ウォーレン・ムーン

ハロルド・ウォーレン・ムーンHarold Warren Moon1956年11月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック(QB)。現役時は、カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)のエドモントン・エスキモーズナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のヒューストン・オイラーズ(現、テネシー・タイタンズ)などに在籍した。

No image.svg ウォーレン・ムーン American football pictogram.svg
Warren Moon
refer to caption
ウォーレン・ムーン(2007)
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1956-11-18) 1956年11月18日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
身長: 6' 3" =約190.5cm
体重: 221 lb =約100.2kg
経歴
大学 ワシントン大学
初出場年 1978年
初出場チーム エドモントン・エスキモーズ
所属歴
1978-1983 エドモントン・エスキモーズCFL
1984-1993 ヒューストン・オイラーズ
1994-1996 ミネソタ・バイキングス
1997-1998 シアトル・シーホークス
1999-2000 カンザスシティ・チーフス
受賞歴・記録
プロボウル選出(9回)
1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・1997
オールプロ選出(1回)
1990
その他受賞・記録
NFL 最優秀攻撃選手:1回(1990)
AFC 最優秀選手:1回(1990)
NFL 最優秀パスヤード選手:2回(1990, 1991)
NFL 最多パスTD選手:1回(1990)
テネシー・タイタンズ 永久欠番(背番号1)
テネシー・タイタンズ リング・オブ・オナー
NFL 通算成績
TD-INT 291-233
パス獲得ヤード 49,325
パス成功確率 57.5
パサーレイティング 80.9
TDラン 22
Player stats at NFL.com
CFL 通算成績
TD-INT 144-77
パス獲得ヤード 21,228
パス成功確率 57.5
パサーレイティング 93.8
TDラン 14
Player stats at PFR

概要編集

ムーンは、NFLドラフトに選出されず、カナダでプロのキャリアをスタートさせた。CFLでの6シーズンの活躍により、1984年にNFLヒューストン・オイラーズ(現在のテネシー・タイタンズ)に移籍した[1] 。オイラーズで10シーズンを過ごした後は、ミネソタ・バイキングスシアトル・シーホークスカンザスシティ・チーフスで短期間に複数年を過ごした後、2000年に44歳で引退した。

ムーンは引退時、いくつかのグリディロン・フットボール(ノース・アメリカン・フットボール)のパス記録を持っていた。CFLではグレイ・カップを5回獲得したものの、NFLではプレーオフのディビジョンラウンドを超えたことすらなく、NFLでの17年間で一度もスーパーボウルに出場したことはない。2006年にプロフットボール殿堂入りを果たした。これは、アフリカ系アメリカ人初のクォーターバックであり、ドラフト外のクォーターバックとしては初のことだった。

経歴編集

幼少期から高校時代編集

1956年、カリフォルニア州ロサンゼルスで6人兄弟の真ん中として生まれる。父のハロルドは労働者で、ムーンが7歳の時に肝臓病で亡くなった。母のパットは看護師で、ウォーレン自身は料理、裁縫、アイロン、家政婦などの家事を学び、家族の世話をしていた。家族を助けるために働かなければいけなかった事情から、早くから高校ではアメリカンフットボールのみをプレーすると決めていた。[2][3][4][5][6][7]

母の友人の住所を利用してロサンゼルスのアレキサンダー・ハミルトン高校に入学した。ムーンは2年間、ほとんどプレーできていなかったが、代表チームの先発クォーターバックを引き継いだ。1973年、3年になって市のプレーオフに出場し、市のオールチームに選出された。[2][6]

大学時代編集

ムーンは、2年制カレッジウエスト・ロサンゼルス・カレッジに通い、1974年には1年生として記録的なクォーターバックとして活躍したが、4年制大学の中では一部の大学のみが彼との契約に関心を示していた。しかし、ワシントン大学シアトル)のオフェンシブ・コーディネーターのディック・セスニアックは、ムーンとの契約を熱望していた。ムーンはクォーターバックをプレイすることにこだわっていたが、ムーン自身が他のポジションでプレーするためのサイズ、スピード、強さのいずれかが足りていない、おそらく平均以上のアスリートであると考えていた[8]

