ウォシュレットは、TOTOが販売する温水洗浄便座の商品名である。

初代ウォシュレット
TOTOウォシュレット(ユニットバス用モデル)
ウォシュレット一体形便器ネオレストDタイプ
ウォシュレットのボタン
38個ものボタンがあるウォシュレット操作パネル

概要編集

1980年6月に発売以来、2011年1月には累計販売台数が3000万台を突破した。温水洗浄便座では高いシェアを誇り、INAX(現・LIXIL。同社の名称はシャワートイレ)や他社製の同種類のものも含め「ウォシュレット」と呼ばれるほど定着しているが、ウォシュレットの名称はTOTOの登録商標(日本第1665963号など)である。

変革編集

TOTOは1960年代に米国からの輸入によって温水洗浄便座(ウォッシュエアシート)の販売を行っていた。主に病院向けに医療用や福祉施設用に導入されていたものである[1]1969年には輸入元のアメリカン・ビデ社から製造ライセンスを取得。その後国産化したが当時は販売価格も高く、且つ温水の温度が安定しないために火傷を負う利用者もいた。作家の遠藤周作からも「一度しか使わない。こんなもの。」という論評を書かれるなどしており、1970年代には便器の広告など以ての外と、雑誌や新聞での広告掲載を拒否されたというエピソードも残っている[1]。だが、1970年台後半からはウォシュエアシートの便利さが浸透し、販売が急伸した。

TOTOは独自に研究開発を進め、清潔好きな土壌を持つ日本での普及が見込めることなどから、1980年に2機種の設定によって発売を開始した。特に肛門位置の数値データは存在していなかったので、社員などの協力を得て社員男女300人以上のデータを収集し、噴出位置を設計するという工夫をこらした。

また、ウォッシュエアシートではバイメタルという機械接点を使用しており、バイメタルは細やかな温度制御ができない点や、一度スイッチが切れると戻りが遅いという難点から温水の温度が安定しなかった。そこで、温度制御システムの開発を担当していた重松氏は細やかな温度制御ができるICを使おうと思い立つが、当時は水を使う炊飯器の家電などにもICを使用した実績はなく、家電メーカーからは無理だと言われた。さらにトイレでは塩分を含んだ尿が便座にかかり、漏電する可能性がある為、開発がストップしてしまった。そんな中、重松氏は梅雨時の通勤中、信号機に目が留まる。信号機は大雨の中でも正確に点灯するものだ という考えからであった。信号機の国内製造大手であった小糸製作所は、基盤を特殊樹脂でコーティングする技術を持っていた。小糸製作所側も小糸の技術が広まるなら と協力を申し出、コーティングした基盤を東洋陶器へ納入した。さらに重松氏は基盤格納部を強化プラスチックで覆い、万全の漏電対策を敷いた。その後の実験では通電中に尿に見立てた液体をかけても壊れることはなく、成功を納め、販売に漕ぎ着けた。

苦労して販売にこぎつけたウォシュレットであったが、発売して3か月後、営業部にじわじわと苦情の電話が入るようになる。内容は、「突然水が出るようになってからお湯が出ない」というもので、返品されてきたウォシュレットを分解し、原因を探った。原因は初期ロットの温水タンクに使用していた細い電熱線であった。制御に使用したICから、1日に1500回ものON OFFの信号が出され、それによる金属疲労で電熱線が断線していた。原因が特定されたころには苦情の嵐となっており、本社の廊下には返品されたウォシュレットの山ができていたという。その後、電熱線を改良し、購入者1件1件の家を地道に回り、「とんだインチキ商品だ。」との罵声も浴びせられたが、何とか全数を交換した。

温水貯蔵式でおしり洗浄の他、乾燥と「ウォームレット」の機能である暖房便座機能を持つ「Gシリーズ」(Gはゴージャスの意)と水を瞬間式で温水にし、おしり洗浄と暖房便座機能に絞った「Sシリーズ」(Sはスタンダードの意)の2種類があり[1]。基本モデルは「Gシリーズ」(2009年4月以降は「アプリコットシリーズ」)・「Sシリーズ」の2種類でこれにコンパクトシリーズ(Cαシリーズ等)が1993年以降追加されるようになった。また便器の大きさによってレギュラー(普通)サイズとエロンゲート(大形)が用意されていたが、2012年2月以降はホテル用など一部商品を除き大形普通共用便座になった(暖房便座の2012年以降に発売されたウォームレットも含む。共用便座は旧公団用のC417便器には取り付け不可(C417R便器は取付可能)。(いずれも普通サイズは取付可能だった。) また、アプリコットFの2012年2月以後モデル・袖付きタイプはCS510BM便器には取付不可となっている[2]

