ウボ=サスラ

クトゥルフ神話に登場する架空の神性

ウボ=サスラ(ウボ=サトゥラ、Ubbo-Sathla)は、『ウィアード・テイルズ』誌1933年7月号に掲載されたクラーク・アシュトン・スミスの小説、および作中に登場する架空の生物・神性である。

C・A・スミスのクトゥルフ神話作品『ウボ=サスラ』編集

スミスによるクトゥルフ神話作品。後述のウボ=サスラを題材としたコズミック・ホラー、幻想怪奇小説である。

スミス神話は、現実離れした架空世界を舞台とするものがほとんどなのだが、本作品には現実の1933年(執筆時の現代)からの視点があり、さらに異界の人物の視点と重なることで、幻想的な描写となっている。特にスミス神話の地球史=ハイパーボリアよりも古い時代の光景が見られるのは稀有。疑似的なタイムトラベルを描写する。

さらに「ネクロノミコン」への言及、特に「エイボンの書」との対照があり、スミスの側からラヴクラフト世界観へのアクセスが図られている。本作品は文献「エイボンの書」が初登場した作品であり、過去作『魔道士エイボン』(別タイトル:土星への扉)に登場した魔道士エイボンの知識は本文献となり以後のクトゥルフ神話作品に大きな影響を与える。

あらすじ編集

冒頭にて、『エイボンの書』からの引用という形式で、ウボ=サスラについて言及される。また作中でも、トリガーディスが所持する中世フランス語版の内容について触れられる。

1933年、ロンドンの骨董店にて、オカルト研究家のポール・トリガーディスは、奇妙な水晶に霊感を覚え、購入する。さらにトリガーディスは、その水晶こそ「エイボンの書」に記された<ゾン・メザマレックの水晶>だということを確信する。

水晶を見つめたトリガーディスの意識は、古代の魔術師ゾン=メザマレックにリンクする。ゾン=メザマレックは、ウボ=サスラが所持するという神神の智慧が刻まれた銘板を、水晶を通して盗み見たいと考えていた。トリガーディス=メザマレックは、はるか前世をどこまでも遡り、ハイパーボリアよりも古い時代の地球史を逆にたどる。

そしてついに彼は、原初の地球へとたどり着く。創成の混沌のさなか、無定形の塊であるウボ=サスラが、あらゆる生命の原型である単細胞生物を産み出していた。ポール・トリガーディスであり、ゾン=メザマレックであった人物は、悲願たる銘板を目前とするも、時間の旅の果てにウボ=サスラの子である無定形の原初の生物に同化し、知性も自我も失い、悲願を忘れ果てる。

ゾン=メザマレックの消失は、『エイボンの書』に記録される。ポール・トリガーディスの失踪は、ロンドンの幾つかの新聞に掲載された。水晶の行方は誰も知らない。

主な登場人物・用語編集

ポール・トリガーディス
人類学と隠秘学の素人研究家。不思議な水晶を入手し、己の遠い前世がゾン=メザマレックであることを悟る。
骨董店の店主
ロンドンに店を構える、小柄なユダヤ人。トリガーディスに水晶の由来を語る。
ゾン=メザマレック
ハイパーボリア大陸、ムー・トゥーラン半島の賢者。水晶を介して、ウボ=サスラの持つ銘板を見ようとする。
ウボ=サスラ
太古の生命体。神神の智慧が刻まれた銘板を抱えている。詳細は後述。
エイボンの書
ハイパーボリアのムー・トゥーランで執筆された文献。翻訳を重ねているため多くの版が存在する。ネクロノミコンと照らし合わせると、補い合う記述が多い。トリガーディスが所持する中世フランス語版には、ゾン・メザマレックの水晶についての記述があった。
「ゾン=メザマレックの水晶」
小さなオレンジ程度のサイズで、眼球を連想させる、乳白色の水晶。覗き込んだ者は、意識が朦朧とし、己の前世を代々と遡って幻視する。

関連作品編集

アボルミスのスフィンクス
ローレンス・J・コーンフォードのクトゥルフ神話作品。実書籍『エイボンの書』に収録され、「エイボンの書」の一部という体裁の作品。もともとはスミスが題名だけ考えていたもので、後続作者達が作品化した。
ゾン・メザマレックが登場し、水晶に「ウボ=サスラの目」という名称がつけられている。
陳列室の恐怖深淵への降下
リン・カーターのクトゥルフ神話作品。様々な神々に新設定が付与され、ウボ=サスラにも付加設定がつく。

収録編集

キャラクターとしての『ウボ=サスラ』編集

ウボ=サスラUbbo-Sathla ウボ=サスラ または ウボ=サトゥラ)は、クトゥルフ神話作品に登場する架空の神格。旧支配者外なる神、または異なる存在。

初出はクラーク・アシュトン・スミスの『ウボ=サスラ』。

概要編集

地球最古の旧支配者。地球上の全ての生物の源と言われる。ウボ=サスラの異名である「自存する源」とは、他から産まれた生命体ではないという意味である。地球にいる旧支配者は二種類に大別されて、地球外から飛来した者たちと、地球でウボ=サスラから生まれた者たちがいる。ウボ=サスラは旧神に刃向かったものたちの親と言われている。

無定形の姿をしており、分裂によって新たな生物を産み続けている。「エイボンの書」に「頭手足なき塊」と記され、「地球上の全生命が、大いなる時の輪廻の果てに、ウボ=サスラのもとに帰する」と予言されている。ウボ=サスラの周囲の泥沼には、銘板が何枚もある。この銘板には古代の神々の知識が刻まれている。

ウボ=サスラは地球上の全ての生物の源で、クトゥルフツァトゥグァが他の星より到来する以前から地球に存在し、生命が死に絶えた後も地球に留まるとされている。

リン・カーターによれば、ウボ=サスラはアザトースと同格の存在。共に旧神たちに創造され、共に叛乱を起こしたとされる。

神としての位置づけ編集

東雅夫は『クトゥルー神話事典』にて「ウボ=サスラは、詩人スミスの粘着質の夢想が生みだした特異な神性であり、神話大系への位置づけは意外に厄介である」と解説している[1]

  • 第一に、もともとスミスがオリジナル神話の存在として創造したため、ウボ=サスラは「ラヴクラフトの旧支配者」とは別物であった。
  • 第二に、フランシス・レイニーは辞典によるクトゥルフ神話の体系化を試みたが、「旧支配者=旧神に追放されて地球にやって来たものども」としたために、その前から地球にいたウボ=サスラとアブホースは、旧支配者ではない存在ということになった。[2]
  • 第三に、ダーレスはウボ=サスラを旧支配者たちの親とした。しかし旧支配者には外宇宙から地球に到来したものどもがいるために、旧支配者には2タイプ(外宇宙から来たもの/地球生まれのもの)がいることになった。
  • 第四に、リン・カーターが『陳列室の恐怖』で、ウボ=サスラをアザトースの双子とし、さらにウボ=サスラが地球で産み出した旧支配者たちを具体的に挙げる。アブホースアトラク=ナクアなどが、ウボ=サスラの落とし子である。また、ウボ=サスラに知性がない理由を、旧神に罰を受けたためとしたが、『深淵への降下』という作品中では最初から知性がなかったともする2つの矛盾した説明さえされており、曖昧である。
  • ケイオシアム社のTRPG関連の資料では、ウボ=サスラは外なる神にカテゴリされている。

登場作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 学習研究社『クトゥルー神話事典第四版』341ページ
  2. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー13』クトゥルー神話用語集、334ページ。