メインメニューを開く

ウォーキング・オン・ザ・ムーン 3D

ウォーキング・オン・ザ・ムーン 3D』(Magnificent Desolation: Walking on the Moon 3D)は、2005年アメリカ合衆国IMAX3Dドキュメンタリー映画。最初に月へ降り立ったアポロ計画の12人の宇宙飛行士たちを描いている。

ウォーキング・オン・ザ・ムーン 3D
Magnificent Desolation: Walking on the Moon 3D
監督 マーク・コーウェン
脚本 マーク・コーウェン
トム・ハンクス
クリストファー・G・コーウェン
製作 マーク・コーウェン
ゲイリー・ゴーツマン
トム・ハンクス
製作総指揮 マーク・ヘルツォーク
ヒュー・マーレイ
ナレーター トム・ハンクス
音楽 ブレイク・ニーリー英語版
撮影 ショーン・マクレオド・フィリップス
編集 ビリー・シンスキー
製作会社 プレイトーン
ヘルツォーク=コーウェン・エンターテイメント
配給 IMAX
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年9月23日
日本の旗 2006年4月29日
上映時間 40分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $33,557,433[1]
テンプレートを表示

マーク・コーウェンが共同脚本・プロデューサー・監督を、さらにトム・ハンクスが共同脚本・プロデューサーとナレーターを担当した。

概要編集

本作ではNASAの歴史的な出来事をCGIで再現して描く。トム・ハンクスにとって本作は、映画『アポロ13』、ミニシリーズ『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』に続くアポロ関連の計画を描いた3度目の作品である。

音楽はジェームズ・ニュートン・ハワード[2]ブレイク・ニーリー英語版が担当した。

原題はバズ・オルドリンが月の景色を見たときに発した次の言葉から取られている。

オルドリン: Beautiful view!
アームストロング: Isn't that something! Magnificent sight out here.
オルドリン: Magnificent desolation.[3]

キャスト編集

ほとんどの登場人物は声のみの出演である

※日本語吹替:IMAX劇場公開版

スタッフ編集

  • 監督:マーク・コーウェン
  • 脚本:マーク・コーウェン、トム・ハンクス、クリストファー・G・コーウェン
  • 製作:マーク・コーウェン、ゲイリー・ゴーツマン、トム・ハンクス
  • 製作総指揮:マーク・ヘルツォーク、ヒュー・マーレイ
  • 撮影監督:ショーン・マクレオド・フィリップス
  • プロダクションデザイナー:チャールズ・ドワイト・リー
  • 編集:ビリー・シンスキー
  • 音楽:ブレイク・ニーリー英語版

参考文献編集

  1. ^ Magnificent Desolation: Walking on the Moon 3D”. IMDb. 2014年8月21日閲覧。
  2. ^ James Newton Howard”. IMDb. 2014年8月21日閲覧。
  3. ^ Apollo 11 Lunar Surface Journal "One Small Step"

外部リンク編集