メインメニューを開く

ウシオ電機株式会社(ウシオでんき、英文名称:USHIO INC.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く、産業用光源をはじめとした光応用製品ならびに産業機械を扱うメーカー。東京証券取引所一部上場。

ウシオ電機株式会社
USHIO INC.
Ushio company logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6925
1970年5月4日上場
略称 USHIO
本社所在地 日本の旗 日本
100-8150
東京都千代田区丸の内一丁目6番5号 丸の内北口ビルディング
設立 1964年昭和39年)3月23日
業種 電気機器
法人番号 1010001008651
事業内容 産業用特殊ランプ、光源装置の製造
代表者 牛尾治朗代表取締役会長
内藤宏治(執行役員社長
資本金 195億5,632万6,316円
発行済株式総数 1億3,962万8,721株
売上高 連結:1,578億円
単独:488億38百万円
(2014年3月期)
営業利益 連結:121億10百万円
単独:33億01百万円
(2014年3月期)
純利益 連結:107億70百万円
単独:42億24百万円
(2014年3月期)
純資産 連結:1,912億46百万円
単独:1,187億54百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:2,553億38百万円
単独:1,457億02百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:5,440人 単独:1,755人
国内グループ:705人
海外グループ:3,080人(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口)7.44%
りそな銀行 4.93%
NORTHERN TRUST CO.(AVFC)RE SILCHESTER INTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST 4.75%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.66%
ノーザン トラスト カンパニー エイブイエフシー リ ユーエス タックス エグゼンプテド ペンション ファンズ 4.29%
(2018年9月30日現在[1]
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 牛尾治朗(創業者)
浜島健爾(元社長)
外部リンク https://www.ushio.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

本社は、東京都千代田区丸の内 丸の内北口ビルディング1916年、現在の関西電力中国電力電球製造部門が独立して姫路電球株式会社となり(後のウシオ工業株式会社)、ここから1964年に産業用光源メーカー、ウシオ電機として独立し創立された。 実質的な創業者であり現会長の牛尾治朗経済同友会代表幹事などを歴任し、りそな銀行の成立に立ち会っている。

主力製品・事業編集

ハロゲンランプのトップメーカーとして知られている[誰?]が、実際はその他産業用特殊光源・機器が事業の中核をなしている。IC回路パターン焼付け用の露光ランプや、医療機器用ランプ、プロジェクター用高輝度ランプ、殺菌用低圧UVランプ、スキャナー・コピー機・レーザープリンター用ハロゲンランプデジタルシネマプロジェクター、電子部品用露光装置、光学式洗浄装置、紫外線硬化装置などで世界的に高いシェアを誇る[要出典]

露光光源 世界シェア75% エキシマUV光源 世界シェア85% デジタルシネマプロジェクタ 世界シェア40% シネマプロジェクタランプ 世界シェア55% 産業用ランプ世界首位[要出典]。 液晶・半導体向けは露光用ランプに加え各種装置を取り扱う。

1992年平成4年)にアメリカの映写機メーカーであるCHRISTIE INC.(現CHRISTIE DIGITAL SYSTEMS社)を傘下に収め、デジタルシネマ事業に進出した。 2015年にはアメリカコロンビア大学と手術部位などの感染を防ぐための狭帯域スペクトル紫外線技術の独占ライセンス契約を締結し、メディカル分野への進出も積極的に進めている。 兵庫県姫路市で創業され、グループ最大規模の研究開発・生産拠点を現在も置いていることから、JR姫路駅前には大型ネオンサインがある。

沿革編集

  • 1916年大正5年)11月 - 中国合同電気(現在の関西電力中国電力)の電球製造部門が独立、姫路電球株式会社を創立。
  • 1932年昭和7年) - 日本電球株式会社に改称。
  • 1951年(昭和26年) - 日本真空工業株式会社に改称。
  • 1952年(昭和27年) - 牛尾工業株式会社に改称。
  • 1962年(昭和37年) - ウシオ工業株式会社に改称。
  • 1964年(昭和39年)4月 - ウシオ工業の産業光源製造部門が独立、ウシオ電機株式会社を創立。
  • 1970年(昭和45年)5月 - 東京証券取引所第2部上場。
  • 1971年(昭和46年)8月 - 本社を東京都に移転。
  • 1974年(昭和49年)4月 - 大阪証券取引所第2部上場。
  • 1980年(昭和55年)9月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所第1部上場。
  • 2010年平成22年)1月 - 大阪証券取引所上場廃止。
  • 2014年平成26年)8月1日 - 株式会社アドテックエンジニアリング(証券コード6260)の株式交換による完全子会社化(アドテックエンジニアリングの普通株式1株に対して、当社の普通株式0.23株を割当て交付)
  • 2016年3月 - 本社を東京都千代田区丸の内に移転。

事業所編集

関連会社編集

ほか

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ 四半期報告書(第56期第2四半期)

外部リンク編集