メインメニューを開く

ウビガン: Houbigant)は、フランス香水メーカーの一つ。 香水商のジャン・フランソワ・ウビガン(Jean-François Houbigant)が、1775年パリのフォーブール=サントノレ通り19番地(現在のパリ8区)に「花々の籠」というロマンチックな看板を掲げてオープンした。

ポンパドゥール夫人デュ・バリー夫人マリー・アントワネットらが愛用した[1]。 1793年、マリー・アントワネットはギロチンにかけられるその時まで、ウビガンの3本の小瓶を胴衣に忍ばせていた[2]

"フィリップ・エガリテ"妃ルイーズ・マリー・ド・パンティエーヴル (マドモワゼル・ド・パンティエーヴル)、レカミエ夫人、ナポレオン后妃ジョゼフィーヌらも愛用し、ナポレオンは戦役中も手放さず、百日天下の時も初めに取り掛かったのは戦争の準備と、合間を縫ってウビガンの店に買い物に行くことだった[2]

時代を下り、七月王政期のルイーズ・マリー・アデライード・ドルレアンナポレオン3世后妃ウジェニー、英女王ヴィクトリア女王、英王エドワード7世・王妃アレクサンドラ、ロシア皇帝アレクサンドル3世・后妃マリア (上記英王妃アレクサンドラの妹)、最期のロシア皇帝ニコライ2世后妃アレクサンドラダイアナ妃ら・・・多数の王侯貴族らも愛用した[2][3]

日本では、フランス留学経験のある西園寺公望が、晩年まで愛用した。

メンズ物に多い、木の葉を思わせる軽く爽やかな香りのフゼア系(フゼアノート)香水の原点となる「フジェール・ロワイヤル(Fougère Royale)」は、ウビガン社が1882年に人工合成香料のクマリンを調合して発売した。

1880年、会社機能と事業所をヌイイ=シュル=セーヌに移転した[4]

1989年から90年代初頭にかけて、ジバンシーケンゾーから販売された。現在はダナ・パフューム社がライセンスを持っている。

脚注編集