ウォルポール内閣

ウォルポール内閣英語: Walpole ministry)は、ロバート・ウォルポールを首相とするグレートブリテン王国の内閣。1730年5月15日ウォルポール=タウンゼンド内閣北部担当国務大臣タウンゼンド子爵がウォルポールと激しく口論したのち辞任したことで成立[1]1742年まで在任した。

ウォルポール内閣
イギリス 第8代内閣
Robert Walpole, 1st Earl of Orford by Arthur Pond.jpg
成立年月日1730年5月15日[1]
終了年月日1742年2月11日
組織
元首ジョージ2世
首相ロバート・ウォルポール
首相前職陸軍支払長官
与党ホイッグ党
野党トーリー党
詳細
前内閣ウォルポール=タウンゼンド内閣
次内閣カートレット内閣

閣僚編集

役職 肖像 名前 在任
第一大蔵卿   ロバート・ウォルポール 1730年 - 1742年
財務大臣
庶民院院内総務
北部担当国務大臣   ハリントン男爵 1730年 - 1742年
南部担当国務大臣   ニューカッスル公爵 1730年 - 1742年
大法官   キング男爵 1730年 - 1733年
  タルボット男爵 1733年 - 1737年
  ハードウィック男爵 1737年 - 1742年
枢密院議長   トレヴァー男爵 1730年
  ウィルミントン伯爵 1730年 - 1742年
王璽尚書   ウィルミントン伯爵 1730年
空位 1730年 - 1731年
  デヴォンシャー公爵 1731年 - 1733年
ロンズデール子爵 1733年 - 1735年
  ゴドルフィン伯爵 1735年 - 1740年
  ハーヴィー男爵 1740年 - 1742年
海軍卿英語版   トリントン子爵 1730年 - 1733年
  チャールズ・ウェージャー英語版 1733年 - 1742年
兵站部総監英語版   アーガイル公爵 1730年 - 1740年
  モンタギュー公爵 1740年 - 1742年
陸軍支払長官英語版   ヘンリー・ペラム 1730年 - 1742年
王室家政長官英語版   チェスターフィールド伯爵 1730年 - 1733年
  デヴォンシャー公爵 1733年 - 1737年
  ドーセット公爵 1737年 - 1742年
宮内長官英語版   グラフトン公爵 1730年 - 1742年
主馬頭英語版   スカーバラ伯爵 1730年 - 1734年
  リッチモンド公爵 1734年 - 1742年

脚注編集

先代:
ウォルポール=タウンゼンド内閣
グレートブリテン王国の内閣
1730年 - 1742年
次代:
カートレット内閣