メインメニューを開く

ウシはなんでも知っている』(ウシはなんでもしっている)は、柳原陽一郎の6作目のアルバム2007年11月30日に発売された。

ウシはなんでも知っている
柳原陽一郎スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ブルース
カントリー
フォーク
J-POP
時間
レーベル SWEETS DELI RECORDS
プロデュース 水谷浩章
柳原陽一郎
柳原陽一郎 アルバム 年表
【Warehouseと柳原】
LADIES AND GENTLEMEN!
2006年
ウシはなんでも知っている
(2007年)
長いお別れ スペシャル・エディション
2009年
テンプレートを表示

目次

解説編集

前作『ふたたび』より2年ぶりのリリース。前作と同じく水谷浩章との共同プロデュース作品。ジャケットのデザインは丸小野共生によるもの[1]

レコーディングでは、ジャズ・ミュージシャンが起用されていて[2]、昨年にWarehouseと柳原名義で発売された『LADIES AND GENTLEMEN!』の流れを汲んでいる[3]

ブックレットには前作と同じく柳原によるセルフライナーノーツが掲載されている。

収録の全14曲のうち3曲がインストゥルメンタルで、カラオケ音源以外のインストゥルメンタルが柳原のアルバムに収録されたのは初となった。また、『「ほんとうの話」』収録の「そしてペンギンは語る」はこの時期に制作された楽曲[4]

収録曲編集

全曲 作詞・作曲:柳原陽一郎 / 管楽器編曲:水谷浩章

  1. ゲームの規則(5:45)
    レゲエのマイナー調の楽曲。柳原はこの曲について「自分では元気になれる曲」と語っている[5]
  2. ファミリープラン(5:14)
    柳原によると『20年後の「ジャバラの夜」』で、「ジャバラの夜」「ふたりは遊牧民」の流れを汲むフォークソング[5]
  3. おろかな日々(4:52)
    かまやつひろしの「喫茶店の会話」をモチーフとした、居酒屋での会話を歌にした楽曲[5]。間奏に「牛小屋」と同じ「よんよこよんよこよんよこよんよ〜ん」という掛け声が入っている。
    ベストアルバム『もっけの幸い』にも収録されている。
  4. 愛のSOLEA(5:43)
    ジェームズ・ブラウンの「マンズ・マンズ・ワールド」に触発されて書かれた楽曲[5]
  5. テキサ〜ス!(1:44)
    インストゥルメンタル。
  6. 夏がきたんです(4:33)
    古くから存在する楽曲で、毎年行われていたオールナイトライブ『師走のレイトショー』にて演奏されていた楽曲。本作に収録するにあたり、アレンジし直されている。歌詞に出てくる抜け道は、当時柳原が住んでいた初台の一方通行のこと[5]
  7. まわれ糸車(3:55)
    タイトルの「糸車」はマハトマ・ガンジーから。レコーディング中は「ミナミヨシタカ」と呼ばれていた[5]
  8. 恋はかげろう(4:21)
  9. ブルースを捧ぐ(7:24)
    柳原が2000年代に制作した楽曲で気に入っている楽曲[6]。曲は高円寺の酒場にて思いついた歌詞を元に、一晩で書き上げられた[5]
    ベストアルバム『もっけの幸い』にも収録されている。
  10. ベランダからずっと(2:04)
    インストゥルメンタル。柳原曰く「ベランダでただ風を待っているようなイメージ」[5]
  11. サボテンちゃん(5:03)
    オールドタイムの楽曲[5]
  12. 泣いているのはきみだけじゃないよ(4:29)
    歌詞について柳原は「夢に破れ辞めていく者や故郷へ帰る者へのエールを歌にした」と語っている[5]
  13. 5963(4:29)
    ふたたび』の頃に制作された楽曲[5]。歌詞に「さよなら人類」と共通のフレーズがある。
  14. Far From Home
    アンビエント調のインストゥルメンタル。柳原曰く「マッサージ屋とかで小音量で流してもらいたい曲」[5]

参加ミュージシャン編集

いつかウシになる日まで 〜柳原陽一郎ドキュメント'07〜'08編集

いつかウシになる日まで
〜柳原陽一郎ドキュメント'07〜'08
柳原陽一郎ドキュメンタリー
リリース
ジャンル ブルース
カントリー
フォーク
J-POP
時間
レーベル SWEETS DELI RECORDS
テンプレートを表示

いつかウシになる日まで〜柳原陽一郎ドキュメント'07〜'08』(いつかウシになるひまで・やなぎはら よういちろう・ドキュメンタリー・ゼロナナ・ゼロハチ)は、柳原陽一郎の初の映像作品。

2007年に発売された柳原の6thアルバム『ウシはなんでも知っている』のレコーディング風景や2008年2月に新宿ピット・インにて行われたライブの映像が収録されている。

2009年3月14日に一般発売が開始された。

  1. ファミリープラン
  2. ブルースを捧ぐ
  3. パラシュート
  4. 愛のSOLEA
  5. オリオンビールの唄
  6. 恋はかげろう
  7. サボテンちゃん
  8. おろかな日々
  9. さよなら人類
  10. 泣いているのはきみだけじゃないよ
  11. レコーディング風景&おまけ映像

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ (2007年) 柳原陽一郎『ウシはなんでも知っている』のアルバム・ノーツ [ブックレット]. SWEETS DELI RECORDS.
  2. ^ 柳原陽一郎 インタビューvol.25”. LMusic. LMusic (2015年2月15日). 2018年9月26日閲覧。
  3. ^ 長谷川誠 (2015年). 柳原陽一郎『もっけの幸い』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. SWEETS DELI RECORDS.
  4. ^ 柳原陽一郎 (2013年). 柳原陽一郎『「ほんとうの話」』のアルバム・ノーツ [セルフライナーノーツ]. SWEETS DELI RECORDS.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 柳原陽一郎 (2007年). 柳原陽一郎『ウシはなんでも知っている』のアルバム・ノーツ [セルフライナーノーツ]. SWEETS DELI RECORDS.
  6. ^ 柳原陽一郎 『もっけの幸い』紹介ページ”. SWEETS DELI RECORDS. SWEETS DELI RECORDS. 2018年9月26日閲覧。