メインメニューを開く

形態編集

ウシ科に共通の特徴として、その角は洞角であり、角質の鞘と骨質の芯をもつ。シカ科などの角のように、生えかわったり、鞘が抜け替わったりすることはない。

側方の指は常に不完全で、ふつうは副蹄しかなく、この副蹄ももたないものもある。

系統編集

真反芻下目
ウシ科
Aegodontia

ブラックバック族


ブラックバック亜族 Antilopina



オリビ亜族 Ourebina




ボック亜族 Raphicerina



チベットガゼル亜族 Procaprina




クリップスプリンガー族 Oreotragini



ダイカー亜科 Cephalophinae



リーボック亜科 Peleinae



ブルーバック亜科

ハーテビースト族 Alcelaphini



ブルーバック族 Hippotragini




ヤギ亜科 Caprinae






インパラ亜科 Aepycerotinae



ローヤルアンテロープ族 Neotragini




Boodontia
ウシ亜科

ニルガイ族 Boselaphini



ブッシュバック族 Tragelaphini



ウシ族 Bovini






ジャコウジカ科 Moschidae



シカ科 Cervidae



キリン科 Giraffidae



プロングホーン科 Antilocapridae



[2][3]

ウシ科は Boodontia(直訳: 牛歯類)と Aegedontia(直訳: エーゲ歯類)に分かれる[4]Boodontiaアジアで、Aegedontiaアフリカで進化した。

より詳細には12族に分類され[4][5][2]Boodontia にはウシ亜科の3族が属す。Aegedontia には残りの9族が属す。しかし、その亜科分類は一定せず、現在では1亜科[5][2]〜8亜科[3]に分類されるが、ここでは6亜科(ウシ科全体で7亜科)に分けることとする[1]。ただし、この分類でのブラックバック亜科(ブラックバック族 + クリップスプリンガー族 + ローヤルアンテロープ族)は、多系統である[4][5][2][3]

ウシ科の中ではまずウシ亜科が分岐し、次に (インパラ亜科 + ローヤルアンテロープ族) が分岐した[2][3]。その後の分岐は不確実である。

ウシ科の正確な姉妹群は不確実だが、ウシ科など5科からなる真反芻下目 Pecora は単系統である[2]

分類編集

ウシ科はウシ亜科とそれ以外に分岐したため、ウシ亜科以外をブラックバック亜科にまとめる分類もある[5][2]。この場合、レイヨウ亜科と訳すこともある。

ウシ亜科 Bovinae編集

ブラックバック亜科 Antilopinae編集

ガゼル亜科とも。

ローヤルアンテロープ亜科 Neotraginae を分けることもある。

ヤギ亜科 Caprinae編集

チルー亜科 Pantholopinae を分けることもある。

ブルーバック亜科 Hippotraginae編集

ハーテビースト亜科 Alcelaphinae を分けることもある[3]

インパラ亜科 Aepycerotinae編集

リーボック亜科 Peleinae編集

リードバック亜科とも。

リードバック亜科 Reduncinae を分けることもある[3]

ダイカー亜科 Cephalophinae編集

脚注編集

参考文献編集

  • 長谷川政美『新図説 動物の起源と進化 書き換えられた系統樹』八坂書房、2011年、72–74頁。ISBN 978-4-89694-971-1

関連項目編集