メインメニューを開く

ウォーターオーブン

ウォーターオーブンWater oven)とは、を極度に加熱して超高温の水蒸気過熱水蒸気」に変え、食品を焼く調理器具である。水蒸気の温度は家庭用製品では摂氏300 - 400度である。また、家庭用ではスペースの問題から電子レンジオーブンIH調理器の機能も併せて実装する。

水で焼くため、普通のオーブンに比べて油脂塩分を削減でき、ビタミンC酸化を抑える。

ホテル飲食店などで使用する業務用製品(スチームコンベクションオーブン)は以前からあったが、家庭100V電源用では2004年(平成16年)にシャープが開発・販売した、ヘルシオが最初である。他に、東芝「カロリエ」、日立「おいしさメドレー」・「ヘルシーシェフ」・IHクッキングヒーター付属品、パナソニック「ビストロ」があり、三菱三洋などの家電メーカー各社も販売する。

関連項目編集