ウコクの王女(ウコクのおうじょ、ロシア語: Принцесса Укока英語: Princess of Ukok)はアルタイ王女(Altai Princess)、シベリアの氷の女性(Siberian Ice Maiden)などとも呼ばれ、ロシア連邦シベリア地区モンゴルとの国境ウコク高原にあるアルタイ共和国パジリク古墳群で発見された女性のミイラである。

ウコクの王女のミイラ

ウコクの王女はノヴォシビルスクの考古学者であるナタリア・ポロシマクが率いる発掘チームにより1993年に発見され、同市の考古学研究所に置かれていたが、2012年にアルタイ共和国の首都・ゴルノアルタイスクアノーヒン博物館へ戻された。 [1]

脚注編集

  1. ^ アルタイの王女のミイラ

関連項目編集

外部リンク編集