ウフナーギーン・フレルスフ

オフナー・フレルスフモンゴル語: Ухнаагийн Хүрэлсүх ウフナーギーン・フレルスフ1968年6月14日 - )は、モンゴル国の政治家。現在は人民党党首、ハルトマーギーン・バトトルガ政権にて第30代モンゴル国首相を務めた。

オフナー・フレルスフ
Ухнаагийн Хүрэлсүх
Ukhnaagiin Khürelsükh.png
生年月日 (1968-06-14) 1968年6月14日(52歳)
出生地 モンゴル人民共和国の旗 モンゴル人民共和国 ウランバートル
出身校 国防大学校
所属政党 人民党
配偶者 ボラーツェツェグ・フレルスフ
子女 2人

在任期間 2017年10月4日 - 2021年1月27日
大統領 ハルトマーギーン・バトトルガ
テンプレートを表示

経歴編集

  • 1968年6月14日 モンゴル人民共和国のウランバートルに誕生する。
  • 1989年 国防大学校卒業[1]
  • 1989年~90年 国軍第152部隊(スフバートル県)政治指導員[1]
  • 1991年~94年 人民革命党(当時)中央委員会職員[1]
  • 1994年 国家行政管理アカデミー修了[1]
  • 1994年~96年 国家大会議人民革命党(当時)会派顧問[1]
  • 1996年~97年 人民革命党(当時)付属青年開発センター総裁[1]
  • 1997年~99年 民主社会主義青年同盟総裁[1]
  • 1999年~00年 国家大会議人民革命党(当時)会派社会政策担当顧問[1]
  • 2000年 モンゴル国立大学修了 政治学修士[1]
  • 2000年~04年 第三期国家大会議議員[1]
  • 2004年~08年 第四期国家大会議議員[1]
  • 2004年~06年 非常事態担当大臣(第二次エルベグドルジ内閣)[1]
  • 2006年~07年 行政監察担当大臣(エンフボルド内閣)[1]
  • 2008年~12年 人民党(任命当時人民革命党)幹事長[1]
  • 2012年7月~12月 第6期国家大会議員[1]
  • 2014年~15年 副首相(サイハンビレグ内閣)[1]
  • 2016年~17年10月 副首相(エルデネバト内閣)[1]
  • 2017年10月~ 首相[1]
  • 2017年11月~ 人民党党首[1]
  • 2020年6月~ 第8期国家大会議議員[1]
  • 2020年7月~ ハルトマーギーン・バトトルガ政権にて第30代モンゴル国首相に就任[1]
  • 2021年1月 首相を辞職

新型コロナウイルスでの対応編集

2021年1月19日に新型コロナウイルス感染症PCR検査を受けて陽性となった女性が救急車で隔離施設に移動する歳、出生直後と思われる子供を連れ、零下20度を下回る中を寝間着とスリッパ姿で移動させられている動画が拡散され、非人道的な対応であるとして1月20日に当局に対する抗議活動が勃発。同日中に副首相と厚生大臣が辞任に追い込まれ、翌21日にはフレルスフも引責辞任を表明し、同日中に議会が内閣総辞職を承認した[2]。後任には政権下で官房長官を務めたロブサンナムスライ・オユーンエルデネが就任した[3]

ただしフレルスフ自身の人気は高く、同年6月9日に控える大統領選挙では現職のバトトルガの有力な対抗馬と目されている[4]

出典編集

外部リンク編集