ウズベキスタンの国旗

ウズベキスタン国旗は、1991年11月8日に制定された。

ウズベキスタンの国旗
ウズベキスタンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 1:2
制定日 1991年11月8日
使用色
テンプレートを表示

上の空色の帯は、青天と純水の象徴である。この色は、かつてティムールも自軍の旗に選んでいる。白色は、平和と純粋さの象徴である。下の緑色は、天恵の自然の具現である。各色の間には赤色の細い帯が走り、生命力を象徴している。

上部の空色の帯状には、晴天・イスラム教国であることを象徴する三日月と12個のが描かれている。三日月は、イスラムウズベク人の伝統に基づいている。12個の星が選ばれたのは、太陽歴や十二宮など伝統に由来する。[1][注釈 1]

歴史的な旗編集

ロシア支配前編集

ロシア帝国編集

ロシア革命後編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 12という数字が完全性の象徴だと考えられているからである

出典編集

  1. ^ 吹浦忠正『世界の国旗図鑑』主婦の友社、2020年、17ページ。