1975年にワシントン大学に移った。新ヘッドコーチのドン・ジェームズの下では、ムーンがスターターを務めた最初の2シーズンは11勝11敗だったが、ムーンが4年生となった1977年にはチームをPac-8のタイトルと、ローズボウルミシガン大学を27-20の逆転勝利に導いた[9][10]。 ムーンは2本の短いタッチダウンランと、第3クォーターにワイドレシーバーのロバート・"スパイダー "・ゲインズへの28ヤードのタッチダウンパスで、このゲームのMVPに選ばれた[11]

大学時代の通算成績編集

年度 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
TD インター
セプト
1975 48 112 39.0 587 2 2
1976 81 175 46.3 1,106 6 8
1977 125 223 56.3 1,772 12 9
合計 254 510 49.8 3,465 20 19

カナディアン・フットボール時代編集

大学での活躍にもかかわらず、ムーンは1978年のNFLドラフトで選ばれることはなかった。NFLでは相手にされなかったため、カナダカナディアン・フットボール・リーグにてプレーすることを模索する。同年、エドモントン・エスキモーズと契約し、プロのプレーヤーとなった。トム・ウィルキンソンと共にシグナルコールを担当し、第66回グレイ・カップで優勝を果たして以降、第67回(1979年)、第68回(1980)、第69回(1981)、第70回(1982)とエスキモーズを記録的な5連覇に導いた [12]。 ムーンは1980年と1982年の試合でグレイ・カップMVPを受賞した。1982年シーズンでは、パス獲得ヤードをきっちり5,000ヤードに到達させ、プロのクォーターバックとして初めて1シーズンで5,000ヤードのパスをした選手となった。

1983年は、CFL最後のシーズンとなった。リーグ記録となる5,648ヤードを投げ、CFL最優秀選手賞を受賞した。しかし、シーズンは8勝8敗となり、チームにとってはそれほど成功したシーズンではなかった。レギュラーシーズン最終週、カルガリー・スタンピーダーズが最下位のサスカチュワン・ラフライダーズに敗れなければ、かろうじてプレーオフ進出を逃していた。しかし、エスキモーズは敵地インベスターズ・グループ・フィールドで行われた、西地区準決勝のウィニペグ・ブルーボマーズ戦で大敗し、シーズンを終えた。

ムーンは、CFLでの6年間でパス試投2,382回、パス成功1,369回で成功率57.4パーセント、獲得ヤード21,228ヤード、144回のタッチダウンパスを達成した。また、ポストシーズン10試合中9試合でチームを勝利に導いた(くしくも敗北した試合は1983年の最後のみとなった)。引退後の2001年にはカナディアン・フットボール殿堂に殿堂入りし、エスキモーズの「ウォール・オブ・オナー」にも選出された。] 2006年にはカナダのスポーツネットワークThe Sports Networkが発表した「TSN Top 50 CFL Players」のリストで5位にランクインした。

NFL時代編集

ムーンのNFLでの所属は、1982年までのエスキモーズのヘッドコーチだったヒュー・キャンベルヘッドコーチ率いるヒューストン・オイラーズが入札戦争を起こし、勝ち取った[1]。 1983年に先発クォーターバックになる予定だったジフォード・ニールセンは、ムーンがチームに加わった後に引退し、ムーンがスターターになることは避けられないと述べた[13]

ムーンは難しい調整期間を過ごしたが、1984年の初シーズンでフランチャイズ記録となる3338ヤードを記録した。しかし、キャンベルは8勝22敗という成績で、1985年のシーズンを終える前にチームを去った [14] 。翌1986年、キャンベルの後を継いだジェリー・グランビルヘッドコーチが、ムーンの強力な腕力を最大限に活用する方法を見つけたとき、チームは徐々に勝ち数を増やし始めた。1987年シーズンは、選手ストライキのためにレギュラーシーズンの第3週が廃止されたために短縮されたが、オイラーズはシーズン9勝6敗を記録し、1980年シーズン以来となるプレーオフ出場を果たした。ポストシーズン初戦のワイルドカードラウンドでは、延長戦にもつれ込んだ末、237ヤードを獲得しタッチダウンパスをしたムーンの活躍もあり、23-20で勝利した。

