メインメニューを開く

ウエルシア薬局株式会社(ウエルシアやっきょく)は、日本ドラッグストアである。

ウエルシア薬局株式会社
Welcia Yakkyoku Co., Ltd.
Welcia tomobe.JPG
種類 株式会社
市場情報
東証2部 2717
2004年9月21日 - 2008年8月26日
略称 ウエルシア
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田2-2-15 ウエルシアビル
設立 1974年4月19日
(株式会社十字・1959年12月創業)
業種 小売業
法人番号 3030001002411
事業内容 調剤併設型ドラッグストアチェーン
代表者 代表取締役会長 水野秀晴
代表取締役社長 松本忠久
資本金 1億円(2016年2月末日)
売上高 単体4,325億54百万円(2016年2月期)
総資産 単体1,679億69百万円
(2016年2月末日)
従業員数 1829名(単体正社員)
決算期 2月末日
主要株主 ウエルシアホールディングス株式会社:100%
主要子会社 ウエルシア介護サービス株式会社
ウエルシア オアシス株式会社
関係する人物 鈴木孝之(創業者)
外部リンク www.welcia-yakkyoku.co.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

東北関東甲信越北陸東海関西中国に1,709店舗(2019年3月時点)を出店しており、2019年3月時点での調剤受付店は約7割の1,246店舗、うち54店舗は調剤専門店である。

初期は「グリーンクロス」や「コア」の名称でドラッグストアを営業していたが、2002年に「ウエルシア」に名称を統一した。

2008年9月1日静岡県高田薬局と株式移転により、共同持株会社「グローウェルホールディングス」が設立された。

2008年8月26日にウエルシア関東は上場を廃止。グローウェルホールディングスが上場した。

2012年9月1日にグローウェルホールディングスは「ウエルシアホールディングス株式会社」に商号変更した。

2013年3月1日に介護事業に特化することとなった寺島薬局からドラッグストア事業を譲り受けて茨城県栃木県埼玉県千葉県長野県の店舗数が増え、福島県が新たに編入されて東北地方に進出した。

2014年9月1日に、高田薬局(ウインダーランド)・ウエルシア関西(イレブン・ハートランドなど)・ウエルシア京都の3社を吸収合併し、ウエルシア関東は商号をウエルシア薬局に変更した。合併に先立ち、高田薬局とウエルシア関西は2014年にこれまで使用していた屋号から当社と同じ「ウエルシア」に順次屋号変更しており、統合によって高田薬局が運営していた静岡県愛知県、ウエルシア関西運営の店舗が多い近畿地方が編入され、東北から近畿まで広範囲に展開するようになった。

2015年12月1日にタキヤを、2016年9月1日CFSコーポレーションを、2019年3月1日に一本堂を順次吸収合併しており、CFSコーポレーションを吸収合併した際には、同社が運営していた「ハックドラッグ(派生業態を含む)」の運営を引き継いでおり、「ウエルシア」との2ブランド体制で展開されているが、「ウエルシア」への屋号変更や閉店に伴い、統合当初の5都県から2都県に営業エリアが縮小されている。

イオングループに属しており、店舗によっては近隣のオリジン弁当店舗で製造された弁当や惣菜の販売を行っていてグループ内での連携を行っている面もあるが、ポイントサービスはTポイントを主体としており[1][2]ミニストップと同業のセイコーマートから商品供給を受けたり[3][4]イオン銀行と同業のりそな銀行のATM「バンクタイム」を店内に設置するなど[5][6][7]、一線を画す場面も見られる。

