龍野 - 龍野 - 鵤(いかるが) - JR網干駅 - 山電網干 - 網干港 - ダイセル
  • 55 山崎 - 香島橋 - 新宮東口 - 新宮駅 - 新宮東口 - 東觜崎公民館前 - 龍野中央病院前 - 龍野 - 鵤 - JR網干駅 - ツカザキ病院 - 山電網干 - 網干港 - ダイセル前(平日のみ運行)
市外連絡路線
  • 70 (加生山崎高校前 - )山崎 - 東市場 - 曲里(まがり) - 皆木 - 原 - 道谷 - 戸倉
    • かつては姫路駅から山崎を経由して戸倉までを結ぶ長距離路線だったが、その後山崎で路線が分断され、さらに2008年4月に原 - 戸倉間が波賀町ミニバスに代替されたが、2015年11月2日のダイヤ改正で波賀町ミニバスを吸収のうえ原 - 戸倉間が再び延伸され、同区間のバスの運転が復活した。
  • 60・61 (加生山崎高校前 - )山崎 - 東市場 - 曲里 - 福知 - 三方 - (まほろばの湯) - 横山 - 倉床
    • 横山 - 倉床間は平日のみの運行である。また、下り便は倉床を基準としてダイヤが組まれているため、山崎方面からその日のうちにバスで倉床まで往復することはできない。
  • 75 (加生山崎高校前 - )山崎 - 東市場 - 曲里 - 皆木 - 斉木 - 千種市民局前 - エーガイヤちくさ
    • 皆木 - エーガイヤちくさ間はコミュニティバス「はちはちバス」(ウエスト神姫運行、土休日運休)で運行されていたが、2015年11月2日のダイヤ改正で皆木 - 山崎間が延伸され、毎日運行に改められた。
  • 80 山崎 - 加生山崎高校前 - 葛根 - 土万 - 下三河 - 船越 - 名目津輪 - エーガイヤちくさ - 千種市民局前 - 千種 - 西河内
    • 途中の下三河 - 名目津輪間のバス停は佐用町内に所在するため、この区間をまたがって乗車する場合および宍粟市内とこの区間内の相互乗車の場合は1乗車300円となる[5]。このため、旧千種町中心部と山崎の間を乗車する場合は曲里経由のほうが所要時間が長いが運賃は安くなる。
    • 2018年6月22日から日本郵便と提携の上で、播磨山崎郵便局 - 千種郵便局間の郵便物を路線バスに積載する貨客混載バスの運行を開始した。郵便物を路線バスに積載する貨客混載バスの運行は、近畿地方では初めてとなる[6][7]
市内完結路線
  • 全25路線があり、いずれもワゴン車を使用して週1~5日運転されている。なお、蔦沢線・大谷線についてはウエスト神姫ではなく市内の篠陽タクシーが担当している。

姫路市・たつの市発着路線編集

姫路市
  • 53 JR網干駅 - 東芝 - 上余部 - 下余部 - 山電網干
姫路市 - たつの市

東備西播定住自立圏 圏域バス編集

愛称は「ていじゅうろう」。

2012年3月5日から運行開始、東備西播定住自立圏形成推進協議会(赤穂市・上郡町、岡山県備前市)からの受託運行で、同バスの備前ルートの運行を担当している。2009年に津山・大原・粟倉地区から撤退して以来、高速バス、観光バスを除いて神姫バスグループの路線バスが岡山県へ顔を出す唯一の路線である。全便日曜運休。

2015年9月まで日生運輸(備前バス)が月曜・水曜・金曜、ウエスト神姫が火曜・木曜・土曜の運行をそれぞれ担当していたが、日生運輸が路線バス事業から撤退した同年10月以降はウエスト神姫が全面的に担当している。

上郡ルート
  • 上郡駅 - ハイツあゆみ前 - 東有年 - 根木 - 南野中 - イオン赤穂店 - 赤穂市民病院
    • 赤穂市内のみおよび上郡町内のみを乗車する場合は1乗車100円、赤穂市内と上郡町内の相互乗車の場合は1乗車200円となる。
備前ルート
  • 吉永病院前 - 牛神社入口 - 三石駅 - 渡瀬 - 福石下 - 清水 - 関西福祉大学 - 赤穂市民病院 - イオン赤穂店
    • 畑‐金谷西間と土師神根集落はフリー乗降区間。
    • 赤穂市内のみを乗車する場合は1乗車100円、備前市内のみを乗車する場合および赤穂市内と備前市内の相互乗車の場合は1乗車200円となる。

廃止路線編集

  • 万葉の岬 - 相生港 - 相生駅 - 本竜野駅 - 龍野
  • 上郡 - 佐用
  • 上郡 - 上郡ネオポリス - 中野
  • 佐用 - 東中山(町営バスに移行)
  • 佐用 - 徳久駅 - 船越(コミュニティバスに移行)
  • 赤穂市民病院‐赤穂駅・坂越駅‐小島・アース製薬(尾崎地区経由にルート変更)
  • 播州赤穂駅‐イオン赤穂店前・さつき町・尾崎小学校前‐アース製薬(コミュニティバスに移管)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ウエスト神姫国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ a b c d e SPring-8正門前⇔SPring-8間は、SPring-8の一般公開の際以外は入構許可証を所有していないと乗車できない。
  3. ^ 路線図(宍粟市) 神姫バスHP 2016年2月28日閲覧
  4. ^ 市外連絡路線用の車両の場合は、受け取った乗継券をタイムスタンプに通す必要がある。
  5. ^ ただし、市民乗車証を利用すると1乗車200円となる。
  6. ^ 播磨山崎郵便局(兵庫県)における路線バスを使用した郵便物等の運送開始 (PDF)”. 日本郵便株式会社近畿支社 (2018年6月18日). 2018年8月20日閲覧。
  7. ^ “近畿初、路線バスでの郵便輸送スタート 宍粟” (PDF). 神戸新聞. (2018年6月22日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011378354.shtml 2018年8月20日閲覧。 

外部リンク編集