1989年のシーズン前、ムーンは5年1000万ドルの契約延長にサインし、当時のNFLの最高給選手となった[15]。1990年、ムーンは4,689ヤードを獲得し同年のリーグ最高を記録した。また、試投回数584、成功回数362、タッチダウン数33でもリーグ最高を記録し、1シーズンに9回の300ヤード超えを達成し、ダン・マリノの記録に並んだ。また、1990年12月16日のカンザスシティ・チーフス戦では527ヤードに達し、パス獲得ヤードのNFL歴代2位の記録に並んだ[16]。 翌1991年には4,690ヤードを記録し、再び同年のリーグ最高を記録した。同時に、マリノ、ダン・ファウツに並び、シーズン4,000ヤードを2年連続で記録したクォーターバックとなった。 また、同シーズンでは、試投回数655と成功回数404のNFL新記録(どちらも当時)を樹立した。

1992年は怪我の影響もあり、11試合しか出場しなかったが、それでもオイラーズはシーズン最終戦でのバッファロー・ビルズへの勝利を含む10勝6敗を記録し、6年連続でプレーオフに出場した。プレーオフ初戦、オイラーズは2週間前にレギュラーシーズンで戦ったばかりのビルズと再び対戦した。前半にムーンの222パスヤードと4つのタッチダウンがあり、オイラーズは28-3でリードした。後半、ビルズのクォーターバック フランク・ライクの第3クォーター最初のパスがインターセプトされ、そのままタッチダウンとなり35-3と点差が広がった。しかし、ここからビルズは大逆襲となる5連続のタッチダウンを決め、35-38と逆転する。ムーンは、試合終了まであと1秒でフィールドゴールを決め、38-38と同点になり、オーバータイムに突入した。ムーンは、パスがインターセプトされ、ビルズのキッカー スティーブ・クリスティがフィールドゴールを決め、ビルズが勝利した[17]。この日は、「NFL史上最大のカムバック勝利」として、NFLファンの間ではザ・カムバックと呼ばれ語り継がれている。ムーンはこの試合を36回のパス成功、パス獲得371ヤード、タッチダウン4回、インターセプト2回で終えた。一試合での36回のパス成功はNFLポストシーズンの記録となった。

1993年は開幕後の5試合で1勝4敗と苦戦したにもかかわらず、その後チームは敗れることなく12勝4敗を達成し、AFC中地区で優勝した。しかし、ディビジョナルプレーオフでジョー・モンタナ擁するカンザスシティ・チーフスに28-20で敗れシーズンを終えた[18]。この年のオイラーズは、ムーンの在籍期間で最も良いシーズンであったが、このシーズンでムーンはチームを去ることになる。

ムーンはオイラーズで70勝というフランチャイズ記録を打ち立てたが、これはチームがテネシー・タイタンズになってからずっと後の2004年にスティーブ・マクネアが破るまで続いていた。また、パスタッチダウン、パスヤード、パス試行回数、パス成功回数のフランチャイズリーダーとしてオイラーズを去ったが、これらの記録は全て今日まで続いている。

1993年シーズン終了後にミネソタ・バイキングスにトレードされる。バイキングスでの最初の2シーズンはそれぞれ4,200ヤード以上のパスを記録したが、1996年はシーズン途中に鎖骨を骨折してしまい、半数の試合を欠場した。バイキングスはその後、クォーターバックをブラッド・ジョンソンが務めることになり、ムーンはジョンソンのバックアップとして380万ドルの契約を持ちかけられるものの拒否し、リリースされる[19]

ムーンはその後、シアトル・シーホークスとフリーエージェントとして契約した。1997年はプロボウルに出場して、プロボウルMVPに選ばれた。シアトルで2年間過ごした後、1999年からはバックアップ要員としてカンザスシティ・チーフスとフリーエージェントとしての契約をした[20]。チーフスでは2年間でわずか3試合の出場にとどまり、44歳でとなった2001年1月に現役引退を発表した。 2000年10月22日のセントルイス・ラムズ戦でのトロイ・ドレイトンへの8ヤードのパスが、ムーンの291回目となる最後のタッチダウンパスとなったが、この試合はチーフスが54-34で前年の優勝チームに勝った試合だった[21]

