メインメニューを開く

ウォーク・ザ・ムーン

ウォーク・ザ・ムーンWALK THE MOON)は、アメリカオハイオ州シンシナティ出身の4人組ロックバンドである。

ウォーク・ザ・ムーン
Walk The Moon
Walk The Moon Poses For Cameras.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州 シンシナティ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
パワー・ポップ
活動期間 2008年 -
レーベル RCAレコード
メンバー ニコラス・ペトリッカ
イーライ・メーマン
ケヴィン・レイ
ショーン・ワーガマン

バイオグラフィー編集

バンドのシンガーで、中心人物のニコラス・ペトリッカにより、2008年シンシナティにて、ギタリストのイーライ・メーマン、ベーシストのケヴィン・レイ、ドラマーのショーン・ワーガマンにより結成。ポリスの"Walking On The Moon"にヒントを得て、バンドを命名する。2010年11月にインディーズでデビュー作『I WANT!WANT!』を発表。このアルバムに収録されている"Anna Sun"が、アメリカの複数のステーションにて、エアプレイを稼ぐと、翌2011年2月には、現マネージメントと契約を結ぶと共に、ソニー・ミュージックエンタテイメント傘下のRCAより、2012年6月、アルバム『Walk The Moon』でメジャーデビューを果たす。

2014年11月には、メジャーデビュー2作目となる『Talking is Hard』を発表。それに先駆けて、同年9月にシングル"Shut Up And Dance"を先行リリース。'80sヒッツフレーヴァーの強いこの曲は、ビルボード・HOT100のTOP 10にランクインし、彼らにとって、初のヒットとなる(2015年5月30日付け、ビルボードHOT100で4位に上昇している[1])。また『Talking is Hard』もビルボード・TOP200の14位にランクインし、ゴールドディスクを獲得している。

2017年11月には、メジャーデビュー3作目となる『What If Nothing』を発表。先行シングルとして"One Foot"をリリース。ビルボード・HOT100の65位にランクインすると共に、『What If Nothing』もビルボード・TOP200の40位にランクイン。また2018年にはサマーソニック2018(8月18日・大阪、8月19日・東京)にも出演、3年ぶりの来日公演を果たした。

脚注編集

外部リンク編集