なお、イオンが2000年代初頭に策定した計画では2010年頃までに薬局事業を1社に統合する計画があった[8]が、その後上記の統合に落ち着いた。

沿革編集

  • 1959年12月 - 小関典旦が東京都府中市住吉町一丁目50番1に「十字薬局」を開業。
  • 1965年12月 - 鈴木孝之が埼玉県春日部市において「一の割薬局」を開業。
  • 1968年10月 - 一の割薬局を有限会社鈴木ファーマスィに改組。
  • 1971年 - 現ウエルシアHD会長の池野隆光が埼玉県坂戸市で「池野ドラッグ(店名:トップ)」を開業[9]
  • 1974年4月 - 十字薬局を株式会社十字に改組。
  • 1980年代〜 鈴木ファーマースィが「グリーンクロス」、(株)十字が「コア」というブランドでドラッグストアを出店し始める。
  • 1995年 - 有限会社鈴木ファーマスィを株式会社グリーンクロスに改組。
  • 1997年
    • 7月 - 株式会社十字を株式会社グリーンクロス・コアに商号変更。
    • 9月 - 株式会社グリーンクロス・コアが株式会社グリーンクロスを吸収合併。会長に小関、社長に鈴木が就く。
  • 1998年 - 本社を埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区三橋六丁目185番地に移転。
  • 1999年
    • 4月 - 有限会社リカーショップワタナベを吸収合併。
    • 8月 - 株式会社ツルハと業務資本提携。
    • 11月 - 有限会社高橋商店(酒類販売)の営業を譲り受ける。
    • 12月 - 有限会社コア・コーポレーションを設立し、薬事法における薬種商販売業についての販売業務委託契約を締結[10]
  • 2000年2月 - 現イオン株式会社と業務資本提携。
  • 2001年
  • 2002年
    • 3月 - 株式会社池野を吸収合併。
    • 4月 - 本社を埼玉県さいたま市(現さいたま市見沼区東大宮四丁目47番7号に移転。
    • 7月 - 店舗名を「ウエルシア」に全社統一。
  • 2004年9月 - 東証2部上場
  • 2005年12月 - 社名をグリーンクロス・コアからウエルシア関東株式会社に変更。
  • 2006年
    • 3月 - 旧イオン・ウエルシア・ストアーズ会員の株式会社いいのを吸収合併。
    • 12月 - 子会社の株式会社ナカヤを吸収合併。
  • 2008年
  • 2010年
  • 2011年3月1日 - 特例子会社としてウエルシア オアシス株式会社を設立。
  • 2012年
    • 4月27日 - 親会社のグローウェルホールディングスが東証1部に指定替え。
    • 3月13日 - Tポイントを導入[12]。同時に「ウエルシアTポイントカード」の発行を開始し、従来のポイントカードは1年間のポイント清算移行期間を経て廃止となる。
    • 9月1日 -
      • 親会社のグローウェルホールディングスが「ウエルシアホールディングス株式会社」に商号変更。
      • ドラッグフジイを吸収合併。これにより、富山県(「ウエルシアフジイ」)と石川県の店舗を当社店舗に編入する。
  • 2013年3月1日 - 寺島薬局を完全子会社化するとともに、同社からドラッグストア事業を譲受[13](当初は寺島薬局を吸収合併する予定だった[14]が、介護事業を残した上でドラッグストア事業の譲受に計画変更された)。これにより、福島県の店舗を当社店舗に編入する。
  • 2014年
    • 4月3日 - 「ウエルシア仙台あすと長町店」のオープンにより、宮城県に進出。
    • 5月1日 - 子会社の寺島薬局をウエルシア介護サービス株式会社に商号変更。
    • 6月1日 - 子会社のウエルシアプラス株式会社を吸収合併[15]
    • 6月12日 - 「ウエルシア相良精華台店」のオープンにより、京都府に進出(併せて、当社における関西地区1号店となる)。
    • 6月19日 - 「ウエルシア東近江八日市店」のオープンにより、滋賀県に進出。
    • 9月1日 - イオン株式会社が保有していた当社株式を当社親会社のウエルシアホールディングス株式会社の株式へ株式交換を行ってウエルシアホールディングス株式会社の完全子会社となった後、高田薬局・ウエルシア関西・ウエルシア京都を合併してウエルシア薬局株式会社に商号変更[16]。これにより、東海・関西地方の店舗を当社店舗に編入する。
    • 12月 - 本社を東京都千代田区外神田二丁目2番15号に移転。
  • 2015年
    • 1月22日 - 「ウエルシア岐阜加納本石町店」のオープンにより、岐阜県に進出。
    • 2月1日 - 旧・ウエルシア関東子会社の有限会社コア・コーポレーションと旧・高田薬局子会社の有限会社ウィンダー・インクの2社を吸収合併[17]
    • 12月1日 - グループ会社のタキヤ株式会社を吸収合併[18]し、同社が運営していた店舗を当社店舗に編入する。
  • 2016年
    • 2月 - 日本橋ファーマ株式会社と有限会社ウエルテック(現・株式会社B.B.ON)を株式取得により子会社化する。
    • 5月5日 - 「ウエルシア寒河江栄町店」のオープンにより、山形県に進出。
    • 9月1日 -
      • 株式会社CFSコーポレーションを吸収合併し、「ハックドラッグ(派生業態のハックエクスプレス・ハックベリーを含む)」の運営を引き継ぐ[19]
      • この合併に伴い、株式会社CFSコーポレーションの子会社だった株式会社函南ショッピングセンターが当社の傘下となる。なお、特例子会社の株式会社CFSサンズは親会社の合併と同じ日に当社の特例子会社であるウエルシアオアシス株式会社へ吸収合併した。
  • 2017年6月1日 - 日本橋ファーマ株式会社を吸収合併。
  • 2018年1月25日 - 「ウエルシア盛岡本宮店」のオープンにより、岩手県に進出。
  • 2019年
    • 2月28日 - 株式会社ジュンテンドーから、「サンデーズ」の店舗ブランドで展開していたドラッグストア7店舗を事業譲受[20]
    • 3月1日 - 一本堂を吸収合併し、同社が運営していた「ウエルシア」を当社店舗に編入する。
    • 3月9日 - 旧「サンデーズ」店舗だった「ウエルシア益田駅前店」のオープンにより、島根県に進出(併せて、当社における中国地区1号店となる)。
    • 3月16日 -
      • 「ウエルシア山県安芸太田店」のオープンにより、広島県に進出。
      • 新業態として、流通チャネルが限定されている国内外のラグジュアリー化粧品を専門とするラグジュアリーコスメセレクトショップ「NARCIS(ナルシス)」を立ち上げ、ダイバーシティ東京プラザ内に1号店をオープン[21]

