ウダイ・シング (メーワール王)

ウダイ・シング(Udai Singh, - 1473年)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1468年 - 1473年)。ウダイカラン(Udaikaran)、ウーダー(Uda)、ウダヤ(Udaya)とも呼ばれる。

ウダイ・シング
Udai Singh
メーワール王
在位 1468年 - 1473年
別号 マハーラーナー

出生 不詳
死去 1473年
デリー
王朝 シソーディヤー朝
父親 クンバー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

メーワール王国の君主クンバーの息子として、チットールガルで誕生した[1][2]

1468年、父クンバーをクンバルガルで暗殺したことにより、王位を継承した[3][4]。これにより、兄弟間の争いが勃発し、ウダイ・シングは間もなくチットールガルを追われ、厳しい結果を残すこととなった[5]。追放された彼はデリー・スルターン朝の君主と自身の娘を結婚させ、同盟を結ぼうとした[6]

1473年、ウダイ・シングは結婚式の直前に雷に打たれ、デリーで死亡した[7]。死後、弟のラーイ・マルが王位を継承した。[8][9]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集