ウスタシュ4世 (ブローニュ伯)

ウスタシュ4世(Eustache IV, 1127年 - 1153年8月17日)は、ブローニュ伯(在位:1151年 - 1153年)。イングランドスティーブンとブローニュ女伯マティルド・ド・ブローニュの長男で、ギヨーム1世(ウィリアム)とマリーの兄。英語名でユースタス(Eustace)と呼ばれる場合もある。

ウスタシュ4世
Eustache IV
ブローニュ伯
在位 1151年 - 1153年

出生 1127年
死去 1153年8月17日
イングランド王国の旗 イングランド王国サフォーク、ベリー・セント・エドマンズ
埋葬 イングランド王国の旗 イングランド王国ケントフェヴァーシャム修道院英語版
配偶者 コンスタンス・ド・フランス
家名 ブロワ家
父親 イングランドスティーブン
母親 ブローニュ女伯マティルド
テンプレートを表示

生涯編集

スティーブン王の王位継承者とされ、イングランドが無政府時代に入った頃の1137年、父の指示でフランスルイ7世に臣従、翌1138年に王妹コンスタンスと婚約してフランスの支持を取り付けた。しかし、1151年に又従弟に当たるノルマンディーアンリ(後のイングランド王ヘンリー2世)がルイ7世に臣従してノルマンディー公位を承認してもらうと、対抗心を燃やした父の画策で共治王に戴冠される予定だったが、カンタベリー大司教シオボルド・オブ・ベック英語版に反対され、ローマ教皇やイングランドの教会の協力も得られず実現しなかった[1]

母の死の前年にブローニュ伯を継承していたが、1153年1月にアンジューも継承したアンリがイングランドへ上陸、対する父は病気と母の死で気力が衰え、ベックと叔父のウィンチェスター司教英語版ヘンリー英語版の仲裁でアンリとの和睦を模索した。ウスタシュは和睦に反対してベックの領地を荒らし回ったが、8月17日に急死。偶然にも同日、大陸に残っていたアンリの妻アリエノール・ダキテーヌが息子ギヨーム9世を産んでいた[2]

これにより更に気落ちした父は和睦に傾き、ブローニュ伯はウスタシュの弟ギヨームが継承したが、イングランド王位はアンリを継承者とする取り決めがなされた(ウォーリングフォード協定、ウィンチェスター協定とも)。遺体は父が建立に携わったケントフェヴァーシャム修道院英語版で両親と共に埋葬された[3]

フランス王ルイ6世の娘でルイ7世の妹コンスタンスと1140年に結婚したが、子供はなかった。コンスタンスは後にトゥールーズ伯レーモン5世と再婚した。

脚注編集

  1. ^ 青山、P228、ペルヌー、P94、朝治、P29 - P30、君塚、P63 - P64。
  2. ^ 石井、P219 - P221。
  3. ^ 青山、P228 - P229、ペルヌー、P119、ルゴエレル、P37 - P38、朝治、P31、君塚、P64。

参考文献編集

先代:
マティルド1世
エティエンヌ
ブローニュ伯
1151年 - 1153年
次代:
ギヨーム1世