ウクライナ国際航空

ウクライナの航空会社

ウクライナ国際航空(ウクライナこくさいこうくう、ウクライナ語Міжнародні Авіалінії України)は、ウクライナキーウを本拠地とする航空会社。ウクライナのフラッグ・キャリアともなっており、同国最大の航空会社である。

ウクライナ国際航空
Міжнародні Авіалінії України
Ukraine International Airlines
UR-EME ERJ-190LR (ERJ-190-100 LR) Ukraine International LGW 18.4.21.jpg
IATA
PS
ICAO
AUI
コールサイン
UKRAINE INTERNATIONAL
設立 1992年10月1日
ハブ空港 ボリースピリ国際空港
親会社 Capital Investment Project LLC(74%)
保有機材数 35機
就航地 88都市
本拠地 ウクライナキーウ
代表者 Evgeny Dykhne
外部リンク https://www.flyuia.com/ua/en/home
テンプレートを表示

概要編集

 
ジュネーブ空港へ着陸するアントノフ148

ウクライナが独立した翌年の1992年10月1日に設立、1992年11月25日に運航を開始した。ウクライナで初めて外資の参入が認められた会社のうちの1つで、設立当初は、ウクライナ民間航空協会とアイルランドの航空機リース会社であるギネス・ピート・アビエーション(GPA・en:Guinness Peat Aviation)が出資した。その後、1996年にはオーストリア航空スイス航空が900万ドルの出資を行なった。さらに2001年には欧州復興開発銀行(EBRD)から540万ドルの出資を受けた。結果、オーストリア航空(22.5%)、欧州復興開発銀行(9.9%)が主な大株主となっている。2002年にウクライナ航空の倒産後は、ウクライナのフラッグキャリアとしての地位を継ぎ、アエロスヴィート航空と並ぶ国内有数の航空会社となった。

 
ボーイング737-500(退役済、フランクフルト・アム・マイン国際空港にて)
 
ジョン・F・ケネディ国際空港へ着陸するボーイング777-200ER

独立国家共同体(CIS)諸国の中では最初にボーイング737を導入した航空会社でもある。当初は東ヨーロッパ・北アメリカへの路線展開を含めた事業拡大を計画していたが、同じウクライナの航空会社であるアエロスヴィート航空が急速に事業を拡大したため変更を余儀なくされ、西ヨーロッパへの路線運航に専念せざるを得なくなった。

2013年にはウクライナ有数の航空会社であったアエロスヴィート航空が倒産したことで路線網を移管。北米やアジア路線も運航開始し、ウクライナのフラッグ・キャリアとしてウクライナ最大の航空会社となっている。

2022年、ロシアのウクライナ侵攻による空域閉鎖により、定期便の運航を停止している[1]

主な就航地編集

2017年3月現在。

国内線編集

国際線編集

保有機材編集

 
北京首都国際空港へ着陸するボーイング767-300ER
 
ボーイング737-800(ベングリオン国際空港にて)

2020年1月現在[2]

事故・事件編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ウクライナ国際航空、チャーターや人道支援に対応 国外駐機の機材活用”. flyteam.jp. 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ UIA Fleet - Ukraine International Airlines
  3. ^ ウクライナ国際航空のボーイング機、イランで離陸直後墜落 乗客170人 - 2020年1月8日 ロイター通信

外部リンク編集