以後、全てのラインナップで着座センサーを導入した(それまでは着座していなくても温水が噴出した)。ふたの自動開閉や便器洗浄、さらには消臭脱臭芳香の機能の搭載にも成功した。ウォシュレットを装備した一体形便器(「ネオレスト」や「GG」など)の登場、また住宅用に限らず公共施設やオフィス、ホテル用のラインナップも整備された。

抗菌・防汚にも配慮がなされノズル部分は、肛門から跳ね返ってきた温水が周囲に掛からないような角度(43度、ビデは53度)に設定されており、格納時やおしり洗浄前にノズルを温水で洗浄する機能も付属している。また、おしり洗浄とビデ洗浄では吐水する配管も変えられている。他にも、省エネルギーにも配慮して節電機能を設けたほか、操作部も一部機種では壁付けの別体リモコンの採用で使いやすくするなどの改良が加えられている。また2005年10月には音楽のMP3再生機能が備わったウォシュレットが発売されるなど、多機能化が進んでいる。このようなトイレの多機能化は日本独特のものであり日本の水の安全性の高さや日本の水は軟水であるためなどの理由で世界的にはこのような便座はまだ普及しているとは言えない。マドンナが2005年に来日した時、「日本の暖かい便座が懐かしかった」とコメントしている。中国香港台湾韓国ベトナムシンガポールインドアラブ首長国連邦などの中東地域・アメリカカナダでも販売されている[注 1]

また、顧客の要望により変種として1996年3月に和式便器用の機種「ウォシュレットW」(Wは和式のわ、を意味する)も発売されていた[3]。しかし、和風便器では温水が命中しないなどで使用しにくいことや洋風便器への移行が進んだことから普及せずに2003年3月に生産が終わった[3]。一方で、旅行先などで使用できる携帯タイプは現在も発売されている。

1998年には累計販売台数1000万台を突破した[4]がこの頃から多くの便器で装備するようになり、以後7年で倍の2000万台に達した。他社製品も含めれば、普及率は6割程度まで伸び、新規に建設されるオフィスビルでも標準的に取り付けられるようになっている。

ウォームレットとウォシュレットでは説明書や便座の開閉ふたに便座や乾燥使用中は火傷への注意が記載されている。一部機種では清掃時の利便性を向上するために便ふた・便座または本体ごと外れる機能が搭載されているものもある。

CM編集

TVCMの総指揮を取ったのは本社宣伝課の岩塚氏。過去に雑誌に東洋陶器の製品を掲載してもらおうとしたが、「トイレはご不浄でしょう。雑誌の質が落ちる。」と取り合って貰えなかった。

岩塚氏はウォシュレットの発売に合わせ、当時ウォークマンのキャッチコピーで名を馳せていた仲畑貴志にキャッチコピーを作ってもらおうと、仲畑氏の事務所を訪れて製品を猛アピールしたが、「これの商品価値が分かりません。」と仲畑氏はあまり乗り気ではなかった。

その時、初期からの開発メンバーの1人であった池永氏が立ち上がり、自分の手に青い絵の具を付けて仲畑氏に言った。「この絵の具をトイレットペーパーで拭いてください。」仲畑氏は何回も池永氏の手を拭ったが、遂に落とすことは出来なかった。池永氏は続けた。「おしりだって同じです。洗えば綺麗になります。」仲畑氏はそこで1度沈黙すると、「地に着いた素晴らしい技術ですね。私にやらせてください。」とキャッチコピーを引き受けたのである。

1982年についに当時話題を集めていた戸川純を起用したCMで、「おしりだって、洗ってほしい。」のキャッチコピー(第2弾コピーは「人の、おしりを洗いたい。」)、で放映。そして、その独特のCM中の歌によって一気に知名度を高めた[1]

おしり という単語は当時CM業界ではタブーとされており、仲畑氏自身がそれをいちばん分かっていたが、「この商品はSONYウォークマンNikonのカメラに匹敵する素晴らしい商品です。これで行きましょう。」と、常識を打ち破った。

岩塚氏はCMの初回の放映時間を、当時便器メーカーとしてはご法度とされていたゴールデンタイムに敢えて設定し、放映。放映直後から視聴者から「今は食事の時間だ。飯を食っている時に便器の宣伝とは何だ!」などとクレームの電話が殺到した。[5]これは、前述の通り、当時のCM業界ではおしりという言葉はタブーであり、さらにゴールデンタイムでの便器の宣伝であったことから、反感を買ったものである。宣伝課の電話が一斉に鳴り響く中、岩塚氏は言った。「みなさんは今食事をされています。排泄もそれと同じくらい尊い行為です。これは生活を豊かにする画期的な商品です。私たちは自信と誇りを持って作っています。」と答え、他の社員もそれに習って丁寧に説明を繰り返した。1ヶ月後には電話はならなくなり、CMは一躍有名になった。「おしりだって、洗ってほしい。」というキャッチコピーにはそれだけのインパクトがあったのである。