ムーンは9度、プロボウルに出場した(1988年~1995年、1997年)。ムーンのNFLとCFLの統計を合わせると、9,205回のパス試投で5,357回の成功、70,553ヤードの獲得と435回のタッチダウンというアメリカンフットボール史でも類のない数字となる。CFLの統計を引いたNFLのみの統計を見ても、49,325ヤードの獲得に3,988回のパス成功、291回のタッチダウンパス、ランでは1,736ヤード獲得と22回のタッチダウンとなりムーンの数字は例外的と言える[22]。ムーンはまた、ファンブルリカバーの最多記録(56回)とファンブル回数の最多記録(162回)のNFL記録を保持していたが、2010年にブレット・ファーヴがこれを上回った[23]

引退後編集

引退後はシーホークスでテレビとラジオの両方で放送キャスターを務めていた。ラジオでは、シーホークスの元レシーバーのスティーブ・レイブルとプレイバイプレイ・アナウンサーを務めている。2006年、ムーンは初のカナディアン・フットボール殿堂兼任、初のドラフト非選出クォーターバック、初のアフリカ系アメリカ人クォーターバックとして、殿堂入り資格取得初年度にプロフットボール殿堂に選出された。2006年10月1日、タイタンズはダラス・カウボーイズ戦でのハーフタイムで、ムーンの背番号1を永久欠番に指定した。[24]。2014年、シーホークスの放送キャスターとして自身初のスーパーボウル優勝リングを手に入れた[25][26]

ムーンは、2011年NFLドラフトの一番の目玉選手であったキャム・ニュートンを指導し、著名なアフリカ系アメリカ人クォーターバックとしての彼らの共通の経験をほのめかしている[27][28][29]。しかし、2017年12月にセクハラで訴えられた後、スポーツキャスターとしての地位を無期限に停止された[30]

人物編集

ムーンは1981年に、16歳の頃からの知人フェリシア・ヘンドリックスと結婚した。1994年、元バイキングスのチアリーダーが、ムーンからセクハラを受けたと告発し、裁判の末、解決した[31]。1995年、ムーンは自宅で妻と事件を起こし逮捕された。ウォーレンにはサッカー選手である息子ライケンと、ダンサーの娘ブレアがいる[32]。 ムーンは妻が暴力を振るったことと、妻に拘束されそうになっていたことを証言し、無罪となった[33]。 ムーン夫婦は2001年に離婚した[34]。 彼らには、テュレーン大学の女子バレーボールチームのメンバーだった娘のブレアを含む4人の子供がいる。2005年にマンディ・リッターと結婚している。

ムーンは映画「エニイ・ギブン・サンデー」にニューヨーク出身のヘッドコーチとしてカメオ出演している。

2007年、シアトル郊外のカークランド飲酒運転の疑いで逮捕された。警察署で行った呼気中アルコール濃度が0.07以下であったため、容疑は第一級過失運転に減額された。ムーンは過失運転の罪を認め、40時間の社会奉仕活動の刑に処せられた[35]

2017年、ムーンは元パーソナルアシスタントから、セクハラを受けたとして訴えられたが、この訴訟は2019年に和解した[36]

