ウズベキスタンの映画

ウズベキスタン映画の歴史は大きく2つに分けることができる。ウズベク・ソビエト社会主義共和国 (ウズベクSSR、1924年–1991年) 時代の映画とウズベキスタン独立後 (1991年-現在)の映画である。ソビエト連邦時代の映画はロシア語もしくはウズベク語で制作されていた。ソビエト連邦時代に高い評価を受けた映画としては、あなたに魅せられて (1958年)、マハッラの集会 (1960年)、悪童 (1977年)等がある。

ウズベキスタンには多くの映画スタジオがある。1925年に設立されたウズベクフィルム (ウズベク語: Oʻzbekfilm / Ўзбекфильм)は国内最古かつ最大の映画スタジオである[1]

ウズベキスタンの映画監督編集

ウズベキスタンの映画俳優編集

一般に高い評価を受けているウズベキスタンの映画俳優の一覧。

ウズベキスタンの映画作品編集

一般に高い評価を受けているウズベキスタン映画の一覧。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ A. M. Prokhorov, ed. (1974). "Uzbekfilm". ソビエト大百科事典 (ロシア語) (3rd ed.). モスクワ: Soviet Encyclopedia. 不明な引数|month=|coauthors=が空白で指定されています。 (説明)

外部リンク編集