由来編集

ウォシュレットの名の由来は、おしりを拭くから洗うに変えるということから「Let's!Wash」(さあ!洗いましょう)を逆にしてウォシュレットと命名したといわれている。 伸縮ノズルはタクシーの伸びるラジオアンテナを参考にして開発されたという。

その他編集

よく温水洗浄便座を日本で初めて開発したのがTOTOだと言われる事もあるが、日本で初めて温水洗浄便座を販売したのは伊奈製陶(現LIXIL)であり、1967年にサニタリーナという名前で発売している。

歴史編集

  • 1964年 - 東洋陶器(現・TOTO)が、米国から温水洗浄便座「ウォッシュエアシート」を輸入、販売を開始
  • 1969年 - 「ウォッシュエアシート」を国産化
  • 1980年
    • 2月 - 商標「ウォシュレット」を商標登録出願する
    • 6月 - 初代ウォシュレット(G、S)を発売
  • 1982年10月 - CMキャラクターに当時若手だった女優戸川純を起用。「おしりだって洗ってほしい」のキャッチコピーを使ったCMが話題に
  • 1983年
    • 7月 - ウォシュレットGII、SIIを発売 セルフクリーニング(ノズル洗浄)機能(GII)、水量調節(SII)
  • 1984年
    • 3月 - 商標「ウォシュレット」が登録となる
  • 1985年
    • 4月 - ウォシュレットGIII、SIIIを発売 カラーバリエーションの追加、乾燥機能の追加(SIII)
  • 1987年
    • 11月 - 累計販売台数100万台を突破[4] 初のウォシュレット一体形便器ウォシュレットQUEEN、ホテル向け商品を発売
  • 1988年
    • 9月 - ウォシュレットGXI・II、SXI・IIを発売 ビデ標準装備(Sシリーズ)、消臭機能、着座センサー、便座ソフト閉止、リモコンなどを追加(Gシリーズ)
  • 1991年
    • 6月 - ウォシュレット(パブリック、オフィス向け)を発売
    • 12月 - ウォシュレット一体形便器ZGシリーズを発売 オゾン脱臭を初搭載
  • 1992年
    • 2月 - ウォシュレットGαI・II、SαI・IIを発売 オゾン脱臭(Gシリーズ)、ムーブ機能・着座センサーを追加(Sシリーズ)
  • 1993年
    • 3月 - コンパクトシリーズとして、ウォシュレットCαI・IIを発売
    • 4月 - 日本初のタンクレスウォシュレット一体形便器、ネオレストを発売
  • 1994年
    • 2月 - ウォシュレットZS発売
  • 1995年
    • 3月 - ウォシュレットGN・I・II、SI・II・IIIを発売 ワンタッチ脱着など清掃機能の充実
    • 11月 - 13年間にわたり初代CMキャラクターを務めた戸川純が緊急降板。
  • 1996年
    • 7月 - 和式便器用ウォシュレットWを発売
  • 1997年
    • 11月 - ウォシュレットGA・GBを発売 やわらか洗浄を追加
  • 1998年
    • 1月 - ウォシュレットSA・SB・SCを発売 便座の座面を拡大
    • 9月 - ウォシュレットSSを発売 袖部分がなくなる リモコンなしのウォシュレットGPも追加
    • 7月 - 累計販売台数1000万台を突破[4]
  • 1999年
    • 10月 - ウォシュレットアプリコットC1・C2・C3を発売 ワンダーウェーブ洗浄を導入、節水を実現
  • 2000年
    • 9月 - ウォシュレットアプリコットC4を発売 室内暖房機能を装備
  • 2002年
    • 7月 - ウォシュレット一体形便器ネオレストEXを発売 便器部にフチなしトルネード洗浄を装備
    • 9月17日 - ウォシュレット開発をとりあげた「プロジェクトX〜挑戦者たち〜『革命トイレ、市場を制す』」(NHK総合)放送
  • 2003年
    • 2月 - ウォシュレット一体形便器ネオレストSDを発売
    • 7月 - ウォシュレットアプリコットN1・N2・N3・N4を発売 便ふた自動開閉、自動便器洗浄機能を搭載
  • 2004年
    • 2月 - ウォシュレットS2・S1発売 ワンダースピン洗浄を導入
  • 2005年
    • 2月 - NEWネオレストシリーズを発売 上位機種に音楽機能、芳香機能を搭載
    • 3月 - ウォシュレットアプリコットN5を発売 ネオレスト同様シートタイプに初めて音楽機能を搭載 同時にクリーンコート便座仕様を発売(大形サイズのみ)
    • 4月 - ウォシュレット一体形便器Zシリーズを発売
    • 6月 - 累計販売台数2000万台を突破[4]
  • 2007年
    • 5月 - 創業90周年、東陶機器株式会社は「TOTO株式会社」に社名を変更
    • 8月1日 - 「ハイブリッドエコロジーシステム」を搭載したネオレストハイブリッドAHを発売
  • 2009年
  • 2011年
    • 1月 - 累計販売台数3000万台を突破[4]
  • 2012年
    • 2月 - アプリコットをフルモデルチェンジして発売。使用前と使用後の便器内へのキレイ除菌水による除菌機能の追加、ノズル自動クリーニング方式の変更などを行う。旧型と違い、キレイサインが付いているのが特徴。洗浄機能使用後は、立ち上がった後に自動的にノズル除菌も行う。
    • 7月23日 - 日本機械学会は初代のウォシュレットGを機械遺産に認定[1][7]
  • 2015年
    • 7月 - 累計販売台数4000万台を突破[8]
  • 2016年
    • 8月 - 新ウォシュレットSを発売。従来型の使用時と使用後のノズルの自動洗浄に加え、洗浄機能を使用した後に立ち上がるとノズルの内外をキレイ除菌水で自動除菌する機能が追加された。貯湯式なのは従来と同じ。
  • 2017年
    • 8月 - ネオレストNXを発売。ネオレストの最上位で、一般のネオレストLS・AS・RSのグレードとは区別されている。
    • 8月 - Newアプリコットを発売。きれいサインなどの表示部が便蓋を閉じた状態では見えなくなり、スタイリッシュに。隙間や凹凸をなくした丸みを持ったデザインへと変更された。
  • 2018年
    • 2月 - アプリコットシリーズでは初のパブリック向け商品となるウォシュレットアプリコットPを発売[9]
  • 2022年
    • 8月 - ネオレストLSを発売。金属調のアクセントを加え、アルファベットのDをイメージした便座により、ゆったりとした座り心地を実現。ネオレストの一般グレードとしては最上位の位置付けとなっている。