詳細情報編集

年度別成績編集

レギュラーシーズン編集

年度 チーム

試合 パス ラン ファンブル
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
サック サック
ヤード
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD ファン
ブル数
ロスト
1978 EDM 1 15 -- 89 173 51.4 1,112 6.4 5 7 -- -- -- 30 114 3.8 1 -- --
1979 16 -- 149 274 54.4 2,382 8.7 20 12 -- -- -- 56 156 2.7 2 -- --
1980 16 -- 181 331 54.7 3,127 9.4 25 11 -- -- -- 55 352 6.4 1 -- --
1981 15 -- 237 378 62.7 3,959 10.5 27 12 -- -- -- 50 298 6.0 3 -- --
1982 16 -- 333 562 59.2 5,000 8.9 36 16 -- -- -- 54 259 4.8 4 -- --
1983 16 -- 380 664 57.2 5,648 8.5 31 19 -- -- -- 95 527 6.2 3 -- --
1984 HOU 16 16 259 450 57.6 3,338 7.4 12 14 47 371 76.9 58 211 3.6 1 0 0
1985 14 14 200 377 53.1 2,709 7.2 15 19 46 366 68.5 39 130 3.3 0 0 0
1986 15 15 256 488 52.5 3,489 7.1 13 26 41 332 62.3 42 157 3.7 2 0 0
1987 12 12 184 368 50.0 2,806 7.6 21 18 25 198 74.2 34 112 3.3 3 0 0
1988 11 11 160 294 54.4 2,327 7.9 17 8 12 120 88.4 33 88 2.7 5 0 0
1989 16 16 280 464 60.3 3,631 7.8 23 14 35 267 88.9 70 268 3.8 4 0 0
1990 15 15 362 584 62.0 4,689 8.0 33 13 36 252 96.8 55 215 3.9 2 0 0
1991 16 16 404 655 61.7 4,690 7.2 23 21 23 174 81.7 33 68 2.1 2 11 0
1992 11 10 224 346 64.7 2,521 7.3 18 12 16 105 89.3 27 147 5.4 1 7 2
1993 15 14 303 520 58.3 3,485 6.7 21 21 34 218 75.2 48 145 3.0 1 13 6
1994 MIN 15 15 371 601 61.7 4,264 7.1 18 19 29 235 79.9 27 55 2.0 0 9 2
1995 16 16 377 606 62.2 4,228 7.0 33 14 38 277 91.5 33 82 2.5 0 13 4
1996 8 8 134 247 54.3 1,610 6.5 7 9 19 122 68.7 9 6 0.7 0 7 4
1997 SEA 15 14 313 528 59.3 3,678 7.0 25 16 30 192 83.7 17 40 2.4 1 7 3
1998 10 10 145 258 56.2 1,632 6.3 11 8 22 140 76.6 16 10 0.6 0 8 4
1999 KC 1 0 1 3 33.3 20 6.7 0 0 0 0 57.6 0 0 0 0 0 0
2000 2 1 15 34 44.1 208 6.1 1 1 5 46 61.9 2 2 1.0 0 1 0
CFL:6年 94 -- 1,369 2,382 57.5 21,228 8.9 144 77 -- -- -- 340 1,706 5.0 14 -- --
NFL:17年 208 203 3,988 6,823 58.4 49,325 7.2 291 233 458 3,415 80.9 543 1,736 3.2 22 76 25

ポストシーズン編集

年度 チーム 試合 パス ラン ファンブル
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
サック サック
ヤード
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD ファン
ブル数
ロスト
1987 HOU 2 0 45 75 60.0 537 7.2 2 3 2 14 74.1 9 13 1.4 0 0 0
1988 2 0 33 59 55.9 453 7.7 1 4 3 22 58.1 11 27 2.5 0 0 0
1989 1 0 29 48 60.4 315 6.6 2 0 0 0 93.7 3 12 4.0 0 0 0
1991 2 2 55 76 72.4 596 7.8 5 2 4 39 106.0 5 24 4.8 0 3 1
1992 1 1 36 50 72.0 371 7.4 4 2 4 24 103.0 2 7 3.5 0 1 0
1993 1 1 32 43 74.4 306 7.1 1 1 9 68 91.8 3 22 7.3 0 5 2
1994 MIN 1 1 29 52 55.8 292 5.6 2 2 2 11 68.8 2 9 4.5 0 1 0
10 10 259 403 64.3 2,870 7.1 17 14 24 178 84.9 35 114 3.3 0 10 3

フランチャイズ記録編集

ムーンは現在でも、オイラーズ〜タイタンズのフランチャイズ史上最高の選手の一人と言える。2019年オフの時点で、以下のようなタイタンズのフランチャイズ記録を、少なくとも37個保持している。

