ウクライナ共産党

ウクライナ共産党(ウクライナきょうさんとう、ウクライナ語: Комуністична партія України)は、ウクライナ共産主義政党

 ウクライナ政党
ウクライナ共産党
Комуністична партія України
Communist Party of Ukraine logo.png
党首 ペトロ・シモネンコ
副党首 イーゴリ・アレクセーエフ
議院代表 ペトロ・シモネンコ
成立年月日 1993年
解散年月日 2015年12月16日(裁判所による解散命令)
本部所在地  ウクライナキエフ
最高議会
0 / 423   (0%)
(2014年11月27日[1]
党員・党友数
11万1千
政治的思想・立場 共産主義[2][3]
反資本主義[2]
民族主義[2]
マルクス・レーニン主義[3]
親露
左派ポピュリズム[4]
機関紙 Газета Комуніст[5]
公式サイト КПУ Официальный сайт КПУ
シンボル 赤・白
テンプレートを表示

歴史編集

1918年ロシア共産党の一派として創立。その後、ソビエト連邦共産党の一部となる。ソ連時代中、ウクライナ共和国政権を独占していた。1990年ウクライナ最高議会選挙で第一党となるも、1991年にウクライナが独立を勝ち取ると非合法化された。

1993年ドネツクで行われたウクライナ共産党大会において再び創立。1994年ウクライナ最高議会選挙1996年ウクライナ最高議会選挙でも第一党であり、2002年ウクライナ最高議会選挙ではヴィクトル・ユシチェンコの選挙ブロックに敗れるも政党別では最大の議席を獲得した。ウクライナの東部・南部を中心に支持率を得ている。社会主義の他に、ソ連の再建、ロシア連邦との協力、ロシア語国語化などを唱えている[6]

2007年ウクライナ最高議会選挙に参加して当選し27議席を獲得した。親露派の地域党と手を組んでヤヌコビッチ政権の与党となった。2012年ウクライナ最高議会選挙では32議席を獲得している[7]

2014年、ウクライナで親欧米政権の誕生に伴い、共産党の議会内での立場が苦しいものとなり、親欧米諸党派は共産党を議会から締め出すよう提案し、2014年7月24日オレクサンドル・トゥルチノフ最高議会議長が共産党の議席を没収することを勧告、同日をもって共産党は全議席を失った[8]

2014年10月26日に行われたウクライナ最高議会選挙に参加したが、議席を得るために必要(阻止条項)な5%以上の得票率を得られず、議席獲得はならなかった。

2015年4月にウクライナの脱共産主義化英語版推進のため「共産主義・ナチズム宣伝禁止法」など4つの法律が成立したのを受けて共産党は一切の政治的権利を剥奪され、同年12月16日にキエフの行政裁判所により解散命令が出された[9][10]。これに対して共産党は告訴したが、翌2016年1月にウクライナ最高裁判所はこの命令を認めた。現在、共産党は欧州人権裁判所に提訴中である[11]

党勢編集

ヴェルホーヴナ・ラーダ
政党名簿
選挙区数
合計
(全議席数)
増減
政府
得票数
%
獲得した議席数
1994 3,683,332 13.6% 86/450
86 / 450
  86 与党
1998 6,550,353 25.4% 84/225 27/225
121 / 450
  35 少数派支持
2002 5,178,074 20.8% 59/225 7/225
66 / 450
  55 反対党
2006 929,591 3.7% 21/450 N/A
21 / 450
  45 連立与党
2007 1,257,291 5.4% 27/450 N/A
27 / 450
  6 反対党
2012 2,687,246 13.2% 32/225 0/225
32 / 450
  5 少数派支持
2014 608,756 3.87% 0/225 0/198
0 / 450
  32 議会外

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Офіційний портал Верховної Ради України” (ウクライナ語). Офіційний портал Верховної Ради України. ヴェルホーヴナ・ラーダ (2014年11月27日). 2019年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ a b Nordsieck, Wolfram (2014年). “Ukraine”. Parties and Elections in Europe. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  4. ^ Kuzio, Taras (November–December 2010). “Populism in Ukraine in a Comparative European Context” (英語) (PDF). Problems of Post-Communism 57 (6): 3-18. doi:10.2753. ISSN 1075-8216. オリジナルの3 Dec 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131203003919/http://www.taraskuzio.net/Comparative%20Politics_files/Populism_Kuzio.pdf 2019年5月5日閲覧。. 
  5. ^ Газета Комуніст » Головна сторінка” (ウクライナ語). komunist.com.ua. 2014年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  6. ^ 2012年のウクライナ共産党の政綱
  7. ^ “ウクライナ議会選、与党が第1党の座を守る”. 読売新聞. (2012年11月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121112-OYT1T00893.htm 2012年11月13日閲覧。 
  8. ^ Turchynov dissolves Ukrainian Communist Party faction in parliamentInterfax-Ukraine 2014年7月24日
  9. ^ Court rules complete ban of Communist Party of Ukraine
  10. ^ Ukraine bans Communist party for 'promoting separatism'
  11. ^ Kiev has a nasty case of anti-communist hysteri
    Ukraine court bans Communist Party, Daily News and Analysis (17 Dec 2015) 2016年6月21日閲覧。

リンク編集