普及率編集

1980年に発売され、18年後の1998年に国内・海外市場合わせて1000万台突破[4]。その7年後の2005年に2000万台突破[4]。さらに2011年には3000万台[4]、2015年には4000万台[10]、2019年には5000万台[4]を突破した。なお、ウォシュレットに限らず国内温水洗浄便座市場全体での家庭での普及率は総世帯で73%、二人以上の世帯で80.2%(2020年3月時点)[11]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 荻上直子監督の『トイレット (映画)』は北米が舞台で全編英語だが、ウォシュレットがテーマになっている。

出典編集

  1. ^ a b c d e 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p40
  2. ^ CS510BM+SS511BABFS(コンパクトリモデル便器・コーナータイプ)に、設置可能なウォシュレットの品番をおしえてください。”. 2022年5月2日閲覧。
  3. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 6』講談社、2004年。 
  4. ^ a b c d e f g h i “1980年6月の販売開始から38年8ヵ月ウォシュレット※1累計出荷台数5000万台突破” (プレスリリース), TOTO株式会社, (2019年4月3日), https://jp.toto.com/company/press/2019/04/03_008607.htm 2020年7月20日閲覧。 
  5. ^ 2002年9月17日放送 NHK総合テレビプロジェクトX〜挑戦者たち〜』第97回「革命トイレ・市場を制す」
  6. ^ TOTO住宅向け商品総合カタログ 704ページ
  7. ^ 「機械遺産」にウォシュレット 学会、5件選定」『日本経済新聞』、2012年7月3日。2020年7月20日閲覧。
  8. ^ “1980年6月の発売開始から35年ウォシュレット※累計出荷台数4000万台突破” (プレスリリース), TOTO株式会社, (2015年9月1日), https://jp.toto.com/company/press/2015/09/01_001827.htm 2020年7月20日閲覧。 
  9. ^ “パブリック向けウォシュレットに瞬間式を品揃え。清潔機能も充実 「ウォシュレット※ アプリコットP」 2018年2月1日(木)発売” (プレスリリース), TOTO株式会社, (2018年1月11日), https://jp.toto.com/company/press/2018/01/11_004446.htm 2020年7月20日閲覧。 
  10. ^ “1980年6月の発売開始から35年ウォシュレット※累計出荷台数4000万台突破” (プレスリリース), TOTO株式会社, (2015年9月1日), https://jp.toto.com/company/press/2015/09/01_001827.htm 2020年7月20日閲覧。 
  11. ^ 内閣府「消費動向調査」(令和2年3月調査)

関連項目編集

外部リンク編集