店舗数編集

2019年3月時点の店舗数を以下に記す。なお、東京都と神奈川県を除く全エリアは「ウエルシア」のみの展開となっており、前述したとおり、千葉県・山梨県・静岡県も統合当初は「ハックドラッグ」を展開していたが、後に「ウエルシア」へブランド統一されている。

  • 東北地方 - 57店舗(うち、調剤受付店30店舗)
    • 岩手県 - 5店舗(うち、調剤受付店1店舗)
    • 宮城県 - 8店舗(全店舗調剤受付店)
    • 山形県 - 15店舗(うち、調剤受付店5店舗)
    • 福島県 - 29店舗(うち、調剤受付店16店舗)
  • 関東地方 - 946店舗(うち、調剤受付店705店舗、調剤専門店31店舗)
    • 茨城県 - 141店舗(うち、調剤受付店104店舗、調剤専門店3店舗)
    • 栃木県 - 59店舗(うち、調剤受付店38店舗、調剤専門店1店舗)
    • 群馬県 - 52店舗(うち、調剤受付店36店舗、調剤専門店1店舗)
    • 埼玉県 - 184店舗(うち、調剤受付店158店舗、調剤専門店4店舗)
    • 千葉県 - 132店舗(うち、調剤受付店117店舗、調剤専門店1店舗)
    • 東京都 - 175店舗(うち、調剤受付店115店舗、調剤専門店12店舗)
      • ウエルシア - 173店舗(うち、調剤受付店113店舗、調剤専門店12店舗)
      • ハックドラッグ - 2店舗(全店舗調剤受付店)
    • 神奈川県 - 203店舗(うち、調剤受付店137店舗、調剤専門店9店舗)
      • ウエルシア - 48店舗(うち、調剤受付店39店舗、調剤専門店1店舗)
      • ハックドラッグ - 155店舗(うち、調剤受付店98店舗、調剤専門店8店舗、ハックエクスプレス2店舗)
  • 甲信越地方 - 120店舗(うち、調剤受付店87店舗)
    • 新潟県 - 61店舗(うち、調剤受付店44店舗)
    • 山梨県 - 30店舗(うち、調剤受付店20店舗)
    • 長野県 - 29店舗(うち、調剤受付店23店舗)
  • 北陸地方 - 55店舗(うち、調剤受付店29店舗、調剤専門店1店舗)
    • 富山県 - 39店舗(うち、調剤受付店18店舗、調剤専門店1店舗)
    • 石川県 - 16店舗(うち、調剤受付店11店舗)
  • 東海地方 - 287店舗(うち、調剤受付店167店舗、調剤専門店12店舗)
    • 岐阜県 - 4店舗(うち、調剤受付店3店舗)
    • 静岡県 - 217店舗(うち、調剤受付店122店舗、調剤専門店11店舗)
    • 愛知県 - 41店舗(うち、調剤受付店29店舗、調剤専門店1店舗)
    • 三重県 - 25店舗(うち、調剤受付店13店舗)
  • 関西地方 - 239店舗(うち、調剤受付店172店舗、調剤専門店10店舗)
    • 滋賀県 - 14店舗(うち、調剤受付店12店舗)
    • 京都府 - 13店舗(うち、調剤受付店9店舗、調剤専門店1店舗)
    • 大阪府 - 116店舗(うち、調剤受付店84店舗、調剤専門店5店舗)
    • 兵庫県 - 84店舗(うち、調剤受付店59店舗、調剤専門店4店舗)
    • 奈良県 - 8店舗(うち、調剤受付店7店舗)
    • 和歌山県 - 4店舗(うち、調剤受付店1店舗)
  • 中国地方 - 5店舗(うち、調剤受付店2店舗)
    • 島根県 - 4店舗(うち、調剤受付店2店舗)
    • 広島県 - 1店舗(調剤受付店なし)