  • 最多パス成功数(キャリア):2,632[37]
  • 最多パス成功数(シーズン):404回(1991年)
  • 最多パス成功数(一試合): 41(1991年11月10日 vs DAL
  • 最多パス成功数(プレーオフキャリア):230
  • 最多パス成功数(プレーオフ一試合): 36(1993年1月3日 vs BUF)
  • 最多パス成功数(ルーキーシーズン):259(1984年)[38]
  • 最多パス試投回数(キャリア):4,546回[37]
  • 最多パス試投回数(シーズン):655回(1991年)
  • 最多パス試投回数(プレーオフキャリア): 351回
  • 最多パス試投回数(プレーオフ一試合): 50(1993年1月3日 vs BUF
  • 最多パス試投回数(ルーキーシーズン):450回(1984年)[38]
  • 最多パス獲得ヤード(キャリア):33,685[37]
  • 最多パス獲得ヤード(シーズン):4,690(1991年)
  • 最多パス獲得ヤード(一試合): 527(1990年12月16日 vs KC
  • 最多パス獲得ヤード(プレーオフキャリア):2,578
  • 最多パス獲得ヤード(プレーオフ一試合): 371(1993年1月3日 vs BUF
  • 最多パス獲得ヤード(ルーキーシーズン):3,338(1984年)[38]
  • 最多パスTD数(キャリア):196[37]
  • 最多パスTD数(プレーオフキャリア):15
  • 最多パスTD数(プレーオフシーズン):5回(1991年)
  • 最多パスTD数(プレーオフ一試合): 4(1993年1月3日 vs BUF
  • 一試合あたりの最多パス平均獲得ヤード(キャリア):238.9[37]
  • 一試合あたりの最多パス平均獲得ヤード(シーズン):312.6(1990年)
  • 一試合あたりの最多パス平均獲得ヤード(プレーオフキャリア): 286.4
  • 一試合あたりの最多パス平均獲得ヤード(プレーオフシーズン): 371 (1992年)
  • 300ヤード以上のパスゲームの最多記録(キャリア): 42
  • 300ヤード以上のパスゲームの最多記録(シーズン): 9 (1990年)
  • 300ヤード以上のパスゲームの最多記録(プレーオフ): 4
  • 300ヤード以上のパスゲームの最多記録(ルーキーシーズン): 4
  • パスヤード数が4,000ヤード以上のシーズンの最多記録: 2
  • 最多インターセプト数(プレーオフキャリア): 12
  • 最多被サック数(キャリア):315
  • 最多被サック数(シーズン):47(1984年)
  • 最多被サック数(一試合):12(1985年09月29日 vs DAL)
  • 最多被サック数(プレーオフキャリア):22
  • 最多被サック数(プレーオフゲーム):9(1994年1月16日 vs KC
  • 最多被サック数(ルーキーシーズン):47(1984年)

