メインメニューを開く

ウッドワン美術館(WOOD ONE MUSEUM OF ART)は広島県廿日市市吉和にある広島県の登録博物館公益財団法人ウッドワン美術館が運営している。同地を発祥とする住宅建材メーカーのウッドワンが所蔵する美術品の寄託を受け作品展示をしている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ウッドワン美術館
WOOD ONE MUSEUM OF ART
Wood one museum of art.jpg
施設情報
収蔵作品数 約1000点[1]
管理運営 公益財団法人ウッドワン美術館
開館 1996年9月[1]
所在地 738-0301
広島県廿日市市吉和4278
外部リンク ウッドワン美術館
プロジェクト:GLAM

目次

コレクション編集

コレクションは、近代日本絵画、マイセン磁器アール・ヌーヴォーのガラス作品、清代陶磁器、幕末明治期の薩摩焼の5つの分野を中心とする。

近代日本絵画605点(日本画310点・洋画295点)、マイセン磁器約150点、ガラス作品100点、清代陶磁器約80点、薩摩焼約70点[1]、その他を所蔵する。その他、ルノワールゴッホを所蔵する。近年、オークションで名画を高額落札し話題を呼んだ。

沿革編集

株式会社住建産業(現株式会社ウッドワン)が財団を設立し、1996年9月に開館した。吉和はウッドワンの元社長で初代館長でもあった中本利夫の出身地でもある。

主な収蔵作品編集

 
ゴッホ 農婦
オランダニューネン在住時に描かれた作品で習作の一つとされる。1950年代に2度の修復が行われ頭部のゴツゴツした筆致が損なわれた部分がある。当作品は、1979年ロンドンでのオークション以来行方不明となっていた。しかし、2003年2月日本で開催されたオークションに洋画家中川一政のコレクションが出品され、その内の1点だった当作品がゴッホ美術館の鑑定により真筆と鑑定された。オークションにかかる前までゴッホ作とは判明していなかったため、落札予想価格が1万円としていたものが、6600万円で落札され話題となった。ただ、中川はゴッホの真筆と信じて愛蔵していたという[2]
  • ルノワール 「花かごを持つ女」と「婦人習作」(一対の作品)(1895年)
  • 周文 紙本墨画淡彩四季山水図(六曲屏風一双)(重要文化財、毛利家伝来)
   
伝周文 四季山水図(重要文化財)


出典編集

  1. ^ a b c 『ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画の巨匠たち』p.5
  2. ^ 『ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画の巨匠たち』pp.80-81。
[ヘルプ]

参考文献編集

  • ウッドワン美術館編集 『ウッドワン美術館所蔵 近代日本絵画の巨匠たち』 青幻舎、2011年2月10日、ISBN 978-4-86152-295-6
  • ウッドワン美術館編集発行 『ウッドワン美術館 名品選集』 2017年9月

外部リンク編集