プライベートブランド編集

  • トップバリュ - イオングループに属しているため食料品日用品の一部が店舗に置かれている。
  • ウェルマーク(welmark) - ウエルシアのプライベートブランド。日用品が中心である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ イオングループで導入している電子マネーのWAONも一部店舗を除いて利用可能だが、カード式のSMART WAONは利用出来ず、Tカードに付帯して利用できるTマネーによる支払いもできる。
  2. ^ イオングループでTポイントを主体としたポイントサービスを行っているのは他にもマルエツユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス傘下)がある。
  3. ^ セコマ、ウエルシアにワイン供給”. 日本経済新聞(2017年4月25日作成). 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ ただし、ウエルシアグループやミニストップはセイコーマートの主要出店地域である北海道には出店していない。
  5. ^ キャッシュポイント(ATM網)の整備・拡充について”. りそな銀行・埼玉りそな銀行(2018年5月17日作成). 2019年3月27日閲覧。
  6. ^ なお、バンクタイムATM自体は当時のサークルKサンクス店頭にりそな銀行と提携して設置されていたものだが、ファミリーマートへ転換後、ゆうちょ銀行のATMへの置き換えが決まっている。
  7. ^ なお、イオン銀行ATMを設置している店舗やATMを設置していない店舗もあり統一されていない。
  8. ^ イオングループの大変革、鈴木孝之、日本実業出版社、16P。2016年12月29日閲覧。
  9. ^ 「ウエルシアホールディングス 会長池野 隆光(いけの たかみつ) 」テレビ東京カンブリア宮殿2018年5月31日放送
  10. ^ ウエルシア関東・沿革 (2015年5月10日閲覧)
  11. ^ 合併広告(ウエルシア関東IR情報)
  12. ^ ウエルシアポイントカード変更 のお知らせ - 2012年3月20日閲覧
  13. ^ グループ内組織再編に関するお知らせ(変更) - ウエルシアホールディングス(2013年1月11日)
  14. ^ グループ内組織再編(当社子会社間の合併)に関するお知らせ - ウエルシアホールディングス(2012年12月14日)
  15. ^ 当社子会社間の合併に関するお知らせ - ウエルシアホールディングス(2014年4月14日)
  16. ^ グループ内組織再編に関するお知らせ (PDF) - ウエルシアホールディングス株式会社 ニュースリリース 2014年4月14日(2015年1月18日閲覧)
  17. ^ ウエルシアホールディングス株式会社(3141) 平成27年2月期 決算短信 - ウエルシアホールディングス 2015年4月14日 (2015年5月10日閲覧)
  18. ^ 完全子会社間の合併に関するお知らせ (PDF) - ウエルシアホールディングス株式会社 IRニュース 2015年9月15日(2015年10月29日閲覧)
  19. ^ 完全子会社間の合併に関するお知らせ (PDF) - ウエルシアホールディングス株式会社 IRニュース 2016年4月21日(2016年9月3日閲覧)
  20. ^ “ドラッグストア事業の事業譲渡に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), (2018年12月17日), http://file.swcms.net/file/welcia/ja/news/auto_20181214450138/pdfFile.pdf 2019年3月23日閲覧。 
  21. ^ “新業態 ラグジュアリーコスメセレクトショップ「NARCIS」を都心から中核都市にかけて出店” (PDF) (プレスリリース), ウエルシア薬局株式会社, (2019年3月16日), http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/information/news190316.pdf 2019年3月23日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集