ウッドチップ

木材を破砕した製造物

ウッドチップ(ウッドチップス、: Woodchips)は、木材を破砕した製造物。

ウッドチップ

概要編集

 
バークチップス

製造法には切削、クラッシャー、パンチングなどの製法がある。細かいチップだけでなく、用途によっては、細長い木くずなどを入れることもある。材料になるのは、ヒバヒノキ広葉樹などであり、ガーデニング資材、ドッグラン、製紙材料、バイオマス燃料、燻蒸などに用いられる。木材加工の際の端材や剪定くずのリサイクル利用のほか、小径木や間伐材をバージン材として利用する場合もある[1]。なお、C/N比が高く植物の窒素飢餓を招くため、マルチング材として利用することで雑草の発育抑制には効果があるが、肥料土壌改良材には向かない(詳細は堆肥化を参照のこと)。樹皮(バーク)からガーデニング資材、マルチング材として製造される物は、バークチップス(Bark chips)または、バークマルチとも呼ばれる。

ウッドショックの影響編集

2020年に木材不足、価格高騰を引き起こしたウッドショックにより、輸入広葉樹チップの消費量は2020年4月時点で140万m³だったが6月には約85万m³にまで激減し[2]広葉樹丸太のチップ向けの価格は200円/m³増加した[3]。しかし2022年1月の輸入広葉樹チップの消費量は約120万m³であり、2021年との比は+20%であったので現在は回復傾向にあるといえる[2]

一方で、2022年には価格上昇の影響から、計画中のバイオマス発電所の建設中止、撤退が相次ぐこととなった[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ウッドチップの知識島田小割製材所ホームページ]
  2. ^ a b ⽊材需給動向について(全国)、林野庁、2022年5月”. 2022年7月11日閲覧。
  3. ^ 令和3年木材需給報告書、農林水産省”. 2022年6月26日閲覧。
  4. ^ 大型バイオマス発電、相次ぐ計画中止 輸入頼み燃料、価格2割増”. 毎日新聞 (2022年8月22日). 2022年8月22日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集