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Moon and Oilers agree to terms”. Spokesman-Review ((Spokane, Washington)): p. D4. (1984年2月5日). https://news.google.com/newspapers?id=ZZIyAAAAIBAJ&sjid=7u4DAAAAIBAJ&pg=1646%2C2529872 
  2. ^ a b “Warren Moon”. Contemporary Black Biography (The Gale Group, Inc). (2006). http://www.answers.com/topic/warren-moon. 
  3. ^ Plaschke, Bill (2006年7月30日). “Moon Made His Position Clear From Start”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2006/jul/30/sports/sp-plaschke30 
  4. ^ Bishop, Greg (2006年7月30日). “The man that is Moon”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=20060730&slug=moon30 
  5. ^ George, Thomas (1990年10月21日). “Moon: He Wears No. 1, And He's Playing Like It”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CE1D91239F932A15753C1A966958260 
  6. ^ a b Warren Moon Biography”. sports.jrank.org. 2020年5月6日閲覧。
  7. ^ Warren Moon's enshrinement speech transcript - ウェイバックマシン(2006年11月16日アーカイブ分)Pro Football Hall of Fame
  8. ^ How Warren Moon Improved His Athleticism In High School - ウェイバックマシン(2003年10月18日アーカイブ分)
  9. ^ Missildine, Harry (1978年1月3日). “Jackson rescues Washington”. Spokesman-Review ((Spokane, Washington)): p. 19. https://news.google.com/newspapers?id=n_YjAAAAIBAJ&sjid=zu0DAAAAIBAJ&pg=6878%2C1125708 
  10. ^ “Huskies go from rags to roses”. Eugene Register-Guard. Associated Press ((Oregon)): p. 1C. (1978年1月3日). https://news.google.com/newspapers?id=q8YUAAAAIBAJ&sjid=6OEDAAAAIBAJ&pg=6858%2C593481 
  11. ^ Dodds, Tracy (1978年1月3日). “Bo's rare gamble backfires in Rose Bowl”. Milwaukee Journal: p. 8, part 2. https://news.google.com/newspapers?id=Vw0qAAAAIBAJ&sjid=hCkEAAAAIBAJ&pg=6612%2C1172041 
  12. ^ CFL Legends >> Warren Moon - ウェイバックマシン(2006年10月7日アーカイブ分)
  13. ^ Blackburn, Jess (1984年5月15日). “Quarterback Gifford Nielsen, a six-year veteran with the Houston...” (英語). UPI. UPI. https://www.upi.com/Archives/1984/05/15/Quarterback-Gifford-Nielsen-a-six-year-veteran-with-the-Houston/8506453441600/ 2020年5月6日閲覧。 
  14. ^ “Oilers fire Campbell as”. Spokane Chronicle. Associated Press ((Washington)): p. C1. (1985年12月9日). https://news.google.com/newspapers?id=eccSAAAAIBAJ&sjid=v_kDAAAAIBAJ&pg=6581%2C1629843 
  15. ^ “Moon Says New Pact Is Richest in N.F.L.”. New York Times. (1989年4月8日). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=950DE2D6113AF93BA35757C0A96F948260 2020年5月6日閲覧。 
  16. ^ Individual Records: Passing”. NFL Records. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月6日閲覧。
  17. ^ “Bills and Eagles Turn Mountains Into Molehill; Buffalo Erases 32-Point Deficit”. New York Times. (1993年1月4日). https://www.nytimes.com/1993/01/04/sports/pro-football-bills-eagles-turn-mountains-into-molehill-buffalo-erases-32-point.html 2020年5月6日閲覧。 
  18. ^ "Houston '93". A Football Life. シーズン3. Episode 15. 10 December 2013. NFL Network。
  19. ^ “Vikings Release Moon”. The New York Times. (1997年2月22日). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C07EEDD103EF931A15751C0A961958260&sec=&spon= 2020年5月6日閲覧。 
  20. ^ “Moon Joins Chiefs”. The New York Times. (1999年4月27日). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9507E3D9153DF934A15757C0A96F958260&sec=&spon= 2020年5月6日閲覧。 
  21. ^ St. Louis Rams at Kansas City Chiefs - October 22nd, 2000”. Pro-Football-Reference.com. 2020年5月6日閲覧。
  22. ^ NFL Passing Yards Single-Season Leaders”. Pro-Football-Reference.com. 2020年5月6日閲覧。
  23. ^ History”. Nfl.com. 2020年5月6日閲覧。
  24. ^ Retired Jersey Numbers”. Tennessee Titans Official Website. 2017年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月6日閲覧。
  25. ^ Warren Moon”. www.facebook.com. 2020年5月6日閲覧。
  26. ^ Warren Moon on Twitter” (英語). Twitter. 2020年5月6日閲覧。
  27. ^ Sports, Nate Davis, USA TODAY. “Is criticism of Cam Newton racially motivated? Warren Moon thinks so”. USA TODAY. 2020年5月6日閲覧。
  28. ^ From The Mag: How Newton's joy made (great) football fun”. ESPN.com (2016年1月13日). 2020年5月6日閲覧。
  29. ^ ET, 2016 at 11:00a (2016年2月1日). “Is race really a factor in how Cam Newton is perceived?”. FOX Sports. 2020年5月6日閲覧。
  30. ^ “Seahawks broadcaster and former Husky star Warren Moon sued for alleged sexual harassment”. https://www.seattletimes.com/sports/seahawks/seahawks-broadcaster-and-former-husky-star-warren-moon-sued-for-sexual-harassment/ 2020年5月6日閲覧。 
  31. ^ Personal Foul”. PEOPLE.com. 2020年5月7日閲覧。
  32. ^ PRO FOOTBALL; Records Contradict Moons' Statements - ウェイバックマシン(2015年5月26日アーカイブ分)
  33. ^ Murphy, Kate (1996年2月23日). “PRO FOOTBALL;Jury Rapidly Acquits Moon of Spousal Abuse Charges”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1996/02/23/sports/pro-football-jury-rapidly-acquits-moon-of-spousal-abuse-charges.html 2020年5月7日閲覧。 
  34. ^ Moons file for divorce”. Houston Chronicle (2001年2月14日). 2020年5月7日閲覧。
  35. ^ Hall of Famer Moon pleads guilty to negligent driving[リンク切れ]
  36. ^ Warren Moon settles sexual harassment case - The Washington Post”. 2020年5月7日閲覧。
  37. ^ a b c d e Titans Career Passing Leaders”. pro-football-reference.com. 2020年5月7日閲覧。
  38. ^ a b c Oilers/Titans Rookie Passing Records”. pro-football-reference.com. 2020年5月7日閲覧。
  39. ^ Husky Legends Come Alive in New Stadium”. University of Washington. 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集