メインメニューを開く

ウマタック (英語: Umatacチャモロ語: Humåtak)はグアム南西部の村である。

ウマタック
英語: Umatac
チャモロ語: Humåtak
Guam map Umatac.png
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
準州 グアムの旗 グアム
人口
(2010)[1]
 • 合計 782人
等時帯 UTC+10 (ChST)

歴史編集

 
フェルディナンド・マゼランの上陸地点
人口
1960744
19708139.3%
1980732−10.0%
199089722.5%
2000887−1.1%
2010782−11.8%
Source:[1]

ヨーロッパ人の到達以前は、チャモロ人は村北部のFouha岩で年に一度祭祀を行っていた。

1521年にフェルディナンド・マゼランがグアムに到達した。スペイン人はウマタック湾からグアムに上陸していた。1565年にはミゲル・ロペス・デ・レガスピが到達し、スペイン領とした。 17世紀に植民地化が始まると、スペイン人はチャモロ人をキリスト教に改宗させるため、ウマタック小教区がつくられた。 現在でも、スペイン統治時代の砦が村内に残っている。 1898年、米西戦争によりグアムはアメリカ領となった。その後、次第に村の規模が大きくなった。 今日では、毎年、ディスカバリーデー(グアム発見記念日)に村で祭りがおこなわれている。

脚注編集

  1. ^ a b 2010 Guam Statistical Yearbook (PDF, 4.3 MB) , (rev. 2011)