ウクライナの地方行政区画

ウクライナの地方行政区画(ウクライナのちほうぎょうせいくかく)は、24のобластьオーブラスチ)、1つの自治共和国автономна республіка、アウトノームナ・レスプーブリカ)と2つの特別市місто зі спеціальним статусом、ミースト・ズィ・スペツィアーリヌィム・スタートゥソム)に区画されている。

また、オーブラスチはラヨンрайо́н、地区)、フロマーダгромада、領域共同体)、ミィスト(Місто、市)、セロСело、村)に細分されており、さらにソビエト連邦時代の都市設計によって生み出された都市型集落селище міського типу、セリースィツェ・ミスィコホ・ティプォ)が存在している[1]

2015年以降、政府は地方分権を進めるため行政区画の改革を行っている(Децентралізація в Україні)。

特に2020年7月に行われたヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会、立法府)主導の立法による改革は、地方自治体の財政基盤を築き、非中央集権化を促すとして、大幅なラヨンの合併と廃止が行われた[2][3][4]

ウクライナの地方行政区画編集

No. 地域 面積
(km²)
人口
(2014年3月1日)
行政首都 地区
1   ヴィーンヌィツャ州 26,513 1,617,424 ヴィーンヌィツャ 27 6
2   ヴォルィーニ州 20,144 1,041,375 ルーツィク 16 4
3   ドニプロペトロウシク州 31,974 3,290,786 ドニプロ 22 13
4   ドネツィク州 26,517 4,340,862 ドネツィク 18 28
5   ジトーミル州 29,832 1,261,798 ジトーミル 23 5
6   ザカルパッチャ州 12,777 1,256,958 ウージュホロド 13 5
7   ザポリージャ州 27,180 1,775,154 ザポリージャ 20 5
8   イヴァーノ=フランキーウシク州 13,928 1,381,935 イヴァーノ=フランキーウシク 14 5
9   キエフ州 28,131 1,725,470 キーウ(キエフ) 25 12
10   キロヴォフラード州 24,588 986,830 キロヴォフラード 21 4
11   ルハーンシク州 26,684 2,237,897 ルハーンシク 18 4
12   リヴィウ州 21,833 2,537,806 リヴィウ 20 9
13   ムィコラーイウ州 24,598 1,167,821 ムィコラーイウ 19 5
14   オデッサ州 33,310 2,395,935 オデーサ(オデッサ) 26 7
15   ポルタヴァ州 28,748 1,457,223 ポルタヴァ 25 5
16   リウネ州 20,047 1,159,114 リウネ 16 4
17   スームィ州 23,834 1,131,903 スームィ 18 7
18   テルノーピリ州 13,823 1,072,793 テルノーピリ 17 1
19   ハルキウ州 31,415 1,451,461 ハルキウ 27 7
20   ヘルソン州 28,461 1,072,013 ヘルソン 18 3
21   フメリニツキー州 20,645 1,306,396 フメリニツキー 20 6
22   チェルカースィ州 20,900 1,259,240 チェルカースィ 20 6
23   チェルニウツィー州 8,097 908,540 チェルニウツィー 11 2
24   チェルニーヒウ州 31,865 1,065,826 チェルニーヒウ 22 3
自治共和国
1   クリミア 26,081 1,966,801 シンフェロポリ 14 11
特別市
1   キーウ 839 2,869,361 キーウ(キエフ) 10
2   セヴァストポリ 864 385,870 セヴァストポリ 4
合計 603 628 46 678 694 キエフ 490 176

主要都市編集

2014年編集

2014年ウクライナ騒乱が発生した。その騒乱の最中の3月17日クリミア半島に位置するクリミア自治共和国とセヴァストポリ特別市は住民投票を実施した上で、独立宣言を行った。隣国ロシア連邦はこれを承認し、翌日の3月18日に、自国に編入した。(クリミア自治共和国はクリミア共和国、セヴァストポリ特別市はセヴァストポリ連邦市として現在もロシア連邦に組み込まれている。)

また、ロシア系住民が多いウクライナ東部(ドネツィク州、ハルキウ州、ルハーンシク州辺り)でも、ロシア系住民が州庁を占拠、ドネツク人民共和国ハリコフ人民共和国ルガンスク人民共和国[注釈 1]の建国を宣言した。このうちハリコフ人民共和国は建国宣言の翌日にウクライナ側によって鎮圧されたが、現在、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国はドネツィク州・ルハーンシク州の大半を支配下に置き、5月14日にノヴォロシア人民共和国連邦の建国を宣言。ウクライナ軍と衝突している。

今回の一連の事件では、ロシアとウクライナの対立が表面化し、ロシア系住民が多い地域の治安悪化などにも繋がる結果ともなった。なお、ロシアのクリミア編入や、東部での建国宣言は、ウクライナ政府や欧米など国際社会において認められていない。


ラヨン編集

 
2020年以降のラヨン

州の下位区分として136つのラヨン(訳語は郡または地区)が設置されている。2020年7月17日、ヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高議会)はラヨン再編案を可決し、従来の490つのラヨンは統合・廃止された[4]

136の新ラヨンのうち、2020年7月時点でドネツィク州の3ラヨンとルハンシク州の10ラヨンは一時的に親露分離派に実権支配を受けている地域に属しており、更に10ラヨンがロシアに占領されているクリミア自治共和国に属している[4]

また、ラヨンと同等の地域重要都市ウクライナ語版が187つ(2018年時点)[6]存在したが、2020年の再編の際に廃止された[7]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 自称がロシア語で発せられているためロシア語に基づく表記を採用[5]

出典編集

  1. ^ Те, чого ніколи не було в Україні: Уряд затвердив адмінтерустрій базового рівня, що забезпечить повсюдність місцевого самоврядування”. decentralization.gov.ua (2020年7月17日). 2022年5月21日閲覧。
  2. ^ Районні ради: на роздоріжжі правового регулювання” (ウクライナ語). Мережа UPLAN. 2022年5月21日閲覧。
  3. ^ Decentralization” (英語). uareforms.org. 2022年5月21日閲覧。
  4. ^ a b c Україна з новим адмінтерустроєм: парламент створив 136 нових районів та ліквідував 490 старих”. ウクライナ地方分権化情報ポータル (2020年7月17日). 2021年1月28日閲覧。
  5. ^ Lugansk People’s Republic legislature adopts Russian as the only official language”. tass.com. タス通信 (2020年6月3日). 2022年5月21日閲覧。
  6. ^ Міста обласного значення Львівщини: хто стане першою ОТГ?”. decentralization.gov.ua (2018年6月26日). 2022年5月21日閲覧。
  7. ^ Про утворення та ліквідацію районів” (ウクライナ語). www.golos.com.ua (2020年7月18日). 2022年5月21日閲覧。

外部リンク編集